【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 国連総会の葛藤と創造 ― 国連の組織、財政、交渉

国連総会の葛藤と創造 ― 国連の組織、財政、交渉

国連総会の葛藤と創造 ― 国連の組織、財政、交渉

「国連」とは誰のことか?国連の財政交渉から見る多国間意思形成

著者 岩谷 暢子
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
政治・経済  > 政治学  > 外交
出版年月日 2019/08/30
ISBN 9784797268010
判型・ページ数 A5変・248ページ
定価 本体4,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『国連総会の葛藤と創造 ― 国連の組織、財政、交渉』

  岩谷暢子(元国際連合日本政府代表部) 著

【目  次】

はじめに

第1章 「国連」を見る視点
 第1節 「国連」とは誰のことか
  第1項 国連は何でできているか:憲章が規定する「国連」とその意思決定
  こぼれ話 国連総会議場
 第2項 国連は何でできているか:「この機構の経費」の現在の範囲
 第3項 「国連」という用語の外縁
  こぼれ話 国連とは誰のことか:特別報告者の位置づけ
 第2節 財政・機構・人的資源管理:国連の活動を動かすための骨と血
  第1項 第5委員会と事務局
  第2項 加盟国
  第3項 行財政問題諮問委員会(ACABQ):第5委員会の決定に不可欠の諮問委員会
  第4項 計画調整委員会:機構(プログラム)
  第5項 事務総長とは如何なる存在か
 第3節 国連決議と文書の読み方,総会第5委員会における意思決定:第5委員会の決議を参考に
  第1項 国連文書の記号
  第2項 国連総会第5委員会の決議
  こぼれ話 ビューローとは
  第3項 国連総会第5委員会の意思決定
  第4項 国連文書及び本書で使われる基本的な用語

第2章 国連事務局と国連予算の現状
 第1節 国連事務局の構成
  こぼれ話 会議サービスの役割の変遷
 第2節 国連の財源と予算
  第1項 分担金で支弁される予算
  第2項 予算外財源(任意拠出金)
 第3節 国連計画予算の要素と構成
  こぼれ話 国連の切手
 第4節 PKO予算(除くUNMOGIP,UNTSO)
 第5節 裁判所予算
 第6節 分担率
 第7節 その他予算
 第8節 まとめ
 【補稿:平和と安全に関する活動の財政】
  こぼれ話 国連における禁煙

第3章 各事務総長の時代の国連改革の経緯
 第1節 ハマショルド事務総長(1953-1961)
 第2節 ウ・タント事務総長の時代(1961.11-1971)
 第3節 ワルトハイム事務総長(1972-1981)
 第4節 デクエヤル事務総長の時代(1982-1991)
  第1項 「国連の財政効率化見直しのためのハイレベル政府間専門家」報告書
  第2項 「平和維持活動の行財政的側面」に関する事務総長報告書
 第5節 ガリ事務総長の時代(1992-1996)
  第1項 事務局組織の再編
  第2項 PKOの行財政的なしくみの整備
 第6節 アナン事務総長の時代(1997-2006)
  第1項 第1次事務局改革
  第2項 PKOの行財政的なしくみの整備
  第3項 第2次事務局改革
  第4項 第3次事務局改革
 第7節 バン事務総長(2007年-2016年)
  第1項 フィールド支援局の設置
  第2項 事務局のマネジメント分野の改革
  第3項 PKOに関連する問題
 第8節 グテレス事務総長(2017年~)
  第1項 予算策定プロセスの改革
  第2項 国連事務局4局の改組
 第9節 責任ある意思決定のために
  こぼれ話 支出制限(Spending cap)

第4章 国連事務局の財政(国連通常予算)
 第1節 現在の「しくみ」
  第1項 総論(共通):現在の国連予算策定の共通ルール[憲章,総会手続き規則,財政規程・規則,PPBME,諸決議]
  第2項 計画予算の概形(2カ年計画予算(~2019年))
  こぼれ話 よいコーディネーターとは
  第3項 予算決定から分担率の徴収まで
  第4項 2ゕ年予算執行中に生じる変動への対応
  第5項 執行状況報告書
  第6項 決算と会計検査
  第7項 国連の監査とマネジメント
 第2節 現在のしくみができるまで
  第1項 国連最初の予算とその規模:費目別予算,1900万ドル
  第2項 計画予算の採用
  第3項 事務総長の予算執行における柔軟性の模索:総会権限の縮小の試みと,総会による対案
 第3節 これから(マネジメント改革,単年予算と予算策定サイクル)
  第1項 単年予算
  第2項 残された提案と課題

第5章 国連平和維持活動(PKO)の財政
 第1節 現在の「しくみ」
  第1項 PKO予算の策定・審議のしくみ
  第2項 執行状況報告書
  第3項 会計検査
  第4項 新たなPKOの予算の設置
  こぼれ話 国連で使用される言語(1)
 第2節 現在のしくみができるまで
  第1項 PKOの経費の分担金による支弁
  第2項 予算期間の統一(1ゕ年予算化と審議時期の統一)
  第3項 独立予算・独立勘定
  第4項 PKOミッションの支援機能
 第3節 これから
  こぼれ話 国連で使用される言語(2)

おわりに

巻末資料1ー1 「国連の刷新」事務総長報告書の改革案と総会の対応
巻末資料1ー2 「国連の強化」事務総長報告書の改革案と総会の対応
巻末資料1ー3 成果文書・国連への投資報告書と総会の対応
巻末資料2 ブラヒミ報告書の勧告事項と総会の対応

基本的な規程等/参考文献

このページのトップへ

内容説明

信頼の著者による、実務者、研究者、国連を目指す学生必携の手引書
 
国連とは誰のことか? 財政交渉から見る多国間意思形成。財政(カネ)、機構、人的資源(ヒト)の動きを俯瞰し、国連の行財政問題に焦点を当てて、最新情報を紹介。「しくみとルール」がわかる、現場経験者による待望の手引書。PKOの予算、国連分担金と発言力の比重、「何」にお金を付けるか、etc。
 


<著者>

1993年9月~1994年6月 Universiteit Katholieke Brabant (Tilburg University)
1995年3月 国際基督教大学教養学部社会科学科卒業(教養学士)
2000年7月 The Hague Academy of International Law
2003年9月 神戸大学大学院国際協力研究科博士後期課程修了(博士(法学))

1997年6月~2000年6月 在ジュネーブ国際機関日本政府代表部専門調査員
2002年9月~2004年9月 国際連合日本政府代表部専門調査員
2005年4月~2007年9月 外務省国際社会協力部国連行政課/総合外交政策局国連企画調整課
2007年9月~2010年8月 在ガーナ日本国大使館一等書記官
2010年9月~2013年5月 在フィジー日本国大使館一等書記官
2013年5月~2016年1月 内閣府国際平和協力本部事務局
2016年2月~2019年1月 国際連合日本政府代表部一等書記官

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ