【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 消費者法研究 第6号

消費者法研究 第6号

消費者法研究 第6号

第6号は、巻頭「生成過程から見た消費者法」と、特集「改正契約消費者法」として、消費者法の最先端論文を3編掲載。

著者 河上 正二 責任編集・著
大村 敦志
鹿野 菜穂子
大澤 彩
ジャンル 法律  > 民法
法律  > 民法  > 消費者法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2019/04/05
ISBN 9784797266863
判型・ページ数 菊判変・448ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『消費者法研究 第6号』

  河上正二(青山学院大学法務研究科教授) 責任編集

【目  次】

はしがき

◆生成過程から見た消費者法〔大村敦志〕

〈その1〉判例による立法の克服
 はじめに
 序  言
 第1章 立法の第1段階――利息制限法+出資法
 第2章 判例の第1段階
  第1 暴利判例
  第2 元本充当判例(その1)
 第3章 立法の第2段階――貸金業規制法
 第4章 判例の第2段階
  第1 書面交付義務判例
  第2 元本充当判例(その2)
  第3 任意性判例
 第5章 立法の第3段階――貸金業法
 補 章 保証の場合
  第1 判  例
  第2 立  法
 結語 法の生成過程の一側面――制定法を馴致する

〈その2〉立法から立法への波及
 序  言
 第1章 特定商取引法
  第1 訪問販売法前史
  第2 訪問販売法の登場
  第3 特定商取引法への発展
  第4 特定商取引法の展開
 第2章 消費者契約法
  第1 消費者契約法前史
  第2 消費者契約法の登場
  第3 消費者契約法の展開
  第4 消費者被害回復裁判特例法の登場
 第3章 債権法改正と消費者契約法
  第1 民法への統合の試み
  第2 民法への新設の試み
 補 章 消費者契約法の改正作業
 結語 法の生成過程の一側面――制定法を移植する
 おわりに


◆特集 改正消費者契約法◆

【論 説】

◆1 改正消費者契約法の課題と適切な運用に向けて〔河上正二〕

 Ⅰ 消費者契約法とは
 Ⅱ 消費者契約法(実体法部分)の第1次改正(平成28年法61号)
 Ⅲ 消費者契約法(実体法部分)の第2次改正(平成30年法54号)
 Ⅳ 今次の消費者契約法改正についての所感

◆2 消費者契約法における契約締結過程の規律――2016年・2018年改正の意義と課題〔鹿野菜穂子〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 誤認による取消規定の拡充
 Ⅲ 合理的判断をすることができない事情の不当な利用等と取消し――過量契約取消権規定の新設と困惑類型の追加
 Ⅳ 「勧誘」概念をめぐって
 Ⅴ 取消後の返還義務と取消権の行使期間
 Ⅵ 残された課題

◆3 不当条項規制の現状と課題――民法改正・消費者契約法改正を受けて――〔大澤 彩〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 消費者契約法改正について
 Ⅲ 定型約款規制との関係
 Ⅳ おわりに

【資料】 改正消費者契約法の立法資料(2019年3月末日現在)

【解説】 改正消費者契約法の立法資料解題[河上正二]

        *   *   *

 1 内閣総理大臣から消費者委員会への「諮問」
 2 消費者委員会:答申と報告書
  2-1 消費者委員会からの「答申」
  2-2 消費者契約法専門調査会「報告書」
 3 消費者契約法日弁連改正試案(2014年版)(日本弁護士連合会)
 4 消費者契約法の見直しに関する意見募集の結果について(平成29年10月25日,消費者庁消費者制度課)
 5 消費者契約法の一部を改正する法律案 新旧対照条文
 6 第196回および第197回国会審議
  6-1 第196回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会議録第5号(抄)(平成30年5月15日)
  6-2 第196回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会議録第8号(抄)(平成30年5月23日)
  6-3 第197回国会 参議院 消費者問題に関する特別委員会会議録第3号(抄)(平成30年11月21日)
  6-4 第197回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会議録第6号(抄)(平成30年12月6日)
 7 消費者契約法の一部を改正する法律(平成30年法54号)
  7-1 改正法
  7-2 新旧対照条文
  7-3 各改正事項の詳細(消費者庁消費者制度課)
 8 第196回国会閣法第31号 附帯決議
  8-1 衆議院「消費者契約法の一部を改正する法律案に対する附帯決議」9項目
  8-2 参議院「消費者契約法の一部を改正する法律案に対する附帯決議」11項目

----------------------------------------------------------------------


Shohishaho-kenkyu
[Review of Consumer Law -Revue de droit de la consommation -Zeitschrift für Verbraucherrecht]

Edited by Shoji KAWAKAMI

No.6
March 2019


Evolution du droit de la consummation

Atsushi OMURA

Part 1 Les lois combattues par la jurisprudence
Part 2 D'une loi à€ une autre loi: la léislation par ricochet


・About the Revised Consumer Contract Law

1. For the Application and Problems of the revised Consumer Contract Law
2.
Shoji KAWAKAMI

3. The Rules for Contract Process of Consumer Contracts

Naoko KANO

4. Perspectives du contrôMe des clauses abusives aprè€s la réforme du droit civil et droit de la consommation au Japon

Aya OHSAWA


【Materiales of the Legislation】

The Revised Consumer Contract Law

このページのトップへ

内容説明

第6号は、巻頭に、大村による「生成過程から見た消費者法」として2本の論稿(1:判例による立法の克服、2:立法から立法への波及)を掲載。特集「改正契約消費者法」として3論文、課題と運用(河上)、契約締結過程(鹿野)、不当条項規制(大澤)を掲載。巻末資料は消費者契約法の改正経緯がわかる充実した立法資料を収録。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ