【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > OUR VOICES FOR PEACE FROM HIROSHIMA

OUR VOICES FOR PEACE FROM HIROSHIMA

(英訳版)星野美賀子著『平和の声 広島の周辺より』

OUR VOICES FOR PEACE FROM HIROSHIMA

1945年8月6日原爆投下。 戦争の惨禍と廃墟からの復活を後世に語り継ぐべく、世界に向けて発信する『平和の声』英語版。

著者 星野 美賀子
ジャンル 人文・社会  > 小説/エッセイ/詩
出版年月日 2020/09/15
ISBN 9784797211184
判型・ページ数 B5244ページ
定価 本体8,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

OUR VOICES FOR PEACE FROM HIROSHIMA

(英訳版)星野美賀子著『平和の声 広島の周辺より』(2001年)

The English Version of Mikako Hoshino : Heiwa no Koe----Hiroshima no Shuhen yori
Translated by Mikako Hoshino


◆PART I GIRLS AND THE ATOMIC BOMB

1 1999 August
  ――After half a Century――

2 1931~1945 Early Summer
  ――From Manchurian War to WW Ⅱ――

3 August 6, 1945
  ――THE ATOMIC BOMBING――

4 1945 The Days Afterwards
  ―― Chaos and Death――

5 1945 From Autumn to Winter
  ――Continuing Suffering and the Flowers of Cosmos――

6 1946 Autumn
  ――Returning to the City――

INTERMEZZO: STARTING FROM THE RUINS

◆PART II SEARCH FOR PEACE―IN PURSUT OF FREEDOM FROM WAR AUGUST 2000

INTRODUCTION

1 World Movements Encompassing Nuclear Weapons During the Second
  Half of the 20th Century and Personal Experiences and Impressions

2 Control from One' s Own Country: the Constitutions

3 Mental Change of Direction: Conscience Reform
  ――Wars and Revengeful Minds in Literature and Thoughts――

CONCLUSION

Afterword and Tracing My Memories
One Word.....Eiichi Hoshino

このページのトップへ

内容説明

1945年8月6日午前8時15分原爆投下。 広島市内から約10㎞離れた緑井の被服廠。学徒動員の女子学生、美賀子が体験した、戦争の惨禍と廃墟からの復活を後世に語り継ぐべく、今、世界に向けて発信する『平和の声』英語版。

    - - -

星野英一は、「One Word」の中で、当時の教皇が、2011年のレント、四旬節(復活祭までの40日間、節制に生きる期間)を記念して、「The only path to peace is forgiveness.」という、思想的深みのある言葉をのこしたと記していますが、私は、これを、不戦に導く源となる、一つの思想ではないかと思います。(「日本語の読者に はじめに」より)
 

このページのトップへ