【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 日本の海洋政策と海洋法

日本の海洋政策と海洋法  新刊

学術選書179

日本の海洋政策と海洋法

海洋進出を強める中国の動きにどう権益を守るか? 日本の果たすべき役割と21世紀海洋秩序の構築と課題、日本の海洋政策を考究する

著者 坂元 茂樹
ジャンル 法律 > 国際法/国際関係/国際私法
シリーズ 法律・政治 > 学術選書
出版年月日 2018/08/31
ISBN 9784797267792
判型・ページ数 A5変・548ページ
定価 本体8,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 『日本の海洋政策と海洋法(学術選書178)』

  坂元茂樹(同志社大学法学部教授) 著

【目  次】

はしがき

◇第Ⅰ部 領  海◇

◆第1章 日本の領海と海上保安

 1 はじめに
 2 領海における外国船舶の無害通航権
  (1) 通航に関する国連海洋法条約
  (2) 通航に関する日本法制
 3 沿岸国の権能
  (1) 執行管轄権の行使
  (2) 外国船舶に対する裁判権
  (3) 沿岸国の保護権
  (4) 沿岸国による執行措置
 4 海上保安庁法の体制
 5 おわりに

◆第2章 不審船への対応――無害でない通航を防止するための必要な措置

 1 はじめに
 2 無害でない通航と沿岸国法令の関係
 3 無害でない通航を防止するための海上保安庁法の体制
 4 不審船に対する対応――国際法の立場から
  (1) 継続追跡のあり方
  (2) 危害射撃のあり方
 5 おわりに

◆第3章 日本と国際海峡

 1 はじめに
 2 国際海峡制度と日本の対応
 3 日本の海域を取り巻く現状と課題
  (1) 外国船舶航行法と無害通航権について
  (2) 潜水艦の潜水航行について
 4 ホルムズ海峡の通過通航権をめぐる米国とイランの対立
  (1) 通過通航権の法的地位
  (2) 平和安全法制における国際海峡の機雷掃海をめぐる議論
  (3) 武力紛争時における国際海峡の法的地位
 5 おわりに

◇第Ⅱ部 排他的経済水域◇

◆第4章 排他的経済水域での沿岸国の同意なき海洋の科学的調査と資源探査――政府公船の場合の対応措置

 1 はじめに
 2 海洋の科学的調査に関する海洋法条約の体制
  (1) 調査国に有利な条文から成る第1の類型
  (2) 科学的調査の規制を求める条文から成る第2の類型
 3 わが国の基本的立場と抱える問題
  (1) 海洋基本法とガイドライン
  (2) わが国が抱える問題
  (3) 公船の主権免除に関する検討
 4 係争海域における海洋の科学的調査と資源探査
  (1) 中  国
  (2) 韓  国
 5 各国の海洋の科学的調査と資源探査に関する法規制
 6 わが国の法規制のあり方――鉱業法の改正
 7 おわりに

◆第5章 排他的経済水域における情報収集活動と軍事演習

 1 はじめに
 2 アジア海域における3つの事件
  (1) EP―3偵察機事件(2001年)
  (2) インペッカブル(Impeccable)号事件(2009年)
  (3) 九州南西海域工作船事件(2001年)
 3 提起された国連海洋法条約上の論点
  (1) 情報収集活動に対する沿岸国の規制
  (2) 軍事演習に対する沿岸国の規制
 4 海洋法条約における「平和的目的」の解釈
 5 おわりに

◇第Ⅲ部 公  海◇

◆第6章 公海漁業の規制と日本の対応――IUU漁業をめぐって

 1 はじめに
 2 IUU漁業に対するFAOの取組み
 3 IUU漁業に対する国際的規制
 4 IUU漁業に対する法的規制――包括的で統合的なアプローチ
  (1) 旗国の責任
  (2) 寄港国の責任――違法漁業防止寄港国措置協定(PSMA協定)の締結
  (3) 市場国の責任――貿易関連措置
 5 日本の対応――貿易関連措置を中心に
  (1) まぐろ類の輸入禁止措置
  (2) メロ(マゼランアイナメ)の輸入禁止措置
  (3) カニの輸入禁止の措置
  (4) 国内法の改正――外国人漁業規制法の改正
 6 おわりに

◆第7章 地域漁業管理機関の機能拡大が映す国際法の発展――漁業規制から海洋の管理へ

 1 はじめに
 2 国連海洋法条約による転換
 3 環境問題としての生物資源の持続可能な利用と保存の登場
 4 国連公海漁業協定による発展
 5 地域漁業管理機関合同会合の発足
 6 漁業と海洋環境の調和――新たな対立軸の出現
 7 おわりに

◆第8章 普遍的管轄権の陥穽――ソマリア沖海賊の処罰をめぐって

 1 はじめに
 2 海賊行為に対する国際法の規制
  (1) ハーヴァード草案(1932年)
  (2) 公海条約(1958年)
  (3) 国連海洋法条約(1982年)
 3 海賊に対する普遍的管轄権
  (1) 普遍的管轄権設定の理論的根拠
  (2) 処罰義務を含まない協力義務
  (3) 「引き渡すか訴追するかの義務(aut dedere aut judicare原則)」の不存在
 4 ソマリア沖海賊に対する国連安保理の対応
  (1) 安保理決議1816号――ソマリア沖海賊抑止の決意
  (2) 安保理決議1918号――ソマリア特別法廷検討の指示
 5 国連事務総長報告書の行方――ソマリア特別法廷設置に向けて
  (1) 国連事務総長報告書(2010年7月26日)
  (2) 国連事務総長報告書(2011年6月15日)
 6 おわりに

◆第9章 南極捕鯨事件判決と日本の対応

 1 はじめに
 2 裁判の争点
 3 国際司法裁判所の判決
  (1) 管 轄 権
  (2) 本  案
 4 判決の評価
  (1) 当事者適格(locus standi)の問題
  (2) 第8条の「科学的研究のため(for purposes of scientific research)」の解釈手法
  (3) 鑑定人の役割
 5 南極捕鯨事件判決後のIWCの議論
 6 科学委員会における審議
 7 おわりに

◇第Ⅳ部 東シナ海◇

◆第10章 海洋境界画定と領土紛争

 1 はじめに
 2 海洋境界画定と国連海洋法条約
 3 日韓の海洋境界画定と竹島の影
  (1) 竹島をめぐる領土紛争
  (2) 海洋境界画定をめぐる日韓の対立
 4 日中の海洋境界画定と尖閣諸島の影
  (1) 尖閣諸島をめぐる領土紛争
  (2) 海洋境界画定をめぐる日中の対立
  (3) 共同開発をめぐる法的諸問題
 5 おわりに

◆第11章 海洋をめぐる中国国内法の分析

 1 はじめに――海洋強国をめざす中国
 2 領海及び隣接区域法(1992年2月25日)
 3 無人島保護及び利用管理規定(2003年7月1日)
 4 海島保護法(2009年12月26日)
 5 排他的経済水域及び大陸棚法(1998年6月26日)
 6 おわりに

◆第12章 中国公船に対する対応――外国公船に対する警告等の措置

 1 はじめに
 2 領海の法的性格と日本の関連国内法
 3 外国船舶の無害通航権
 4 外国公船の国際法上の地位と免除
  (1) 警告が行われた事例
  (2) 危害射撃に及んだ事例
 5 武器の使用と国際法
 6 おわりに

◇第Ⅴ部 南シナ海◇

◆第13章 九段線の法的地位――歴史的水域と歴史的権利の観点から

 1 はじめに
 2 南シナ海紛争の現状
 3 歴史的水域又は歴史的権利の観点からみた九段線
  (1) 歴史的水域の概念
  (2) 中国による九段線の主張
  (3) 歴史的水域であるための要件
 4 南シナ海仲裁裁判所の判決
  (1) 訴訟の提起
  (2) 管轄権判決
  (3) 本案判決
 5 おわりに

◆第14章 島の法的地位――南シナ海仲裁判決の第121条3項の解釈をめぐって

 1 はじめに
 2 海洋法条約第121条の構造と解釈
 3 南シナ海仲裁本案判決(2016年7月12日)
  (1) 主  文
  (2) 理由づけ
 4 判決の検討
  (1) 解釈の手法
  (2) 解釈の結果
 5 南シナ海仲裁判決とは異なる国家実行
 6 おわりに――沖ノ鳥島問題を念頭に


索  引

このページのトップへ

内容説明

国際法学会の代表理事等を歴任した信頼の著者による、海洋に関する法的検討

深刻な脅威にさらされている東シナ海・南シナ海。海洋進出を強める中国の動きにどう権益を守るか?海洋立国日本の果たすべき役割と21世紀海洋秩序の構築と課題。

このページのトップへ

関連書籍

人権条約の解釈と適用

人権条約の解釈と適用

国際人権法の研究・実務・学習に必読

著者:坂元 茂樹
 
ブリッジブック国際人権法 (第2版)

ブリッジブック国際人権法 (第2版)

国際人権法の好評テキストの改訂版

 
 
【講座 国際人権法 1】 国際人権法と憲法

【講座 国際人権法 1】 国際人権法と憲法

憲法と国際人権の人権保護の法的内実

著者:芹田 健太郎 編集代表
棟居 快行 編集代表
薬師寺 公夫 編集代表
坂元 茂樹 編集代表
 
【講座 国際人権法 2】 国際人権規範の形成と展開

【講座 国際人権法 2】 国際人権規範の形成と展開

国際法と国内法の人権保護の法的内実

著者:芹田 健太郎 編集代表
棟居 快行 編集代表
薬師寺 公夫 編集代表
坂元 茂樹 編集代表
 
 
【講座 国際人権法 3】 国際人権法の国内的実施

【講座 国際人権法 3】 国際人権法の国内的実施

国内実施に伴う、理論的・実務的問題を析出

著者:芹田 健太郎 編集代表
戸波 江二 編集代表
棟居 快行 編集代表
薬師寺 公夫 編集代表
坂元 茂樹 編集代表
 
【講座 国際人権法 4】 国際人権法の国際的実施

【講座 国際人権法 4】 国際人権法の国際的実施

更なる展開をみせる近年の国際人権法の現状

著者:芹田 健太郎 編集代表
戸波 江二 編集代表
棟居 快行 編集代表
薬師寺 公夫 編集代表
坂元 茂樹 編集代表
 
 
普遍的国際社会への法の挑戦─芹田健太郎先生古稀記念

普遍的国際社会への法の挑戦─芹田健太郎先生古稀記念

研究者、実務家による国際法と国内法の対話

 
現代海洋法の生成と課題

現代海洋法の生成と課題

海洋法の成立前から展開までを分析

著者:林 司宣
 
 
船舶汚染規制の国際法

船舶汚染規制の国際法

船舶による環境汚染規制の基本原則と発展

著者:富岡 仁
 
国際法研究 第6号

国際法研究 第6号

基礎研究から最新情報まで研究・実務に必備

 
 
国際法研究 第5号

国際法研究 第5号

基礎研究から最新情報まで研究・実務に必備

 
国際法研究 第4号

国際法研究 第4号

国際法に関する研究・実務の総合的検討

 
 
国際法研究 第3号

国際法研究 第3号

国際法に関する研究・実務の総合的検討

著者:岩沢 雄司 責任編集
中谷 和弘 責任編集
易 平
福永 有夏
岡田 淳
 
国際法研究 第2号

国際法研究 第2号

国際法に関する研究・実務の総合的検討

 
 
国際法研究 創刊第1号

国際法研究 創刊第1号

国際法に関する研究・実務の総合的検討

 
変転する国際社会と国際法の機能-内田久司先生追悼

変転する国際社会と国際法の機能-内田久司先生追悼

大きく変転する国際社会と国際法のあり方

著者:柳原 正治
 
 
国際法学の諸相 ─ 到達点と展望

国際法学の諸相 ─ 到達点と展望

変動する国際社会に応答する最新理論

著者:江藤 淳一
 
国際法の実践─小松一郎大使追悼

国際法の実践─小松一郎大使追悼

広く第一線の執筆者が集い、小松大使を偲ぶ

 
 
実践国際法(第2版)

実践国際法(第2版)

★人気テキストが待望の改訂!★

著者:小松 一郎
 
国際法実践論集

国際法実践論集

貴重な論稿の数々を1冊に集成

 
 
ヨーロッパ「憲法」の形成と各国憲法の変化

ヨーロッパ「憲法」の形成と各国憲法の変化

EU法と欧州人権条約のもたらす法秩序

著者:中村 民雄
山元 一
 
 
ヨーロッパ地域人権法の憲法秩序化

ヨーロッパ地域人権法の憲法秩序化

動態的・多元的な法の構造と展開

著者:小畑 郁
 
先住民族と国際法 ― 剝奪の歴史から権利の承認へ

先住民族と国際法 ― 剝奪の歴史から権利の承認へ

国際法の視座から先住民の権利の展開を説く

著者:小坂田 裕子
 
 
国際裁判の証拠法論

国際裁判の証拠法論

国際裁判の原理的考察と実務への示唆

著者:中島 啓
 
環境法研究 創刊第1号

環境法研究 創刊第1号

環境法学の構築と理論の実践

 
 

このページのトップへ