【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 海損法

海損法

日本立法資料全集別巻1289

海損法

明治41年刊・海損法の概説書。著者秋野沆は海軍省中主計等を務めた。秋野の著書は他に『海上保險法』(別巻1192)等がある。

著者 秋野 沆
ジャンル 法律  > 商法/会社法
法律  > 海法/空法
シリーズ 法律・政治  > 日本立法資料全集【別巻】
出版年月日 2021/02/26
ISBN 9784797274134
判型・ページ数 A5変304ページ
定価 本体32,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

海損法分野では、翻訳書としてすでに、甲野莊平譯述『共同海損法』(1899〔明治32〕年/小社本シリーズ1191)があったが、これを除くと、おそらく本邦初の概説書。1908(同41)年刊。著者秋野沆は海軍省中主計等を務め1921年没。秋野の著書として他に、『海上保險法』(小社本シリーズ1192)等がある。

このページのトップへ