【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 行政法研究 第32号

行政法研究 第32号

行政法研究 第32号

行政法学の未来を拓く行政法専門誌第32号。〈執筆者〉宇賀克也(巻頭言)・駒林良則・島村 健・宮森征司・碓井光明

著者 行政法研究会
宇賀 克也
駒林 良則
島村 健
宮森 征司
碓井 光明
ジャンル 法律  > 行政法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2020/01/31
ISBN 9784797268829
判型・ページ数 菊判変・184ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『行政法研究第32号』
 行政法研究会 編集

【目  次】

【巻頭言】2019年の独占禁止法の改正〔宇賀克也〕

― * ―

はしがき(行政法研究会)

1 住民訴訟における違法性相対説と監査中心主義―住民訴訟における「内部法」と「外部法」〔鈴木庸夫〕
 Ⅰ 枠組みと理論的基礎
 Ⅱ 判例理論の展開
 Ⅲ 補  遺
 Ⅳ 残された課題

2 自治組織権に関する一考察〔 駒林良則〕
 はじめに
 Ⅰ 自治組織権の議論の現状
 Ⅱ ドイツの組織高権について
 Ⅲ 組織高権とゲマインデの経済活動
 Ⅳ ドイツの組織高権の議論と我が国への示唆
 おわりに

3 国際的な環境利益の国内法による実現―環境条約の国内実施・再論〔島村 健〕
 Ⅰ 条約の「国内実施」の意義
 Ⅱ 条約の内容と国内法の整合性の確保
 Ⅲ 既存の法体系との接合―特に事業法制との接合
 Ⅳ 「進化する条約」への対応
 Ⅴ 日本における実施の特徴と評価

4 自治体事業の基礎的法枠組みの歴史的形成―自治体事業の区別に着目して〔宮森征司〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ ゲマインデ事業に係る法枠組みの歴史的展開
 Ⅲ おわりに

《研究ノート》
ポーランドの行政裁判所制度〔碓井光明〕
 1 はじめに
 2 ポーランド共和国憲法と行政裁判所
 3 行政裁判所の裁判官
 4 県行政裁判所
 5 最高行政裁判所
 6 県行政裁判所における手続
 7 最高行政裁判所における手続
 8 おわりに

------------------------------------------------------------------------
Gyoseiho-kenkyu

[Review of administrative law - Revue de droit
administratif - Zeitschrift für Verwaltungsrecht]

No.32 January 2020

【Foreword】 Amendment of the Antimonopoly Act of 2019
Katsuya UGA

1 Inner Rule and External Rule in the Citizens'Suits, Principle of Auditsystem
Tsuneo SUZUKI

2 Eine Überlegung über das kommunale Selbstorganisationsrecht
Yoshinori KOMABAYASI

3 Realizing International Environmental Interests by Domestic Law : Implementation of International Environmental Agreements in
Japan Revisited
Takeshi SHIMAMURA

4 The Historical Formation of Legal Framework on Local Goverment Business
Seiji MIYAMORI

【Research Notes】The System in Administrative Courts in Poland
Mitsuaki USUI

このページのトップへ

内容説明

益々充実の研究雑誌 ― 本号も高質の論文・研究ノートを掲載し、行政法学の未来を拓く!

本号の〈巻頭言〉は宇賀による「2019年の独占禁止法の改正」を掲載。論説は、住民訴訟(鈴木)、地方自治の組織権論(駒林)、環境条約(島村)、自治体事業の法枠組み(宮森)の4論文を収録。加えて〈研究ノート〉として碓井の「ポーランドの行政裁判制度」を収録。
 

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ