【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 実証の国際法学

実証の国際法学

実証の国際法学

大学・世界人権問題研究センター等での多くの研究と教育、学会や外務省での活躍など、業績の数々を後世に伝える、安藤先生著作集。

著者 安藤 仁介
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
出版年月日 2018/12/05
ISBN 9784797281231
判型・ページ数 A5変・596ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『実証の国際法学』 

  安藤仁介(元京都大学名誉教授)著


〈編集委員〉芹田健太郎・薬師寺公夫・坂元茂樹・浅田正彦・酒井啓亘
〈編集協力〉新井京・黒神直純・竹内真理・玉田大・濵本正太郎・前田直子・水島朋則・山田卓平

  - - -

【目 次】


◆Ⅰ 国際法と日本

第1章 国際社会と日本
第2章 国際連合の活動と日本の対応
第3章 人権の制限事由としての「公共の福祉」に関する一考察
第4章 国際人権保障の現状と課題

◆Ⅱ 人 権

第1章 国際人権保障の展開と問題点
第2章 自由権規約委員会による国家報告審査方法の進展
第3章 自由権規約選択議定書に基づく「見解」の実効性確保について
第4章 自由権規約委員会による自由権規約第26 条の解釈・適用とその問題点

◆Ⅲ 承認と承継

第1章 国際機構の加盟手続と国家承認
第2章 中国代表権の交代と国際法上の諸問題
第3章 政府承認に関する最近の傾向について
第4章 条約承継条約と最近の国家実行

◆Ⅳ 国家責任

第1章 国際法における国家の責任
第2章 国家責任に関するガルシア・アマドール案の一考察
第3章 国家責任に関する国際法委員会の法典化作業とその問題点
第4章 国際法上の国家責任にかかわる「過失」の実態

◆Ⅴ 国際紛争と国際法

第1章 フォークランド(マルビナス)諸島の領有権紛争と国際法
第2章 ニカラグア紛争と司法的解決
第3章 みなみまぐろ仲裁裁判事件の先決的抗弁

◆Ⅵ 戦後処理

第1章 第2次世界大戦後の賠償・請求権処理
第2章 日本の敗戦および連合国の占領と国際法
第3章 光華寮事件をめぐる国際法上の諸問題

このページのトップへ

内容説明

信頼の編集陣により、読みやすく構成・編纂された、後世への学問的道標
 
2016年の12月に逝去された、安藤仁介元京都大学名誉教授の主要著作に息吹を与え、蘇らせた待望の書籍。京都大学、神戸大学、同志社大学、世界人権問題研究センター等での多くの研究と教育、国際法学会や、外務省での幅広い活躍など、優れた業績の数々を編集委員(芹田、薬師寺、坂元、浅田、酒井)が総力を挙げて編纂。後世に伝える安藤先生著作集。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ