【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 租税正義と国税通則法総則

租税正義と国税通則法総則  新刊

租税正義と国税通則法総則

実質的租税法律主義を定礎に法実証主義に立ち返り、租税法の憲法化と民法の準用により、社会問題を法的問題として、法的解決を試みる

著者 木村 弘之亮
酒井 克彦
ジャンル 法律 > 行政法
法律 > 行政法 > 税法
出版年月日 2018/09/30
ISBN 9784797256949
判型・ページ数 A5変・528ページ
定価 本体12,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

<編 者>
木村弘之亮:Dr.木村国際税理法律事務所(弁護士)、慶應義塾大学大学院法学研究科教授、日本大学大学院教授
酒井克彦:中央大学商学部教授
 
<執筆者>
首藤重幸:早稲田大学法学学術院教授
岸田貞夫:聖学院大学大学院客員教授
山下 学:立正大学法学部教授(立正大学大学院法学研究科教授兼任)
手塚貴大:広島大学法学部教授
山本敬生:鹿児島県立短期大学准教授
塩入みほも:駒澤大学法学部准教授

 - - - - - -

【目 次】


・はしがき


◆第1章 租税正義―序文に代えて ………………………〔木村弘之亮〕…3

1 法実証主義の桎梏:悪法も法なり …………………………………………3
2 法実証主義からの転換:正義の復権 ………………………………………8
3 法の3 理念 …………………………………………………………………10
⑴ 正  義(10) ⑵ 合目的性(12) ⑶ 法的安定性(14)
4 租税正義:平等としての正義 ……………………………………………24
⑴ 序  説(24) ⑵ 形式的平等と実質的平等(24)
⑶ 租税行政手続法上の正義(26) ⑷ 法適用の平等としての正義(47)
5 立法による租税正義 ………………………………………………………48
⑴ 正義と租税正義(48) ⑵ 現在の方法論(49)
⑶ 裁判官法の正義機能(49) ⑷ 租税正義の諸原則(49)
⑸ 租税優遇措置について(50) ⑹ 家族のための租税正義(50)
⑺ 社会保障年金に係る課税(50)
6 司法による租税正義:法律と良心 ………………………………………51
⑴ 日本国憲法84 条の意義(51)
⑵ 日本国憲法76 条3 項に定める「良心」及び「憲法と法律」(52)
7 実質的租税法律主義と租税正義 …………………………………………53
⑴ 形式的法治国の原則から実質的法治国の原則へ(53)
⑵ 形式的租税法律主義から実質的租税法律主義へ(54)
8 結  語 ……………………………………………………………………55

◆第2章 租税法における遡及効立法の限界 …………〔首藤 重幸〕…59

1 はじめに …………………………………………………………………59
⑴ アメリカにおける租税遡及立法の動向(60)
⑵ 遡及的損益相殺廃止規定(平成16 年)の登場までの遡及立法
 禁止が問題とされた若干の事例(62)
2 遡及立法の定義 ……………………………………………………………65
3 ドイツ連邦憲法裁判所2010 年の3 決定 …………………………………67
4 損益通算の遡及的廃止規定と二つの最高裁判決 ………………………70
⑴ 訴訟提起(70)
⑵ 判決で認定された立法までの経緯と立法目的(71)
⑶ 判決の結論(多数意見)(73) ⑷ 補足意見(75)
⑸ 二つの平成23 最判の検討(76)
5 結  語 ……………………………………………………………………81

◆第3章 権利濫用 …………………………………………〔木村弘之亮〕…83

1 租税回避と濫用 ……………………………………………………………83
⑴ 租税回避(83) ⑵ 立ち入り禁止(103)
2 租税回避と濫用の法理:スイス学説の紹介 ……………………………109
⑴ 租税回避と経済的観察法の相互関係(109)
⑵ 目的的解釈論の運用(112) ⑶ 法適用における制度濫用論(114)
⑷ 法律行為の解釈と法律の解釈との識別(129)
3 制度濫用の法理 ……………………………………………………………131
⑴ 問題提起:外国税額控除余裕枠利用(大和銀行=りそな銀行)
 事件判決(131)
⑵ 公権の不存在を前提とする,制度濫用論(136)
⑶ 制度濫用の法理:内在説(141) ⑷ 本件への適用(152)
⑸ 最二判平成17 年12 月19 日の位置づけと評価(162)
4 結  語 ……………………………………………………………………188

◆第4章 公序良俗と強行法規の違反 …………………〔岸田 貞夫〕…197

1 公序良俗に反する行為とは ………………………………………………197
⑴ 公徐良俗に反する行為とは(197)
2 公序良俗等に反する行為の税法上の効果
―所得等及び費用等の一般論を中心として ……………………………198
⑴ 公序良俗等に反する行為による経済的利益が課税対象所得
 になるか(199)
⑵ 違法行為に係る支出の費用性等 ―一般論を中心として(201)
3 公序良俗,強行法規に反する行為にかかる支出の扱い ………………203
⑴ 損金算入説(203) ⑵ 損金性否定説(205)
4 現在のあるべき対応,解釈論 ……………………………………………215

◆第5章 無効な法律行為 ― 租税法上の所得概念との関係 …………〔山下 学〕…219

1 はじめに …………………………………………………………………219
2 無効な法律行為 ……………………………………………………………219
⑴ 民法の規定する無効な法律行為(219)
⑵ 無効と取消し(220) ⑶ 無効と取消しの差異(222)
3 無効な行為による所得の租税法上の解釈 ………………………………222
⑴ 租税法上の所得概念の解釈(222)
⑵ 不法原因等による利得 ―貸金業法の改正(223)
⑶ 窃盗や横領等による所得(225) ⑷ 主な学説の展開(226)
4 無効な所得に対する理論の成熟と実務の乖離 …………………………229
⑴ 無効な所得に対する課税理論(229)
⑵ 無効な行為による所得を現実に把握しうるか ―実務上の問題点(229)
5 租税法を現行法体系の中で解釈すること等の困難 ……………………235
⑴ 税地政学(235) ⑵ 税地政学とは(236)
⑶ 法人税法を例として(238)
6 おわりに …………………………………………………………………242

◆第6章 通謀虚偽表示 ……………………………………〔手塚 貴大〕…245

1 検討の視角 …………………………………………………………………245
⑴ 通謀虚偽表示と課税関係 ―真実の法律関係を指向する課税―(245)
⑵ 私法と課税理論 ―私法関係準拠主義の意義―(246)
2 通謀虚偽表示と租税法解釈論との関係 …………………………………247
⑴ 租税法解釈論における通謀虚偽表示の位置づけ(247)
⑵ 契約の解釈に係る射程
―私法上の法律構成による否認論も含めて―(248)
3 通謀虚偽表示と課税に係る実例 …………………………………………255
⑴ 通謀虚偽表示の認定に係るもの(255)
⑵ 契約の解釈 ―通謀虚偽表示と隣接するもの―(262)
4 結  語 ……………………………………………………………………266

◆第7章 帰 属 ……………………………………………〔木村弘之亮〕…269

1 問題提起 …………………………………………………………………269
⑴ はじめに(269) ⑵ 基礎概念の概略(271)
2 所得税法12 条等の歴史的・比較法的解釈 ……………………………273
⑴ 1919 年独ライヒ租税通則法80 条(273) 
⑵ 1934 年独租税調整法11 条(281) 
⑶ 1977 年独租税通則法39 条(287) ⑷ 資産は権利者に帰属(295) 
⑸ 事実上の支配の基準性(特則のメルクマール)(295)
3 実質所得者課税説の誕生 …………………………………………………297
⑴ 杉村章三郞(訳)『獨逸租税法論』(297) 
⑵ 杉村章三郞『租税法学概論』(299) 
⑶ 国税通則法の制定に関する昭和36 年答申(300) 
⑷ 条文見出しの迷走(303) ⑸ 金子宏「市民と租税」(307) 
⑹ 通 説 化(313)
4 所得税法12 条等の意義 …………………………………………………317
⑴ 資産の人的帰属にかかる現行租税法の規範構造(317) 
⑵ 本  則(343) ⑶ 特  則(344) 
⑷ 合有関係の場合における持分割合に応じた資産の帰属(345) 
⑸ 固定資産税の場合における資産の帰属:特別法は一般法を廃す(345)
5 資産帰属原則の例 …………………………………………………………349
⑴ 資産帰属本則の例(349) ⑵ 資産帰属特則の例(350)
6 資産の帰属原則の及ぼす派生効果 ………………………………………388
⑴ 原  則(389) ⑵ リース借主が実質的権利者(390) 
⑶ リース貸主が実質的権利者(393) ⑷ 立証責任(396) 
7 結  語 ……………………………………………………………………397
⑴ 本考察の帰結(397) ⑵ 資産の帰属ルールの純化案(398) 
⑶ その提案理由(400) 

◆第8章 租税回避否認規定と民法規定 ― 一般的租税回避否認規定と包括的租税回避否認規定― …………………………〔酒井 克彦〕…405

1 はじめに …………………………………………………………………405
2 租税回避否認と濫用論 ……………………………………………………406
⑴ 私法制度の解釈適用と租税回避(406) ⑵ 私法制度の濫用問題(409)
⑶ 租税法制度の濫用問題(411) ⑷ 小  括(413)
3 同族会社等の行為計算の否認規定 ………………………………………414
⑴ 一般的租税回避否認規定か包括的租税回避否認規定か(414)
⑵ 同族会社等の行為計算の否認のターゲット(420)
⑶ 租税回避否認規定の機能(423)
4 一般的租税回避否認規定と信義誠実の原則 ……………………………424
⑴ 信義誠実の原則(424)
⑵ 信義誠実の原則と租税回避否認規定(425)
5 諸外国におけるGAAR …………………………………………………426
⑴ 一般的租税回避否認規定:世界の潮流(426)
⑵ 各国における一般的租税回避否認規定(427)
⑶ 我が国へのインプリケーション(431)
6 結びに代えて ………………………………………………………………431

◆第9章 租税法解釈原理の再検証 ― 一最高裁判例を素材として― ………〔山本 敬生〕…435

1 問題の所在 …………………………………………………………………435
2 通説の解釈原理の再検証 …………………………………………………437
3 租税法解釈に関する最高裁判例の検討 …………………………………439
⑴ はじめに(439) ⑵ レーシングカー事件最高裁判決(439)
⑶ ガイアックス事件最高裁判決(447)
⑷ ホステス報酬計算期間事件最高裁判決(450)
⑸ 養老保険契約保険料控除事件最高裁判決(455)
⑹ 総  括(460)
4 仕組み解釈の可能性 ………………………………………………………461
5 結  語 ……………………………………………………………………463

◆第10章 租税法律関係と行政行為 ……………………〔塩入みほも〕…465

1 序  論 ―租税法律関係論の歴史的背景 ………………………………465
2 租税権力関係説 ……………………………………………………………469
⑴ ライヒ租税通則法制定前の理論 ―旧学派(471)
⑵ ライヒ租税通則法制定後の理論 ―新学派(474)
3 租税債務関係説 ……………………………………………………………478
⑴ ヘンゼルの理論(479) ⑵ その他の租税債務関係論者(486)
4 ドイツ行政法学における法関係論の展開と行政行為概念の変革
―権力関係から権利義務関係への転換― ……………………………489
5 わが国における行政法律関係及び租税法律関係に関する理論 ………493
6 「権力」概念の多義性 ……………………………………………………499
7 国税通則法の債務関係的構成と現状 ……………………………………501
8 総  括 ……………………………………………………………………505


・あとがき(509)

このページのトップへ

内容説明

正義を指向する法実証主義へ
 
「国税通則法は、不可避的に、様々な態様の「法律の欠缺」を包含する。本書は、実質的租税法律主義を定礎している、正義を指向する法実証主義に立ち返り、租税法の憲法化と民法の準用とにより、日常生起している社会問題を法的問題として把握し直し、法的に解決せんと試みるものである。」(はしがきより)。開かれた租税法学を拓く、必読・お薦めの論稿群。

 

 

このページのトップへ