【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 行政法研究 第35号

行政法研究 第35号

行政法研究 第35号

行政法学の未来を拓く行政法専門誌第35号。〈執筆者〉宇賀克也(巻頭言)・濱西隆男・春日 修・木村琢麿・髙野祥一・土井 翼

著者 行政法研究会
宇賀 克也
濱西 隆男
春日 修
木村 琢麿
髙野 祥一
土井 翼
ジャンル 法律  > 行政法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2020/08/31
ISBN 9784797268850
判型・ページ数 菊判変・252ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『行政法研究 第35号』

  行政法研究会 編集


【目 次】

【巻頭言】個人情報保護法の改正〔宇賀克也〕

― * ―

◆ 1 行政法の実効性確保法制の整備に向けて〔濱西隆男〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 共通的な検討課題
 Ⅲ 行政的執行に係る法制
 Ⅳ 行政的執行の周縁の法制
 Ⅴ 法制改革プロセス
 Ⅵ おわりに

◆ 2 義務付け判決・差止判決の強制執行の可否〔春日 修〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 義務付け判決・差止判決は民執法22条1号の「確定判決」にあたるか?
 Ⅲ 義務付け判決・差止判決は給付判決にあたるか?
 Ⅳ 義務付け判決・差止判決は例外的に強制執行できない判決にあたるか?
 Ⅴ おわりに

◆ 3 フランス公物法における所有権的構成あるいは財政的公物観の意義―公物管理権をめぐる覚書をかねて〔木村琢麿〕

 Ⅰ 議論状況の概観
 Ⅱ 公物の所有権的構成の意義
 Ⅲ 公物の反所有権的構成の意義
 Ⅳ 公物法理と私的所有権に対する規律
 Ⅴ オーリウの公物理論
 Ⅵ ジェズとデュギの公物理論
 Ⅶ 日本法との比較を交えた若干の考察

◆ 4 個人情報保護制度における個人情報・保有個人情報等の定義について―2020年個人情報保護法改正を契機とした地方自治体を含む行政部門の考え方の整理〔髙野祥一〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 個人情報保護法の立法経緯
 Ⅲ なぜ「条例2000個問題」がクローズアップされてきたのか
 Ⅳ 「個人情報」と「保有個人情報」の考え方
 Ⅴ 今後の制度の方向性について


◇行政法ポイント判例解説

 名張市議会厳重注意・公表事件〔土井 翼〕
 最高裁判所平成31年2月14日(平成30年(受)第69号)損害賠償請求事件
 民集73巻2号123頁


------------------------------------------------------------------------

Gyoseiho -kenkyu
[Review of administrative law -Revue de droit administratif -Zeitschrift für Verwaltungsrecht]

No.35 August 2020
 
 
【Foreword】 Amendment of Act on the Protection of Personal Information

Katsuya UGA


1 Establishment of New Legislation for Ensuring Effectiveness of Administrative Laws
 
Takao Hamanishi


2 Whether Execution of Mandatory or Prohibitory Injunction Orders in Japan is Enforseable
 
Osamu KASUGA


3 Financial Conception of Public Domain Law in France
 
Takumaro KIMURA


4 Definition of Personal Information, Retained Personal Information, etc. in the Personal Information Protection System – Examining the Way of Thinking of Administrative Departments Including Local Governments Triggered by the Revision of the Personal Information Protection Law of 2020
 
Shoichi TAKANO


◆Case note Nabari City Case, Supreme Court Judgment of Feb. 14, 2019
 
Tsubasa DOI

このページのトップへ

内容説明

益々充実の研究雑誌 ― 本号も第一線の執筆陣が集い、行政法学の未来を拓く
 
〈巻頭言〉は「個人情報保護法の改正」(宇賀)。論説は、「行政法の実効性確保法制の整備に向けて」(濱西)、「義務付け判決・差止判決の強制執行の可否」(春日)、「フランス公物法における所有権的構成あるいは財政的公物観の意義」(木村)、「個人情報保護制度における個人情報・保有個人情報等の定義について」(髙野)の4論文、〈判例解説〉は土井(名張市議会厳重注意事件)。
 

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ