【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 国際機構間関係論 ― 欧州人権保障の制度力学

国際機構間関係論 ― 欧州人権保障の制度力学

学術選書206

国際機構間関係論 ― 欧州人権保障の制度力学

「国際機構間関係(IOR)」の視座から、国際機構間の動態的相互作用を分析。主権国家を超えた制度力学と理論的含意を考究する。

著者 大道寺 隆也
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
シリーズ 法律・政治  > 学術選書
出版年月日 2020/09/30
ISBN 9784797282368
判型・ページ数 A5変236ページ
定価 本体5,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『国際機構間関係論―欧州人権保障の制度力学』(学術選書)

  大道寺隆也(早稲田大学政治経済学術院講師) 著


【目 次】

・はしがき

◆序論 《国家中心的国際機構観》とその超克

 第1節 概 論
 第2節 《国家中心的国際機構観》とその変容
  第1項 主人・代理人理論および国際機構法学
  第2項 《国家中心的国際機構観》の経験的問題
   a. 内発的変化の閑却/b. 外部要因の閑却/c. 非国家主体の過小評価
  第3項 《国家中心的国際機構観》の規範的問題
   a. 「国際機構の病理」――バーネットとフィネモアの問題提起/b. 「国際機構法学の変容」――クラベルスの問題提起
  第4項 小 括
 第3節 国際機構間関係論の意義
  第1項 経験的意義――欧州の人権保障体制の《重層性》の認識
  第2項 実践的意義――国際機構の権力性とその統御
 第4節 結 論
  第1項 本書の問いと構成
  第2項 補遺――本書における「国際機構」概念

◆第1章 国際機構間関係をめぐる諸理論と「異議申立」

 第1節 IORの先行研究
  第1項 レジーム複合論
  第2項 国際機構間関係アプローチ
   a. 他機構への参加研究/b. 「競合/協力」研究
 第2節 国際機構間異議申立とその理論的基礎
  第1項 「解釈共同体」論とその陥穽
  第2項 国際機構間異議申立
   a. 国際機構間異議申立とは何か/b. 国際機構間異議申立の理論的基礎
 第3節 方法論の検討

◆第2章 犯罪人引渡をめぐるEU-CoE関係――「相互信頼」概念の形成と変容

 第1節 問題の所在――《人権のEU》の問題化
 第2節 「欧州統合史」の相対化とIOR
  第1項 欧州犯罪人引渡条約(ECE)
  第2項 欧州犯罪人引渡条約における基本権保障
  第3項 欧州逮捕令状枠組決定の採択
 第3節 欧州逮捕令状と《机上の相互信頼》
  第1項 EAW枠組決定の概要
  第2項 EAWの実効性と相互信頼
   a. 欧州委員会にとっての相互信頼/b. 欧州司法裁判所にとっての相互信頼/c. 加盟国裁判所にとっての相互信頼
  第3項 小 括
 第4節 基本権保障を理由とした引渡拒否
  第1項 ドイツ連邦憲法裁R事件判決
  第2項 CJEUアランヨシ・カルダラル事件
  第3項 近時の動向
 第5節 結 論

◆第3章 欧州共通庇護体制をめぐるEU-CoE-UNHCR関係――ダブリン体制への異議申立とその影響

 第1節 問題の所在
 第2節 CEAS以前の国際制度
 第3節 CEASをめぐるEU-CoE-UNHCR関係
  第1項 ダブリン体制の概要
  第2項 第2次ダブリン規則採択に至る過程
   a. 庇護申請者送還の正当性をめぐる欧州委員会とUNHCRの対話/b. 第2次ダブリン規則の起草および交渉過程
  第3項 異議申立の法的重み――第3次ダブリン規則採択まで
   a. 第2次ダブリン体制への《批判》/b. ECtHRの《間接審査》とEUへの入力/c. 第3次ダブリン規則の立法過程
 第4節 結 論

◆第4章 国際テロリズム対策をめぐるEU-CoE-UN関係――標的制裁体制への適正手続導入過程の分析

 第1節 標的制裁とは
 第2節 問題の所在
  第1項 《脱委任的現象》としての標的制裁
   a. 国連安保理の権力性――義務と意思決定のヒエラルキー/b. EUの「統一的な制裁実施体制」とその含意
  第2項 標的制裁に関する研究動向における本章の位置づけ
 第3節 地域機構による異議申立
  第1項 EUによる異議申立
   a. 第1次カーディ事件判決に至るEU司法の《間接審査》/b. 欧州議会の《批判》とその意義
  第2項 CoEによる異議申立
   a. PACEのEUと国連に対する《批判》/b. ECtHRの《間接審査》
 第4節 国連安保理の対応
  第1項 フォーカル・ポイント導入に至る議論
  第2項 オンブズパーソン導入に至る議論
   a. 2008年5月MT報告書~決議1822(2008)/b. 2009年5月および10月MT報告書~決議1904(2009)
 第5節 オンブズパーソン事務局設置後の展開
  第1項 第2次カーディ事件
  第2項 オンブズパーソン事務局の権限拡大
 第6節 結 論

◆結論 国際機構と《多元的立憲化》

 第1節 要 約
  第1項 小問題群(sub-questions)への回答
  第2項 大問題(main question)への回答
  第3項 議論の限界と今後の課題
   a. 欧州の特殊性の問題/b. 規範の特殊性の問題
 第2節 含意と展望
  第1項 《多元的立憲化》
  第2項 《国家中心的国際機構観》への含意
  第3項 試論――《グローバルな異議申立デモクラシー》素描
 第3節 おわりに


・参考文献
・あとがき
・事項・人名索引
・判例索引

このページのトップへ

内容説明

国際制度の形成および実施の諸過程において、国際機構の相互作用がいかなる役割を果たしているか ―「国際機構間関係」の豊かな動態
 
国際制度の形成および実施の諸過程において、国際機構の相互作用がいかなる役割を果たしているか ― 「国際機構間関係(inter-organizational relations, IOR)」の視座から、国際機構間の動態的相互作用を分析。主権国家を超えた制度力学と理論的含意を考究する。EUと他機構の相互作用に着目、「国・際(inter-national)」関係や「国・際」法の見方を問い直し、「国際機構間関係」の豊かな動態を描き出す。
 

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ