【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 行政法研究 第33号

行政法研究 第33号

行政法研究 第33号

行政法学の未来を拓く行政法専門誌第33号。〈執筆者〉宇賀克也(巻頭言)・碓井光明・木村俊介・服部麻理子・神橋一彦

著者 行政法研究会
宇賀 克也
碓井 光明
木村 俊介
服部 麻理子
神橋 一彦
ジャンル 法律  > 行政法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2020/05/12
ISBN 9784797268836
判型・ページ数 菊判変・120ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『行政法研究 第33号』

  行政法研究会 編集

【目 次】

【巻頭言】公益通報者保護法の改正〔宇賀克也〕

― * ―

◆1 自治体の環境施策の執行に関する監査―地球温暖化対策を中心として〔碓井光明〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 環境マネジメントシステムにおける監査
 Ⅲ 環境施策の執行に関する包括外部監査
 Ⅳ 監査委員による環境施策の監査
 Ⅴ 自治体における環境施策に関する監査のあり方
 Ⅵ おわりに


◆2 自然災害に係る道路の営造物責任に関する考察―飛騨川訴訟判決とその後〔木村俊介〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 営造物の瑕疵論を巡る判例の動向
 Ⅲ 予見可能性
 Ⅳ 結果回避可能性
 Ⅴ 期待可能性
 Ⅵ 具体的・個別的判断
 Ⅶ まとめ


◆3 行政裁量統制における最高裁判所の法的価値判断〔服部麻理子〕

 Ⅰ 問題の所在
 Ⅱ 戦後社会の大きな社会問題に関する最高裁判所の法的価値判断
 Ⅲ 日本の学説における行政裁量観の変遷
 Ⅳ 行政裁量に関する判例に見られる最高裁判所の法的価値判断
 Ⅴ フランス行政法との比較研究から得られる視座
 Ⅵ 結  語


【行政法ポイント判例解説】

死者情報を含む保有個人情報に対する開示請求の可否〔神橋一彦〕
 大阪地判令和元年6月5日裁判所ウェブサイト掲載判例



------------------------------------------------------------------------
Gyoseiho-kenkyu

[Review of administrative law - Revue de droit administratif - Zeitschrift für Verwaltungsrecht]

No.33 May 2020


【Foreword】Amendment of the Whistleblower Protection Act

Katsuya UGA


1 The Auditing the Performing of Local Governments Environmental Measures
 Concentrating on Measures against Global Warming

Mitsuaki USUI


2 Discussion of Governmental Liability with Public Road under Natural Disasters

Shunsuke KIMURA


3 A Need for Scrutinizing Japan’s Supreme Court Value Judgments in Reviewing Administrative Discretionary Decisions

Mariko HATTORI


◇Case note
On the Disclosure of the Retained Personal Information About the Dead Persons

Kazuhiko KAMBASHI

このページのトップへ

内容説明

益々充実の研究雑誌 ― 本号も第一線の執筆陣が集い、行政法学の未来を拓く
 
本号の〈巻頭言〉は宇賀による「公益通報者保護法の改正」を掲載。論説は、「自治体の環境施策の執行に関する監査」(碓井)、「自然災害に係る道路の営造物責任に関する考察」(木村)、「行政裁量統制における最高裁判所の法的価値判断」(服部)の3論文を収録。加えて〈行政法ポイント判例解説〉として神橋の「死者情報を含む保有個人情報に対する開示請求の可否」を収録。
 

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ