【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 憲法研究 第7号

憲法研究 第7号

憲法研究 第7号

憲法学研究総合誌第7号。特集「司法権と憲法訴訟の課題」(第1部 担い手、第2部 展望)/インタビュー:藤田宙靖元裁判官に聞く

著者 辻村 みよ子 責任編集・著
山元 一 著・聞き手
藤田 宙靖 インタビュー
中林 暁生 聞き手
見平 典
松田 浩
宍戸 常寿
木下 智史
井上 武史
大河内 美紀
工藤 達朗
手塚 崇聡
堀口 悟郎
ニコル・マエストラッチ インタビュー
柴田 憲司
ジャンル 法律  > 憲法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2020/12/02
ISBN 9784797265279
判型・ページ数 菊判変・224ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 『憲法研究 第7号』

  辻村 みよ子 責任編集

【目 次】

◇特集 司法権と憲法訴訟の課題◇

企画趣旨:司法権と憲法訴訟の課題・再考〔辻村みよ子/山元 一〕
 Ⅰ 7号特集について
 Ⅱ 本特集所収の諸論稿について

◆1 司法制度改革20年と司法・憲法訴訟―『憲法研究』7号の企画によせて〔山元 一〕
 Ⅰ 現在の日本における「社会的自治の危機」
 Ⅱ 司法制度改革の理念とその批判
 Ⅲ 憲法学から見た司法制度改革20年

◆インタビュー 学者と裁判官としての藤田宙靖〔藤田宙靖/(聞き手)中林暁生〕


◆〈第1部〉司法権の担い手と課題◆

◆2 最高裁判所裁判官の選任のあり方―アメリカにおける公聴会制度の運用をめぐる議論と実態〔見平 典〕
 はじめに
 Ⅰ アメリカ連邦最高裁判所裁判官選任手続の概略
 Ⅱ 裁判官の選任基準
 Ⅲ 公聴会における質疑応答の範囲
 おわりに

◆3 裁判官統制の憲法問題〔松田 浩〕
 Ⅰ 課題と視角
 Ⅱ 裁判官倫理
 Ⅲ 裁判官懲戒判例の分析
 Ⅳ プロフェッションとしての裁判官?

◆4 裁判を受ける権利の現在と未来〔宍戸常寿〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 裁判所で裁判を受ける権利
 Ⅲ 訴訟事件の裁判を受ける権利
 Ⅳ 非訟事件の裁判を受ける権利
 Ⅴ 裁判を受ける権利の前提
 Ⅵ むすびに代えて―裁判を受ける権利の未来


◆〈第2部〉憲法訴訟の課題と展望◆

◆5 日本の憲法訴訟の歴史と展望〔木下智史〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 日本の憲法訴訟の歴史
 Ⅲ 日本の違憲審査制の課題

◆6 憲法裁判所創設論のこれから―問題思考に向けて〔井上武史〕
 Ⅰ 伊藤正己の問題提起から四半世紀,でも現状は……
 Ⅱ 学説と学派
 Ⅲ 「違憲審査の活性化」論
 Ⅳ 問題思考へ
 Ⅴ おわりに

◆7 比較の中の日本の違憲審査―アメリカから見た日本〔大河内美紀〕
 Ⅰ 「似て非なる」違憲審査?
 Ⅱ 比較から見えるもの

◆8 比較の中の日本の憲法訴訟―ドイツから見た日本 ブランダイス・ルールは最高裁に妥当するか?〔工藤達朗〕
 Ⅰ 客観的憲法の保障と主観的権利の保障
 Ⅱ 憲法保障機能の効果
 Ⅲ 憲法裁判所としての最高裁?
 Ⅳ ブランダイス・ルールと最高裁

◆9 憲法訴訟と法律に基づく国際人権訴訟〔手塚崇聡〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ アメリカにおける国際人権訴訟
 Ⅲ 「間接的実現」としての国際人権訴訟

◆10 間接的制約論の現状と課題〔堀口悟郎〕
 序
 Ⅰ 猿払事件判決
 Ⅱ 他の判例
 Ⅲ 間接的制約論の課題
 結

◆11 〈インタビュー〉ニコル・マエストラッチ(フランス憲法院裁判官)に聞く〔(聞き手)山元 一(山元 一・橋爪 英輔訳)〕


〈書 評〉
◆土井真一編著『憲法適合的解釈の比較研究』(有斐閣,2018年)〔柴田憲司〕


■ 憲法年表(2020年4月1日~2020年9月30日)
■ 国際学会等のご案内

このページのトップへ

内容説明

第7号特集:【司法権と憲法訴訟の課題】―第一線の執筆陣が集って益々充実
 
特集は「司法権と憲法訴訟の課題」。企画趣旨、山元論文に続き、藤田宙靖元裁判官に聞くインタビュー(聞き手:中林暁生)、〈第1部〉司法権の担い手と課題に3論文(見平、松田、宍戸)、〈第2部〉憲法訴訟の課題と展望に6論文(木下、井上、大河内、工藤、手塚、堀口)とフランス憲法院裁判官へのインタビュー(聞き手:山元一)、加えて書評(柴田)を掲載。憲法年表など資料も充実。
 

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ