【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > トピック社会保障法(2019第13版)

トピック社会保障法(2019第13版)

トピック社会保障法(2019第13版)

トピック欄で問題を提起、基礎知識をわかりやすく解説。社会保障法を最新情報で実践的に学ぶ。最新の法改正に対応した充実の第13版

著者 本澤 巳代子 編著
新田 秀樹 編著
ジャンル 法律  > 労働法/社会保障法
法律  > 民法  > 家族法
出版年月日 2019/04/01
ISBN 9784797287134
判型・ページ数 A5変・324ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

【執筆者紹介】
 本沢巳代子:オリエンテーション、第2章、第11章
 新田秀樹:第8章
 原田啓一郎:第1章
 田中秀一郎:第3章
 小西啓文:第4章
 根岸 忠:第5章
 橋爪幸代:第6章
 増田幸弘:第7章
 三輪まどか:第9章
 脇野幸太郎:第10章
 付 月(ふう ゆえ):補論

  ー  ー  ー

【目 次】

第13版 はしがき(iii)

はしがき(初版)(iv)

本書に使われている判例集・法令等の略称(xvii)

オリエンテーション(xix)

◆1 医 療 保 障

トピック 窓口でもらった診療明細書 2
1 医療保険の保険給付の種類と内容 3
⑴ 医療保険の保険給付の種類 3
⑵ 療養に関する給付と業務災害 3
⑶ 療養に関する保険給付とその種類(健康保険制度を例に) 4
⑷ その他の保険給付 7
2 保険診療の仕組み 8
⑴ 医療機関の開設 8
⑵ 保険医療機関の指定 9
⑶ 保険診療の仕組み 9
⑷ 診療報酬の支払い 13
3 医療保険の保険関係 14
⑴ 医療保険制度の体系 14
⑵ 医療保険の保険関係 15
4 医療保険の保険財源 21
トピック 国民医療費と医療保険料 21
⑴ 医療保険の保険財源 22
⑵ 保 険 料 23
STEP UP 26

◆2 介 護 保 障

トピック 一人暮らしの祖母の介護 27
1 給付の手続きと内容 27
⑴ 給付の手続き 27
⑵ 保険給付の種類と内容 32
⑶ 介護サービス提供機関 39
2 介護保険の保険関係と財源 42
トピック 介護保険の被保険者証はいつ貰えるの? 42
⑴ 介護保険の保険者と被保険者 42
⑵ 介護保険の財源と保険料負担 44
3 介護保険法と老人福祉法の関係 48
STEP UP 50

◆3 年 金 保 険

トピック 若者と障害 51
1 障害年金給付 52
⑴ 障害基礎年金 52
⑵ 障害厚生年金 53
⑶ 例  外 56
2 老齢年金給付 57
トピック 年金の保険料を払いたくない! 57
⑴ 老齢基礎年金 58
⑵ 老齢厚生年金(報酬比例部分) 60
3 遺族年金給付 62
トピック 遺族年金って必要なの? 62
⑴ 遺族基礎年金 62
⑵ 遺族厚生年金 63
4 年金保険の併給調整 64
⑴ 遺族厚生年金と老齢厚生年金の併給 65
⑵ 障害基礎年金と各厚生年金との併給調整 66
5 年金保険の保険関係 66
⑴ 世代間扶養と3つのリスク 66
⑵ 年金保険の保険者と被保険者 67
6 年 金 財 源 71
⑴ 年金財源と財政方式 71
⑵ 免除と納付猶予 72
⑶ 年金財源に関する問題点 76
STEP UP 77

◆4 労 災 補 償

トピック アルバイトの過労死 78
1 労働災害―「補償」と「保障」 78
⑴ アルバイトと怪我 78
⑵ アルバイトの雇用実態 79
⑶ アルバイトと「労働者」 80
⑷ 「補償」から「保障」へ 81
2 労災補償・労災保険給付 82
⑴ 労災補償と安全衛生体制 82
⑵ 労災保険給付 86
⑶ 労災保険法の仕組み 89
⑷ 業務上・外認定 90
3 通 勤 災 害 98
トピック アルバイトと通勤災害 98
⑴ 通勤災害の保護 98
⑵ 通勤災害該当性 99
⑶ 通勤災害と単身赴任・マルチジョブホルダー 101
4 労災民事訴訟―使用者の安全配慮義務 102
5 「補償」・「保障」再論 104
STEP UP 106

◆5 雇 用 保 険

トピック 退職してはみたものの 107
1 基 本 手 当  108
⑴ 受給要件 108
⑵ 離職理由,給付日数,給付額と給付制限 111
2 就職や雇用継続を支える給付 116
⑴ 求職者給付 117
⑵ 就職促進給付 118
⑶ 教育訓練給付 120
⑷ 雇用継続給付 122
3 保 険 関 係 126
トピック 雇用保険に入れない? 126
⑴ 保 険 者 127
⑵ 被保険者 127
⑶ 適用除外 127
4 労働保険の適用関係と財源 129
⑴ 適用関係 130
⑵ 財  源 130
STEP UP

◆6 子ども支援

トピック 子どもが生まれたら 133
1 子育て支援と児童虐待への対応 133
⑴ 子育て支援 133
⑵ 児童虐待の発見 135
⑶ 調査・判定 136
⑷ 相談援助活動 136
⑸ 親子分離 137
⑹ 家庭再構築 144
⑺ 自立支援 146
2 サービスの利用(種類や内容) 147
トピック 同じ子育てなのに,利用するサービスが違う? 147
⑴ 幼 稚 園 148
⑵ 保 育 所 148
⑶ 認定こども園 149
⑷ 家庭的保育事業等 149
3 サービスの利用関係 151
⑴ 教育・保育の利用時間の認定 151
⑵ 利 用 調 整 152
⑶ 利用可能な施設のあっせん,要請 153
⑷ 利 用 料 154
STEP UP 155

◆7 家 族 支 援

トピック 先立つものがない 157
1 子どもの貧困 157
2 児童を育む場としての家庭の安定 158
⑴ 児童手当 158
⑵ 特別児童扶養手当・障害児福祉手当 159
3 ひとり親家庭の経済的な生活保障 159
⑴ 経済的な生活基盤の維持 159
⑵ 経済的支援 160
⑶ 養育費の支払──私的扶養義務の履行確保 164
⑷ 就労を通じた自立に向けた支援 165
⑸ 生活支援・子育て支援 167
4 子どもの貧困対策法 168
5 家族を対象とする諸施策 170
トピック 家族って何だろう 170
⑴ 社会保障制度が前提としてきた家族像 170
⑵ 制度横断的な性格 171
6 家族や児童の概念 173
⑴ 家族の概念 173
⑵ 児童の概念 174
STEP UP 176

◆8 障害者福祉

トピック 合理的配慮って何のこと? 177
1 障害と障害者―個人モデルから社会モデルへ 177
⑴ 国際機関における従来の定義 177
⑵ 日本における定義 178
⑶ 個人モデルから社会モデルへの障害(者)観の転換 179
⑷ 障害者権利条約 180
⑸ 障害者法制の見直し 180
⑹ 差別禁止と合理的配慮 181
2 障害者法制の体系 184
トピック 重度障害者に対する介護サービスは十分か? 184
⑴ 障害者基本法 184
⑵ 障害者福祉法制 185
3 障害者総合支援法の概要 188
⑴ 目的・基本理念・対象・市町村等の責務 189
⑵ 自立支援給付 191
⑶ 地域生活支援事業 202
STEP UP 204

◆9 社 会 福 祉

トピック 会社によってサービス内容に違いがあるのだろうか? 205
1 社会福祉における登場人物とその役割 205
⑴ 事 業 者 205
⑵ 利 用 者 206
⑶ 制度の調整役─国と地方公共団体 206
⑷ 社会福祉の地域応援団─社協・共同募金・民生委員 207
2 福祉サービスの提供事業者 208
⑴ 事業者の多様化 208
⑵ 第2種社会福祉事業 208
⑶ 第1種社会福祉事業 208
⑷ 事業者の公共性 212
3 福祉サービスの従事者 213
⑴ 職種と資格 213
⑵ 社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士 214
⑶ ケア従事者の確保 215
4 福祉サービスの利用者 216
トピック 契約って難しそうだけど,わかるのかな? 216
⑴ 利用者の選択を支える情報提供に関わる制度 218
⑵ 判断能力が不十分な人に対する支援制度 218
⑶ 契約締結 222
⑷ 苦情解決手続 223
⑸ 事業者規制と権利擁護 224
⑹ 家族によるケア 224
STEP UP 225

◆10 生 活 保 護

トピック リストラの果てに 226
1 保護の種類および内容 226
⑴ 保護の種類および内容 226
⑵ 世帯単位の原則 233
2 生活保護の目的と基本原理 233
⑴ 生活保護の位置づけと目的 233
⑵ 生存権保障の意義と生活保護 234
⑶ 最低生活保障 236
⑷ 無差別平等 237
3 保護の要件と申請・受給 239
トピック 福祉事務所で 239
⑴ 保護受給のための手続き 239
⑵ 申請保護の原則 240
⑶ 保護の補足性 241
⑷ 資産調査 245
⑸ 収入認定 246
⑹ 保護の実施機関・実施責任 247
⑺ 不服申立て 248
⑻ 家庭訪問と被保護者の権利義務 249
⑼ 施設における保護 250
⑽ 生活保護の費用負担 251
4 「自立支援」と生活保護の今後 252
⑴ 自立助長 252
⑵ 自立支援に向けた取り組み―転換期にある生活困窮者支援 252
STEP UP 256

◆11 社 会 保 障

トピック 社会保障と社会保険 257
1 社会保障制度の成立と発展 257
⑴ 先進諸国における社会保障制度の成立と発展 257
⑵ わが国における戦後の社会保障制度の展開 258
2 社会保障の目的と機能 261
⑴ 社会保障の目的 261
⑵ 社会保障の機能と意義 262
3 社会保障の中心である社会保険の機能と意義 263
⑴ 社会保険と民間保険 263
⑵ 社会保険とそれ以外の社会保障給付 265
⑶ 社会保険と公費負担 266
4 21世紀の社会保障制度改革 267
トピック 少子高齢社会と社会保障 267
⑴ 経済財政諮問会議と社会保障制度改革 267
⑵ 社会保障国民会議最終報告 268
⑶ 民主党政権と社会保障改革 269
⑷ 第2次安倍内閣と社会保障改革法 270
⑸ 第3次安倍内閣と消費税率引上げ延期 273
⑹ ニッポン一億総活躍プラン 273
⑺ 地域共生社会の実現 273
⑻ 新たな高齢社会対策大綱 274
STEP UP 274

■補論 留学生の皆さんに知ってもらいたい日本の社会保障制度
Major social security programs to know for international students 275
1. Social Security for foreigners in Japan 275
2. National Health Insurance 275
3. Industrial Accident Compensation 275
4. National Pension system 276
5. Social Security Agreements 278
⑴ Elimination of dual coverage 280
⑵ Totalization of coverage periods for Old-age Benefits 281

   - - -

事項索引 283
判例索引 291
参考文献 295

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■コラム目次■

1 医療保障 
コラム1 保険外診療(自由診療)と混合診療
コラム2 知られていない高額療養費
コラム3 薬価とジェネリック医薬品
コラム4 高齢者医療制度の沿革
コラム5 国保制度の運営のあり方の見直し

2 介護保障 
コラム1 介護保険制度が導入された背景
コラム2 認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)
コラム3 住まいと介護
コラム4 保険料滞納と給付制限
コラム5 高齢者虐待

3 年金保険 
コラム1 2014年財政検証
コラム2 年金の逸失利益
コラム3 公的年金を補完するものとしての企業年金・私的年金
コラム4 離婚時の年金分割
コラム5 学生が国内外へ転入(出)する際の年金加入の仕組み
コラム6 年金の未納者問題

4 労災補償 
コラム1 シルバー人材センターと労災保険の適用
コラム2 外国人労働者の労災補償
コラム3 石綿による健康被害と労災認定
コラム4 上司の発言と労働者の自殺
コラム5 アルバイトの過労死問題

5 雇用保険 
コラム1 出産退社・寿退社と失業認定
コラム2 求職者支援制度の概要とその役割
コラム3 大学での職業教育・職業訓練と学生の進路
コラム4 育児休業・介護休業
コラム5 キャリア形成と職業訓練
コラム6 育児休業給付金・介護休業給付金の給付率

6 子ども支援 
コラム1 施設内虐待
コラム2 成年年齢の引き下げと児童福祉
コラム3 児童の権利条約
コラム4 保育事故
コラム5 保育所民営化

7 家族支援 
コラム1 扶養義務者が経済的な扶養能力を欠くケース
コラム2 親権者が養育費の請求権の行使を放棄するケース
コラム3 キンシップケア(kinship care)
コラム4 外国人労働者と家庭
コラム5 同性カップルと社会保険―家族関係の多様化への対応

8 障害者福祉 
コラム1 障害者福祉の歴史
コラム2 障害者の雇用保障
コラム3 措置制度
コラム4 応能負担と応益負担
コラム5 障害福祉計画

9 社会福祉 
コラム1 社会福祉基礎構造改革と社会福祉法の誕生
コラム2 外国人労働者によるケア
コラム3 災害と社会福祉
コラム4 市民後見
コラム5 自己決定と他者決定

10 生活保護 
コラム1 わが国における公的扶助制度の歴史的沿革
コラム2 生活保護と進学問題
コラム3 保有を認められる資産の範囲
コラム4 社会保障法と行政不服申立て・行政訴訟
コラム5 ケースワーカー(現業員)と自立支援

11 社会保障 
コラム1 社会保障の法体系
コラム2 金銭給付と現物給付

このページのトップへ

内容説明

好評テキストが今年も最新アップデート!

みぢかなトピックで問題を提起し、最新の基礎知識をわかりやすく解説。英文による留学生へのメッセージが「補論」としてさらに充実。随所に配されたコラムも、今日的テーマや重要判例の紹介など、読みやすく、より深く専門的に学ぶことができる。初学者やゼミ生・社会人や各種福祉系の資格試験学習者に便利。最新の法改正に対応:毎年改訂の第13版。
 



このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ