【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > ドイツの憲法判例 Ⅳ

ドイツの憲法判例 Ⅳ  新刊

ドイツの憲法判例 Ⅳ

主に2006~2012年までのドイツ連邦憲法裁判所の重要判例84件を収載。資料等も充実、更に使い易くなった憲法学の基本文献。

著者 ドイツ憲法判例研究会
鈴木 秀美 編集代表
畑尻 剛 編集代表
宮地 基 編集代表
ジャンル 法律 > 憲法
法律 > 行政法
法律 > 環境法
法律 > 民法 > 家族法
法律 > 医事法
法律 > 経済法/独占禁止法
法律 > 刑事法 > 刑事訴訟法
出版年月日 2018/11/05
ISBN 9784797233506
判型・ページ数 B5・520ページ
定価 本体8,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

  『ドイツの憲法判例Ⅳ』

  ドイツ憲法判例研究会 編集
  鈴木秀美・畑尻 剛・宮地 基 編集代表

目  次
はしがき〔鈴木秀美〕
凡例・略語

制度とその運用―手続の概観 〔畑尻 剛〕

Ⅰ 基本権〔Art.1GG - Art. 19 GG〕

■人間の尊厳(GG1条1項)
1 終身自由刑の仮釈放と人間の尊厳・人身の自由(BVerfGE 117, 71)〔2006〕 〔柴田 憲司〕

■人格の自由な発展(GG2条1項)
2 裁判官の法形成の限界と法解釈方法―三分割法事件―(BVerfGE 128, 193)〔2011〕 〔川又 伸彦〕
3 接続データVerbindungsdatenの保護(BVerfGE 115, 166)〔2006〕 〔西土彰一郎〕
4 ラスター捜査事件(BVerfGE 115, 320)〔2006〕 〔宮地 基〕
5 レーゲンスブルク監視カメラ決定(BVerfGK 10, 330)〔2007〕 〔小山 剛〕
6 開設されている口座に関する基本データの憲法上の保護(BVerfGE 118, 168)〔2007〕 〔實原 隆志〕
7 ドイツ版「Nシステム」の合憲性(BVerfGE 120, 378)〔2008〕 〔實原 隆志〕
8 情報機関・警察の情報共有と情報自己決定権―テロ対策データファイル法判決―(BVerfGE 133, 277)〔2013〕〔入井 凡乃〕
9 コンピュータ基本権―オンライン監視事件―(BVerfGE 120, 274)〔2008〕 〔石村 修〕
10 子の出自を知る父親の権利(BVerfGE 117, 202)〔2007〕 〔玉蟲 由樹〕
11 血縁の兄弟姉妹間の近親相姦罪の合憲性―近親相姦罪決定―(BVerfGE 120, 224)〔2008〕 〔武市 周作〕
12 トランスセクシャルである在留外国人の名の変更・性別変更と平等原則(BVerfGE 116, 243)〔2006〕 〔門田 孝〕
13 性転換法による婚姻解消要件と一般的人格権・婚姻の保護―第5次性転換決定―(BVerfGE 121, 175)〔2008〕 〔春名 麻季〕
14 性同一性障害者に戸籍法上の登録要件として外科手術を求める規定の違憲性(BVerfGE 128, 109)〔2011〕 〔平松 毅〕
15 婚姻の際の多重氏阻止規定の合憲性―多重氏判決―(BVerfGE 123, 90)〔2009〕 〔根森 健〕

■生命および身体を害されない権利(GG2条2項)
16 航空安全法判決(BVerfGE 115, 118)〔2006〕 〔嶋崎健太郎〕
17 保安処分執行中の強制治療(BVerfGE 128, 282)〔2011〕 〔宮地 基〕
18 保安拘禁に関する規定の遡及適用(BVerfGE 128, 326)〔2011〕 〔宮地 基〕

■法律の前の平等(GG3条1項)
19 委託発注法と司法付与請求権(BVerfGE 116, 135)〔2006〕 〔太田 航平〕
20 相続・贈与税法と平等原則―統一価格Ⅲ決定―(BVerfGE 117, 1)〔2006〕 〔甲斐 素直〕
21 営業税と一般的平等原則―営業税法2条1項2文および所得税法15条3項1号の合憲性―(BVerfGE 120, 1)〔2008〕 〔高田 倫子〕
22 首尾一貫性の要請と平等原則―通勤費税額概算控除判決―(BVerfGE 122, 210)〔2008〕 〔松本 和彦〕
23 遺族扶助における生活パートナーの排除と一般的平等原則(BVerfGE 124, 199)〔2009〕 〔井上 典之〕
24 生活パートナーシップ関係の下での継養子の可否(BVerfGE 133, 59)〔2013〕 〔春名 麻季〕
25 配偶者分割課税と登録生活パートナーに対する差別(BVerfGE 133, 377)〔2013〕 〔松原 光宏〕
26 育児手当における外国人除外条項の合憲性―バイエルン州育児手当事件―(BVerfGE 130, 240)〔2012〕 〔難波 岳穂〕
27 親手当法の外国人受給除外規定の違憲性―「外国人に対する親手当」決定―(BVerfGE 132, 72)〔2012〕 〔根森 健〕

■意見表明の自由、プレス・放送の自由(GG5条1項・2項)
28 憲法擁護庁報告とプレスの自由―ユンゲ・フライハイト決定―(BVerfGE 113, 63)〔2005〕 〔斎藤 一久〕
29 一般的法律の留保とその例外―ヴンジーデル決定―(BVerfGE 124, 300)〔2009〕 〔土屋 武〕
30 有名人の私生活と写真報道の自由―カロリーヌ第3事件―(BVerfGE 120, 180)〔2008〕 〔鈴木 秀美〕
31 公務員による秘密漏洩と取材源秘匿権―キケロ判決―(BVerfGE 117, 244)〔2007〕 〔鈴木 秀美〕
32 法廷でのテレビカメラ取材制限と放送の自由(BVerfGE 119, 309)〔2007〕 〔鈴木 秀美〕
33 放送受信料確定手続と放送の自由―第2次放送受信料判決―(BVerfGE 119, 181)〔2007〕 〔杉原 周治〕

■芸術・学問の自由(GG5条3項)
34 芸術の自由と人格権―エスラ決定―(BVerfGE 119, 1)〔2007〕 〔上村 都〕
35 信仰からの離脱を理由とする神学部の大学教員の配置換えの合憲性―リューデマン決定―(BVerfGE 122, 89)〔2008〕 〔千國 亮介〕
36 遺伝子工学法の合憲性(BVerfGE 128, 1)〔2010〕 〔玉蟲 由樹〕

■集会の自由(GG8条)
37 集会の自由とラントによる集会規制立法―2008年バイエルン集会法の一部を停止する仮命令―(BVerfGE 122, 342)〔2009〕 〔大森 貴弘〕
38 フランクフルト飛行場における集会・デモ規制―フラポート判決―(BVerfGE 128, 226)〔2011〕 〔石村 修〕

■通信の秘密(GG10条)
39 少年行刑の特殊性に即した法律の根拠の必要性(BVerfGE 116, 69)〔2006〕 〔丸山 敦裕〕
40 プロバイダのメールサーバ上にある電子メールの差押と通信の秘密(BVerfGE 124, 43)〔2009〕 〔宮地 基〕
41 通信履歴保存義務と通信の秘密(BVerfGE 125, 260)〔2010〕 〔カール=フリードリッヒ・レンツ〕
42 通信サービスの利用者データの保存義務と「アクセス・コード」の提供義務の合憲性(BVerfGE 130, 151)〔2012〕 〔實原 隆志〕

■職業の自由(GG12条1項)
43 弁護士の成功報酬の禁止(BVerfGE 117, 163)〔2006〕 〔神橋 一彦〕
44 装蹄法による職業規制の合憲性(BVerfGE 119, 59)〔2007〕 〔赤坂 正浩〕
45 受動喫煙からの保護と飲食店での喫煙規制―禁煙法判決―(BVerfGE 121, 317)〔2008〕 〔井上 典之〕
46 公証人の職業の自由と国家の監督責任(BVerfGE 131, 130)〔2012〕 〔高橋 雅人〕

■所有権の保障(GG14条1項)
47 所得税・営業税と「五公五民原則」(BVerfGE 115, 97)〔2006〕 〔畑尻 剛〕
48 年金制度に編入されたドイツ系帰還民(アウスジードラー)の年金額削減と年金期待権(BVerfGE 116, 96)〔2006〕 〔浮田 徹〕

■法人の基本権享有主体性(GG19条3項)
49 EU域内の法人の基本法上の基本権享有主体性―ル・コルビュジェ決定―(BVerfGE 129, 78)〔2011〕 〔兼平麻渚生〕

■実効的権利保護(GG19条4項)
50 法規命令に対する実効的権利保護の保障と憲法異議の補充性―栽培植物調整支払金事件―(BVerfGE 115, 81)〔2006〕 〔石塚壮太郎〕

Ⅱ 統治の原理と機関〔Art. 20 GG‐Art. 115 GG〕

■自然的生活基盤の保護義務(GG20a条)
51 国家目標規定と動物保護委員会(審議会)意見聴取手続―産卵鶏飼育の命令違憲決定―(BVerfGE 127, 293)〔2010〕 〔藤井 康博〕

■民主制原理・社会国家原理・法治国家原理(GG20条)
52 法案審議合同協議会の権限の範囲(BVerfGE 120, 56)〔2008〕 〔赤坂 幸一〕
53 人間の尊厳と最低限度の生活の保障―ハルツⅣ(HartzⅣ)判決―(BVerfGE 125, 175)〔2010〕 〔工藤 達朗〕
54 庇護申請者の生活保護に関する違憲判決(BVerfGE 132, 134)〔2012〕 〔大西 楠・テア〕
55 責問制限禁止原則の放棄と裁判官による法発見の限界(BVerfGE 122, 248)〔2009〕 〔玉蟲 由樹〕
56 租税法規の遡及効と信頼保護原則(BVerfGE 127, 1)〔2010〕 〔松原 有里〕
57 違法収集個人情報の刑事裁判における証拠利用(BVerfGE 130, 1)〔2011〕 〔押久保倫夫〕
58 官吏恩給法の法律解釈の遡及的変更(BVerfGE 131, 20)〔2012〕 〔三宅 雄彦〕

■政党の憲法的地位(GG21条)
59 欧州議会選挙法の阻止条項に関する選挙審査抗告―5%阻止条項事件―(BVerfGE 129, 300)〔2011〕 〔彼谷 環〕

■欧州連合(GG23条)
60 Solange Ⅱ決定と指令の国内実施法律―排出量取引事件―(BVerfGE 118, 79)〔2007〕 〔中西優美子〕
61 欧州統合とドイツ基本法―リスボン条約判決―(BVerfGE 123, 267)〔2009〕 〔門田 孝〕
62 ドイツ連邦憲法裁判所によるEU機関の行為に対する権限踰越コントロール―Honeywell事件―(BVerfGE 126, 286)〔2010〕 〔中西優美子〕
63 EU法の国内実施法律に関する連邦憲法裁判所への移送と欧州司法裁判所への付託(BVerfGE 129, 186)〔2011〕 〔兼平麻渚生〕
64 欧州安定制度に関する仮処分判決(BVerfGE 132, 195)〔2012〕 〔カール=フリードリッヒ・レンツ〕

■集団安全保障(GG24条)
65 トルコ上空AWACS偵察飛行への派兵と議会留保(BVerfGE 121, 135)〔2008〕 〔村西 良太〕

■州およびゲマインデの憲法的秩序(GG28条1項)
66 ゲマインデの営業税賦課率決定と自治体財政権(BVerfGE 125, 141)〔2010〕 〔上代 庸平〕

■公務就任権・職業官吏制原則(GG33条)
67 待機期間延長による官吏恩給の減額(BVerfGE 117, 372)〔2007〕 〔三宅 雄彦〕
68 司法精神科病院の民営化の許容性(BVerfGE 130, 76)〔2012〕 〔高橋 雅人〕
69 ヘッセン州教授給与違憲判決事件(BVerfGE 130, 263)〔2012〕 〔松原 光宏〕

■連邦議会の選挙・選挙権・議員の地位(GG38条1項)
70 ドイツ連邦議会議員法2005年改正の合憲性―議員職の中心化規律と副業・副収入の透明性規律―(BVerfGE 118, 277)〔2007〕〔前硲 大志〕
71 連邦議会解散後における選挙審査抗告の可否(BVerfGE 122, 304)〔2009〕〔森 保憲〕
72 連邦議会選挙におけるコンピューター制御の投票機導入の違憲性(BVerfGE 123, 39)〔2009〕 〔浮田 徹〕
73 追加選挙と本選挙の暫定的な選挙結果公表による情報格差の合憲性(BVerfGE 124, 1)〔2009〕 〔大岩慎太郎〕
74 諜報部局による連邦議会議員の情報収集についての議員の質問権(BVerfGE 124, 161)〔2009〕 〔毛利 透〕
75 人口比例に基づく議席配分規定の合憲性―選挙区割りにおける未成年者(ドイツ人非有権者)の算入―(BVerfGE 130, 212)〔2012〕 〔永田 秀樹〕
76 議員の委員会審議参与権(BVerfGE 130, 318)〔2012〕 〔棟居 快行〕
77 在外ドイツ人の選挙権制限の違憲性(BVerfGE 132, 39)〔2012〕 〔林 知更〕
78 議席配分規定における「負の投票価値」の効果と超過議席―連邦選挙法6条1項一部違憲無効判決―(BVerfGE 131, 316)〔2012〕 〔土屋 武〕

■調査委員会(GG44条)
79 連邦議会調査委員会による情報提出要請の連邦政府による拒否の合憲性―連邦情報局(BND)調査委員会事件―(BVerfGE 124, 78)〔2009〕 〔柴田 尭史〕

■条約に対する立法府の同意権(GG59条2項)
80 トーネード偵察機アフガニスタン派遣と連邦議会(BVerfGE 118, 244)〔2007〕 〔水島 朝穂〕

■連邦の立法権限(GG73条)
81 テロ攻撃撃退のための軍隊出動についての合同部決定―「航空安全法」合同部決定―(BVerfGE 132, 1)〔2012〕 〔小野寺邦広〕

■連邦憲法裁判所の構成及び組織(GG94条)
82 連邦憲法裁判所裁判官の間接選出の合憲性(BVerfGE 131, 230)〔2012〕 〔岡田 俊幸〕

■財政調整(GG107条)
83 ラント間財政調整における連邦財政原理(BVerfGE 116, 327)〔2006〕 〔上代 庸平〕

Ⅲ 経過規定および終末規定〔Art. 116 GG‐Art. 146 GG〕

■宗教条項(GG140条)
84 日曜・祝日の保護―ベルリン・アドヴェント日曜日判決―(BVerfGE 125, 39)〔2009〕 〔武市 周作〕

〔附録〕(巻末)
①基本用語集〔川又伸彦・高橋雅人・上代庸平・土屋武・千國亮介・高田倫子・兼平麻渚生〕
②連邦憲法裁判所関係文献 〔畑尻剛・土屋武〕
③連邦憲法裁判所裁判官一覧表および変遷表〔川又伸彦〕
④連邦憲法裁判所の事案受理件数一覧表(1951年~2017年)〔川又伸彦〕
⑤連邦憲法裁判所の事案処理件数一覧表(1951年~2017年)〔川又伸彦〕
⑥現代ドイツ公法学者系譜図(Ⅰ~Ⅳ)〔資料提供 Nomos Verlag〕
⑦ドイツの裁判権と出訴経路の概観図〔編集委員会〕
⑧連邦首相の選任手続〔宮村教平〕
⑨立法過程の概観〔服部高宏〕

〔索引〕(巻末)
判例索引〔土屋武・高橋雅人・鈴木秀美〕
基本法条文索引〔斎藤一久・松本奈津希・村山美樹・山本和弘〕
邦語事項索引〔斎藤一久・松本奈津希・村山美樹・山本和弘〕
独語事項索引〔斎藤一久・松本奈津希・村山美樹・山本和弘〕

 初出一覧(巻末)

このページのトップへ

内容説明

憲法学の基本文献 ― ドイツの憲法判例について、体系的に検討したシリーズ第4弾<解説・資料・索引付>
 
『ドイツの憲法判例(第2版)』、『ドイツの憲法判例Ⅱ(第2版)』、『ドイツの憲法判例Ⅲ』に続く、待望のシリーズ第4弾。主として2006年~2012年までのドイツ連邦憲法裁判所の重要判例84件を解説。また、巻末の資料、用語集、各種索引も益々充実化して、更に使い易くなった憲法学の基本文献。憲法・行政法等の研究、実務に必備。
 

このページのトップへ

関連書籍

ドイツの憲法判例(第2版)

ドイツの憲法判例(第2版)

ドイツの主要憲法判例94件の解説

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
根森 健 編集代表
 
ドイツの憲法判例 Ⅱ(第2版)

ドイツの憲法判例 Ⅱ(第2版)

1985-1995年の重要判例の解説

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
石村 修 編集代表
 
 
ドイツの憲法判例 Ⅲ

ドイツの憲法判例 Ⅲ

1996~2005年の主要86判例を掲載

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
嶋崎 健太郎 編集代表
 
シュテルン ドイツ憲法Ⅰ 総論・統治編

シュテルン ドイツ憲法Ⅰ 総論・統治編

ドイツ国法学の理論的到達点を示す

 
 
シュテルン ドイツ憲法Ⅱ 基本権編

シュテルン ドイツ憲法Ⅱ 基本権編

ドイツ国法学の理論的到達点を示す

 
 
規範力の観念と条件

規範力の観念と条件

憲法の持つ現実的意義とは何か

著者:ドイツ憲法判例研究会
古野 豊秋 編集代表
三宅 雄彦 編集代表
 
憲法の規範力と憲法裁判 

憲法の規範力と憲法裁判 

憲法裁判の果たす役割とは何か

著者:ドイツ憲法判例研究会
戸波 江二 編集代表
畑尻 剛 編集代表
 
 
憲法の規範力とメディア法

憲法の規範力とメディア法

憲法とメディアについての最新理論

 
憲法の規範力と行政

憲法の規範力と行政

〈憲法の規範力〉と様々な行政作用

 
 
日独憲法学の創造力 上─栗城壽夫先生古稀記念

日独憲法学の創造力 上─栗城壽夫先生古稀記念

核心に迫る論題から最新の問題まで

著者:樋口 陽一 編集代表
上村 貞美 編集代表
戸波 江二 編集代表
 
日独憲法学の創造力 下─栗城壽夫先生古稀記念

日独憲法学の創造力 下─栗城壽夫先生古稀記念

核心に迫る論題から最新の問題まで

著者:樋口 陽一 編集代表
上村 貞美 編集代表
戸波 江二 編集代表
 
 
十九世紀ドイツ憲法理論の研究

十九世紀ドイツ憲法理論の研究

ドイツ憲法学の生成から憲法を考究する

著者:栗城 壽夫
 
 
ドイツ憲法集(第7版)

ドイツ憲法集(第7版)

約6年ぶりの改訂版!

著者:高田 敏 編訳
初宿 正典 編訳
 
 
憲法(第5版)

憲法(第5版)

ポイントをおさえた憲法の基本書

 
プロセス演習 憲法(第4版)

プロセス演習 憲法(第4版)

法科大学院用憲法教材の第4版

著者:LS憲法研究会
棟居 快行 編集代表
工藤 達朗 編集代表
小山 剛 編集代表
 
 
憲法解釈演習(第2版)

憲法解釈演習(第2版)

通説・判例を武器に解く問題演習書

著者:棟居 快行
 
判例トレーニング憲法

判例トレーニング憲法

最高裁の論証作法に注目する判例教材

 
 
憲法学の可能性

憲法学の可能性

時代を捉え、新たな憲法学の方向性を提示

著者:棟居 快行
 
憲法学再論

憲法学再論

現代憲法学の先端問題を鋭く分析

著者:棟居 快行
 
 
人権論の新構成(新装第2刷)

人権論の新構成(新装第2刷)

人権論の理論的現状突破をめざす論集

著者:棟居 快行
 
放送の自由(増補第2版)

放送の自由(増補第2版)

インターネットなど技術革新に対応

著者:鈴木 秀美
 
 
立憲国家と憲法変遷

立憲国家と憲法変遷

憲法学の基礎概念に関する理論的研究

著者:赤坂 正浩
 
世紀転換期の憲法論

世紀転換期の憲法論

近年の社会・政治動向と立憲民主制の真価

著者:赤坂 正浩
 
 
行政訴訟と権利論〔新装第2刷〕

行政訴訟と権利論〔新装第2刷〕

多極化する行政法上の法関係

著者:神橋 一彦
 
憲法学の倫理的転回

憲法学の倫理的転回

憲法を支える我々の意志と行為

著者:三宅 雄彦
 
 
憲法講義(人権)

憲法講義(人権)

憲法上の権利を最小単位に分類、説明

著者:赤坂 正浩
 
行政救済法(第2版)

行政救済法(第2版)

★人気書が充実化、待望の改訂!!★

著者:神橋 一彦
 
 

このページのトップへ