【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > ブリッジブック刑法の考え方(第3版)

ブリッジブック刑法の考え方(第3版)  新刊

ブリッジブック刑法の考え方(第3版)

初学者向けの説明手法にさらに磨きをかけた、刑法学習の最初の一冊に好個の入門書、待望の改訂版。

著者 高橋 則夫
ジャンル 法律 > 刑事法
シリーズ 法律・政治 > ブリッジブックシリーズ
出版年月日 2018/11/10
ISBN 9784797223606
判型・ページ数 4-6変・272ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『ブリッジブック刑法の考え方〔第3版〕』

  高橋則夫(早稲田大学法学部教授) 編

【執筆者紹介】五十音順 *は編者
川崎友巳(かわさき・ともみ):同志社大学法学部教授
 第5講義,第9講義,第15講義,第19講義
*高橋則夫(たかはし・のりお):早稲田大学法学部教授
 第1講義,第2講義,第20講義
中空壽雅(なかぞら・としまさ):明治大学法学部教授
 第3講義,第7講義,第13講義,第16講義
橋本正博(はしもと・まさひろ):一橋大学大学院法学研究科教授
 第4講義,第11講義,第12講義,第18講義
安田拓人(やすだ・たくと):京都大学大学院法学研究科教授
 第6講義,第8講義,第10講義,第14講義,第17講義


【目  次】

・第3版はしがき

◇第1部 刑法の基本理念◇

◆第1講義 ルール・ネットワークの中の刑法―さまざまなルールと刑法との関係
 
 1 刑法の守備範囲はどこだろう―道徳と刑法
 2 人々の声と刑法というルール―世論と刑法
 3 刑法が生み出す世界とその限界

◆第2講義 刑罰を科すことの根拠を考える―犯罪・刑罰と学派の争い

 1 何が刑罰を科すことを根拠づけるのか―刑罰の正当化根拠
 2 尽きることのない「刑罰観」論争―学派の争いって一体

◆第3講義 日本の刑法はどこからきたのか―刑法典の由来

 1 日本の刑法はヨーロッパの刑法を模範とした―刑法典の沿革とその特質
 2 現行刑法には当時の新思潮が盛り込まれた―刑法典の改正とその背景にあるもの
 3 刑法典,そして刑法―刑法典,周りを固める特別刑法

◆第4講義 刑法だけでは処罰できない―刑事実体法と刑事手続法

 1 刑法は刑事手続を通して実現される―刑法と刑事訴訟法との関係
 2 有罪でも刑務所に入らないことがある―刑法と刑事政策との関係
 3 国家による責任追及と私人による責任追及―刑法と民法との関係

◆第5講義 刑法の中の民主主義・自由主義―罪刑法定主義の意義

 1 刑法は自由の敵 ? 自由の味方 ?
 2 慣習は「罪」と「罰」の根拠にならない
 3 「罪」と「罰」の不意打ちは許されない
 4 罪刑法定主義は進化する
 5 罪刑法定主義は,今

◇第2部 刑法総論の考え方◇

◆第6講義 「刑罰」確定までには多くのハードルがある―刑法総論の意味

 1 犯罪の“カタログ”には尽きない刑法学
 2 十人十色の犯罪論体系―一様ではない犯罪
 3 何のための犯罪論か―自由の保障と犯罪論

◆第7講義 まずは「型」よりはじめよ―構成要件該当性

 1 犯罪成立の第1審査―構成要件該当性
 2 構成要件該当性の大きな柱―結果と行為・行為者を結ぶ線としての因果関係
 3 構成要件に該当する行為の1つの形―不作為犯

◆第8講義 “わざと”と“うっかり”―故意・過失

 1 “わざと”―故意
 2 “うっかり”―過失
 3 犯罪のポマト
 4 そんなはずでは……

◆第9講義 人を殺しても,「正しい」場合がある―違法性阻却事由

 1 刑法的に「悪い」こと
 2 正しい加害者と悪い被害者 ?
 3 正しい加害者と正しい被害者 ?
 4 「正しい」行為の総合カタログ

◆第10講義 ある特定の人を本当に非難できるか―有責性

 1 悪いことをした人を非難するには ?
 2 「法律を知らなかった」という言い訳は通用するか―違法性の錯誤
 3 刑法は子どもを非難しない―責任能力

◆第11講義 未完成犯罪―未遂

 1 犯罪行為はどのようなプロセスをたどるか―未遂犯
 2 呪い殺すつもりで丑の刻参りをすれば殺人未遂になる?―不能犯
 3 犯罪から後戻りする黄金の橋―中止犯

◆第12講義 犯罪にかかわった複数の人をどう扱うか―共犯

 1 共同して犯罪事実を実現する―共同正犯
 2 正犯の実行に関わる者たち―教唆犯と幇助犯
 3 間接正犯
 4 わいろを渡す人・受け取る人―共犯にかかわる諸問題

◆第13講義 刑罰の種類は限定されている―刑罰の種類

 1 犯罪同様に刑罰も限定されている
 2 さまざまな刑罰の実相

◆第14講義 犯罪の「算数」の仕方―罪数と量刑

 1 1つの罪
 2 複数の罪―1.5倍にアップ
 3 刑法に定められている刑と裁判官による実際の量刑

◆第15講義 刑法の効果が及ぶ5W1H―刑法の適用範囲

 1 いつでも,どこでも,誰にでも……とはいかない―刑法の適用範囲
 2 刑法の効果が及ぶ“when”
 3 刑法の効果が及ぶ“where”
 4 刑法の効果が及ぶ“who”

◇第3部 犯罪のカタログ◇

◆第16講義 今日本で犯罪とされていること―刑法各論の意味

 1 今日本で何が犯罪とされているのか
 2 犯罪カタログに実際にリストアップされているものは ?

◆第17講義 何を犯罪とすべきなのだろう―犯罪カタログの相対性

 1 社会により「犯罪」は異なる
 2 時代によっても「犯罪」は異なる
 3 では日本はどう対処してきたのだろう―日本の犯罪カタログの特質

◆第18講義 揺れる倫理と刑法―現代の犯罪と刑罰(その1)

 1 生命倫理と刑法
 2 職業倫理と刑法
 3 公務員と犯罪

◆第19講義 経済活動の落とし穴―現代の犯罪と刑罰(その2)

 1 企業の犯罪と企業の処罰
 2 入札談合は,なぜ悪い?
 3 マネーゲームの後始末
 4 経済犯罪と戦うために

◇第4部 刑法の解釈◇

◆第20講義 刑法の解釈って何だろう?―本書のまとめと次へのステップ

 1 刑法解釈は何のために行うのか
 2 「価値」との格闘が避けられない刑法解釈
 3 誰のために解釈するのか
 4 みんなが納得する解釈はあるのか
 5 刑法は人間をどう見ているのだろうか
 6 刑法の「考え方」から一歩先へ


・次のステップのための文献

・事項索引

このページのトップへ

内容説明

待望の第3版!初学者向けの人気教材
 
ブリッジブック・シリーズは、本格的教科書を読むための初学者向け導入教材として企図されている。①学習の幹づくりに徹した項目の選定、②思考の過程を丁寧に見せる叙述、③興味喚起から専門基礎までカバー、をその特長とする。この『刑法の考え方』第3版では、初学者向けの説明手法にさらに磨きをかけるとともに、2018年に至る最近の4年あまりでの改正動向をフォローする。刑法学習の最初の一冊に好個の入門書。
 

このページのトップへ

関連書籍

判例プラクティス刑法 Ⅰ 総論

判例プラクティス刑法 Ⅰ 総論

刑法判例集の決定版。全444件解説付。

 
判例プラクティス刑法 II 各論

判例プラクティス刑法 II 各論

刑法判例集の決定版。収録判例543件。

 
 
刑事法辞典

刑事法辞典

本格的総合刑事法辞典40年ぶりに誕生

 
 
判例プラクティス民法 I 総則・物権

判例プラクティス民法 I 総則・物権

効率よく体系的に学べる民法判例解説

 
判例プラクティス民法 II 債権

判例プラクティス民法 II 債権

効率よく体系的に学べる民法判例解説

 
 
判例プラクティス民法 III 親族・相続

判例プラクティス民法 III 親族・相続

効率よく体系的に学べる民法判例解説

 
ブリッジブック医事法〔第2版〕

ブリッジブック医事法〔第2版〕

法律・看護医療系学生への入門書

著者:甲斐 克則
 
 
ブリッジブック先端民法入門(第3版)

ブリッジブック先端民法入門(第3版)

コアコンセプト理解に最適な民法入門

著者:山野目 章夫
 
ブリッジブック社会保障法〔第2版〕

ブリッジブック社会保障法〔第2版〕

図表やコラムも充実の2色刷入門テキスト

著者:菊池 馨実
 
 
EUとは何か【第2版】 ― 国家ではない未来の形―

EUとは何か【第2版】 ― 国家ではない未来の形―

ヨーロッパの生きた政治プロジェクトの本質

著者:中村 民雄
 
 
企業活動と刑事規制の国際動向

企業活動と刑事規制の国際動向

企業コンプライアンスの国際的潮流

 
刑事コンプライアンスの国際動向

刑事コンプライアンスの国際動向

現実の企業の実態・意識調査と、理論的分析

 
 
憲法の規範力と行政

憲法の規範力と行政

〈憲法の規範力〉と様々な行政作用

 
破産法比較条文の研究

破産法比較条文の研究

我が国破産法の比較法的意義を解明

 
 
民事紛争処理論

民事紛争処理論

民事紛争の分析視角をトータルに提示

著者:和田 仁孝
 
民事紛争交渉過程論

民事紛争交渉過程論

当事者の主体的認知・行動に焦点を鋭く分析

著者:和田 仁孝
 
 
法と社会研究 第2号

法と社会研究 第2号

法社会学の未来を拓く研究雑誌、第2号

 
法と社会研究 第3号

法と社会研究 第3号

法社会学の未来を拓く研究雑誌、第3号

 
 

このページのトップへ