【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 星野英一 パリ大学日記 1956年10月~1958年9月

星野英一 パリ大学日記 1956年10月~1958年9月

星野英一 パリ大学日記 1956年10月~1958年9月

「若き星野英一」の日常。星野が、もっとも懸命に密度高く生きた日々、仏国政府奨学生としてパリ大学で研究した2年間の記録。

著者 星野 美賀子
ジャンル 人文・社会  > 小説/エッセイ/詩
出版年月日 2019/09/30
ISBN 9784797211177
判型・ページ数 4-6変528ページ
定価 本体8,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『星野英一 パリ大学日記 1956年10月~1958年9月』

 星野美賀子 編


【目 次】

時を生きる(星野美賀子)

星野英一パリ大学日記 1956年10月~1958年9月
1956年
 10月/11月/12月
1957年
 1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月
1958年
 1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月

謝辞
凡例/APPENDIX

このページのトップへ

内容説明

「とき」を刻む星野日記に垣間見る内面のゆらぎと、学問への飽くなき閃き。星野が、もっとも懸命に密度高く生きた日々、1956年10月1日に仏国政府奨学生、ブルシェとして、フランスを中心とするヨーロッパにおいて、主としてフランスの法律を、パリ大学の錚々たる学者達とともに研究した、2年間(1956年10月~1958年9月)の、「若き星野英一」日常の記録。
 

このページのトップへ