【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 憲法研究 第4号

憲法研究 第4号

憲法研究 第4号

憲法変動に対峙する理論の再構築。憲法学研究総合誌第4号。佐藤幸治先生インタビュー/特集「『個人の尊重』と家族」ほか

著者 辻村 みよ子 責任編集・著
佐藤 幸治 インタビュー
土井 真一 聞き手
小泉 良幸
山本 龍彦
押久保 倫夫
建石 真公子
大島 梨沙
齊藤 笑美子
巻 美矢紀
糠塚 康江
駒村 圭吾
二宮 周平
作花 知志
榊原 富士子
高取 由弥子
愛敬 浩二
ジャンル 法律  > 憲法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2019/05/03
ISBN 9784797265248
判型・ページ数 菊判変・248ページ
定価 本体3,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

【目 次】

◆特集 「個人の尊重」と家族◆

企画趣旨:「個人の尊重」の現在―憲法13条・14条・24条の関係を問う〔辻村みよ子〕

◆1 〈インタビュー〉憲法13条と人格的自律権の展望〔佐藤幸治・(聞き手)土井真一〕

〈特集1〉憲法と個人―「個人の尊重」をめぐる理論と判例の展開
◆2 憲法13条論の現在〔小泉良幸〕
◆3 自己情報コントロール権について〔山本龍彦〕
◆4 「個人の尊重」と「一般的自由」「人格権」〔押久保倫夫〕
◆5 フランスにおける「私生活の尊重の権利」の憲法規範化〔建石真公子〕
◆6 フランスにおける性的少数者の権利に関する判例の動向〔大島梨沙・齊藤笑美子〕
◆7 Obergefell判決と平等な尊厳〔巻 美矢紀〕

〈特集2〉憲法と家族
◆8 個人と家族―公私の関係〔糠塚康江〕
◆9 家族と憲法―「個人の尊重」と「個人の尊厳」に寄せて〔駒村圭吾〕
◆10 家族法と憲法〔二宮周平〕
◆11 再婚禁止期間違憲訴訟と戸籍法上の夫婦別姓訴訟―2つの憲法訴訟を通して考える憲法の役割と弁護士の役割〔作花知志〕
◆12 夫婦別姓訴訟と憲法〔榊原富士子〕
◆13 無戸籍問題の実情と憲法上の諸問題〔高取由弥子〕


◆書 評:蟻川恒正『尊厳と身分―憲法的思惟と「日本」という問題』(岩波書店,2016年)〔愛敬浩二〕

■ 憲法年表(2018年10月1日~2019年4月1日)
■ 国際学会等のご案内
 
----------------------------------------------------------------------------
 
Kenpo-kenkyu
[Review of Constitutional Law -Revue de droit constitutionnel -Zeitschrift für Verfassungsrecht]

No.4 May 2019

Special Edition : Respect for Individuals and Family

The Intent of Special Edition: The Frontier of Individual Respect・Asking about the Relation between Articles 13,14 and 24 of the Japanese Constitution

Miyoko TSUJIMURA


Interview: Article 13 and the Right to Personal Autonomy

Koji SATO・Masakazu DOI


The Frontier of Article 13

Yoshiyuki KOIZUMI


On the Right to Control One's Information

Tatsuhiko YAMAMOTO


Constitutionnalisation du droit au respect de la vie privée en France

Hiroko TATEISHI


“Achtung vor dem Individuum”und “allgemeine Freiheit”“Persoenlichkeitsrecht”

Michio OSHIKUBO


Fundamental Rights of Sexual Minorities in France

Lisa OSHIMA/Emiko SAITO


Obergefell v. Hodges, and Equal Dignity

Misaki MAKI


Individual and Family : Public and Private Realms

Yasue NUKATSUKA


The Constitution of Family in Japan: On an Ambiguous Interplay Between
Individual Dignity and Individual Respect in the Supreme Court of Japan

Keigo KOMAMURA


Family Law and Constitution

Shuhei NINOMIYA


Case of the Remarriage Prohibition Period and Case of the Separate Surname for
Married Couples on Family Registration Law : Consideration from Two Constitutional Cases about the Role of Constitution and the Role of Attorney-at-Law

Tomoshi SAKKA


Separate Surnames Litigation Cases and Constitution of Japan

Fujiko SAKAKIBARA


Without a Family Register: Constitutional Issues and Realities

Yumiko TAKATORI


Book Review: Tsunemasa ARIKAWA, Dignity and Rank

Koji AIKYO

このページのトップへ

内容説明

憲法変動に対峙する理論の再構築。本号も第一線の執筆陣が集い、高質の議論を展開。資料も前号に続き、最新状況を提供。待望の第4号
  
第4号は、特集「『個人の尊重』と家族」と題し、巻頭の佐藤幸治先生インタビューは「憲法学説の到達点と課題について」問う(聞き手:土井)。<特集1>は、憲法と個人として「個人の尊重」をめぐる6論稿(小泉、山本、押久保、建石、大島・齋藤、巻)、<特集2>は「憲法と家族」に関する6論稿(糠塚、駒村、二宮、作花、榊原、高取)を掲載。愛敬による書評のほか、憲法年表など資料も充実。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ