【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 行政法研究 第26号

行政法研究 第26号

行政法研究 第26号

行政法理論の基層を探求する行政法専門誌第26号。宇賀による巻頭言「所有者不明土地問題について」のほか5篇を収録。

著者 宇賀 克也 責任編集・著
小林 博志
寺田 麻佑
村西 良太
山田 哲史
足立 治朗
仲野 武志
ジャンル 法律  > 行政法
法律  > 民法
法律  > 民事訴訟法/民事執行法/民事保全法/倒産法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2018/09/30
ISBN 9784797268768
判型・ページ数 菊判変・208ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 『行政法研究 第26号』

  宇賀克也(東京大学大学院法学政治学研究科教授) 責任編集

【目  次】


<巻頭言>所有者不明土地問題について〔宇賀克也〕

◆論 説◆

◆1 不明所有者と裁定―土地所有者不明問題から―〔小林博志〕

 はじめに
 Ⅰ 所有者不明問題と行政手法
 Ⅱ 裁定と行政法学
 Ⅲ 小  括

◆2 先端技術と規制―技術の発展に対応する規制手法と行政組織―〔寺田麻佑〕

 Ⅰ はじめに―先端技術の発達と利用によって複層化・複雑化する社会
 Ⅱ 変化の大きな問題状況に関する現状
 Ⅲ 規制手法と行政組織
 Ⅳ おわりに

◆3 「独立命令」全面違憲論の批判的考察〔村西良太〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 行政法学説における「独立命令」
 Ⅲ 憲法学説における「独立命令」
 Ⅳ おわりに

◆4 本質性理論再論―法律による捜査活動規制論の準備作業として―〔山田哲史〕

 Ⅰ 本稿の目的
 Ⅱ 本質性理論の基本枠組
 Ⅲ 本質性の判断基準
 Ⅳ ま と め

◆5 所謂国家有機体論の再定位〔足立治朗〕

 Ⅰ 国家有機体論/同輩的性格(Genossenschaft)/法律学的鬱病
  ―Otto von Gierkeの所説から
 Ⅱ 歴史法学/国法学の「法学的」方法/所謂ゲルマン的所有権
  ―Paul Labandの所説から
 Ⅲ 学術的独創性・新規性/意志理論/支配的性格(Herrschaft)
  ―Carl Friedrich Göschelの所説から

◆行政法ポイント判例解説
 
 厚木基地(行政)訴訟
 ・・・最判平28・12・8民集70巻8号1833頁〔仲野武志〕

----------------------------------------------------------------------

Gyoseiho-kenkyu
[Review of administrative law -Revue de droit administratif -Zeitschrift für Verwaltungsrecht]

Edited by Katsuya Uga

No.26
September 2018


【Foreword】
Owner Unknown Land Problems Katsuya UGA

【Articles】
1 The Unknown Owner and the Arbitration Ruling ―The Problem of Unknown Land Owner
Hiroshi KOBAYASHI

2 Advanced Technology and Regulation
  ― Regulatory Approach and Administrative Organizations that Correspond to the Development of Technology
Mayu TERADA

3 Verteilung von Rechtsetzungsgewalt zwischen Legislative und Exekutive nach dem japanischen Verfassungsrecht
Ryota MURANISHI

4 Noch einmal, Wesentlichkeitstheorie: Vorbereitung für Erörterung zum Thema gesetzlicher Kontrolle von Ermittlungsmaßnahmen Satoshi YAMADA

5 Die Lehre vom Staat als Organismus, streng genommen
Jiro ADACHI

【Case note】
Atsugi Base (Administrative Case), Supreme Court Judgment of Dec. 8, 2016 Takeshi NAKANO

このページのトップへ

内容説明

益々充実の研究雑誌 ― 本号も重要な対談や、高質の論文・判例評釈を掲載し、行政法学の未来を拓く!

26号は、宇賀による巻頭言「所有者不明土地問題について」、不明所有者と裁定に関する小林論文、先端技術と規制に関する寺田論文、「独立命令」全面違憲論に関する村西論文、本質整理論に関する山田論文、所謂国家有機体論に関する足立論文、の5論攷を収録。加えてポイント判例解説は、仲野による厚木基地(行政)訴訟の評釈を収録。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ