【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 環境法研究 第8号

環境法研究 第8号  新刊

環境法研究 第8号

第8号【特集】「原子力賠償、気候変動、景観・里山訴訟」/現代的課題である環境へのリスクを多角的視点から考究する。

著者 大塚 直 責任編集・著
石野 耕也
下村 英嗣
日置 雅晴
越智 敏裕
マチルド・ブトネ
S.マリジャン=デュボア
伊藤 哲夫
ジャンル 法律 > 環境法
シリーズ 法律・政治 > 研究雑誌
出版年月日 2018/08/15
ISBN 9784797266689
判型・ページ数 菊判変・240ページ
定価 本体3,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 『環境法研究 第8号』

  大塚 直(早稲田大学大学院法務研究科教授)責任編集


【目  次】

はしがき〔大塚 直〕


◆◇特集 原子力賠償、気候変動、景観・里山訴訟◇◆


〈原子力賠償〉

◆1◆ 平穏生活権概念の展開―福島原発事故訴訟諸判決を題材として〔大塚 直〕

 Ⅰ 序
 Ⅱ 平穏生活権概念の誕生と展開
 Ⅲ 原子力損害賠償紛争審査会中間指針における整理
 Ⅳ 福島原発事故損害賠償訴訟における平穏生活権
 Ⅴ 平穏生活権の展開と福島原発訴訟判決―分析と展開

〈気候変動〉

◆2◆ 米国大気清浄法に基づく火力発電所炭素排出規制のトランプ政権下での見直しと訴訟の動向〔石野耕也〕

 Ⅰ トランプ政権発足後の環境規制緩和に向けた動き
 Ⅱ 大統領令後、訴訟の動き
 Ⅲ Cleam Power Plan撤回案
 Ⅳ 規則提案事前告知の好評、その後

◆3◆ 気候変動時代の環境法の課題〔下村英嗣〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 気候変動の影響と適応
 Ⅲ 気候変動時代の環境法
 Ⅳ 気候変動に対する環境法の適応能力
 Ⅴ 気候変動に対応するための環境法の主な課題
 Ⅵ むすびにかえて―将来の展望

〈景観・里山訴訟〉

◆4◆ 景観・まちづくり訴訟の動向〔日置雅晴〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 景観を巡る訴訟の動向
 Ⅲ 都市計画や建築確認を巡る訴訟の動向
 Ⅳ まちづくり権訴訟の動向

◆5◆ 里山訴訟の現状分析〔越智敏裕〕

 Ⅰ 概  観
 Ⅱ 若干の裁判例の検討
 Ⅲ ま と め

〈翻 訳〉

◆6◆ 民事責任法における生態学的損害の回復〔M.オトロー=ブトネ[大塚直=佐伯誠 訳]〕
    Mathilde Hautereau-Boutonnet Professeure à lʼUniversité Jean Moulin, Lyon 3

 Ⅰ 生態学的損害回復制度の実体的要件
 Ⅱ 生態学的損害回復制度の手続的要件

◆7◆ 環境損害に関する国際訴訟と国家責任―最近の発展と展望〔S.マリジャン=デュボア[鶴田順=小島恵 訳]〕 Sandrine Maljean-Dubois, Director of research at CNRS

 Ⅰ 「伝統的な」国家責任の拡大
 Ⅱ ソフトな責任の進展
 Ⅲ 健全な環境に対する権利の国際的保護の展開

〈立法研究〉

◆放射性物質による環境汚染と環境法・組織の変遷〔伊藤哲夫〕

 はじめに
 第1章 原子力基本法の体系下における取組
  Ⅰ 原子力発電の利用の始まりと日本の対応
  Ⅱ 科学技術庁による原子力行政の一元的実施
  Ⅲ 原子力行政に対する不信の増大と権限の移行
 第2章  環境法体系下における放射性物質による汚染問題の位置づけ
  Ⅰ 旧公害対策基本法体系下における位置づけ
  Ⅱ 環境基本法及び循環型社会形成推進基本法における位置づけ
 第3章  福島第一原子力発電所の事故後明らかとなったこととその後の対応
  Ⅰ 放射性物質によって汚染されたおそれがある廃棄物等の処理
  Ⅱ 原子力規制委員会の設置と原子力に係る安全規制の一元化
 おわりに

----------------------------------------------------------------------------------------
Kankyoho-kenkyu
[Review of environmental law -Revue de droit de l'environnement -Zeitschrift für Umweltrecht]

Edited by Tadashi Otsuka

No.8
July 2018

[Articles]

1 Development of the Notion of the“Right to Live a Tranquil Life”.Dealing with Cases regarding Fukushima Nuclear Accident Litigations

Tadashi OTSUKA

2 Review of the Clean Power Plan based on the Clean Air Act under Trump Administration and Sequence of Judicial Challenge

Koya ISHINO

3 The Challenge of Environmental Law to the Climate Change Adaptation

Hidetsugu SHIMOMURA

4 Trends in Landscape and Construction Litigation

Masaharu HIOKI

5 Litigation to Protect Satoyama Landscapes

Toshihiro OCHI


[Translations]

6 La r.paration du pr.judice .cologique en droit de la responsabilit. civile

Mathilde Hautereau-Boutonnet

7 International Litigation and State Liability for Environmental Damages: Recent Evolutions and Perspectives

Sandrine Maljean-Dubois


[Legislative Research]

Environmental Pollution from Radioactive Materials and Transition of Environmental Law and Organization

Tetsuo ITO

このページのトップへ

内容説明

 現代的課題を多角的に捉える特集 原子力賠償、気候変動、景観・里山訴訟

第8号では、「特集:原子力賠償、気候変動、景観・里山訴訟」として、原子力賠償1篇(大塚)、気候変動2篇(石野、下村)、景観・里山訴訟2篇(日置、越智)の論文を収録するほか、翻訳としてブトネ、デュボアの2論文に加え、伊藤による立法研究も収録。




このページのトップへ

関連書籍

行政法研究 第26号

行政法研究 第26号

行政法理論の基層を探求する行政法専門誌

 
環境法研究 創刊第1号

環境法研究 創刊第1号

環境法学の構築と理論の実践

 
 
環境法研究 第2号

環境法研究 第2号

中国の環境問題を検証し対策を考える

 
環境法研究 第3号

環境法研究 第3号

リスク論の見地から原発問題を考察する

 
 
環境法研究 第4号

環境法研究 第4号

特集「アスベスト」 ― 法政策と訴訟

 
環境法研究 第5号

環境法研究 第5号

原発規制と原発訴訟の法理論

 
 
環境法研究 第6号

環境法研究 第6号

法政策と訴訟の両分野から追求する

 
環境法研究 第7号

環境法研究 第7号

環境へのリスクを多角的視点から考究

 
 
この本は環境法の入門書のフリをしています

この本は環境法の入門書のフリをしています

楽しく“わか~る”環境法入門【新書】

著者:西尾 哲茂
 
わか~る環境法

わか~る環境法

ポイント・要点が分かりやすいテキスト

著者:西尾 哲茂
 
 
行政法研究 第25号

行政法研究 第25号

行政法理論の基層を探求する行政法専門誌

 
 
行政法研究 第22号

行政法研究 第22号

信頼の執筆者による、充実の研究論文

 
 
環境リスクと予防原則   Ⅰ  リスク評価

環境リスクと予防原則 Ⅰ リスク評価

入門から発展まで-アメリカ環境法入門

著者:畠山 武道
 
環境法総論と自然・海浜環境

環境法総論と自然・海浜環境

環境法学は環境を守れるのか

著者:阿部 泰隆
 
 
廃棄物法制の研究

廃棄物法制の研究

廃棄物処理業者、行政・裁判実務、研究まで

著者:阿部 泰隆
 
環境外交─気候変動交渉とグローバル・ガバナンス

環境外交─気候変動交渉とグローバル・ガバナンス

気候変動交渉からみる国際交渉の力学

著者:加納 雄大
 
 
原子力損害賠償法

原子力損害賠償法

理論と実践の架橋を図る体系書

著者:豊永 晋輔
 
生存の条件

生存の条件

地球環境問題を私たちが考えるために

著者:旭硝子財団 編著
 
 
中国環境法概説 Ⅰ  総論

中国環境法概説 Ⅰ 総論

動きの激しい中国環境法の教科書

著者:桑原 勇進
 
環境条例の制度と運用

環境条例の制度と運用

★開発と環境-規制条例を知る[2色刷]

 
 
環境刑法の総合的研究

環境刑法の総合的研究

最先端の環境刑法の多角的研究書

著者:町野 朔
 
環境法講義(第2版)

環境法講義(第2版)

★人気書が待望の改訂!新たな章も追加★

著者:高橋 信隆 編著
岩崎 恭彦
 
 
国際環境法

国際環境法

持続可能な地球社会の国際法

著者:磯崎 博司
 
京都議定書の国際制度

京都議定書の国際制度

京都議定書の的確な理解のための書

 
 
国際環境事件案内

国際環境事件案内

具体的事件を通して国際環境問題を考える

著者:石野 耕也 他編
岩間 誠 他編
磯崎 博司 他編
 
EU環境法と企業責任

EU環境法と企業責任

最新のEU環境法の紹介と企業責任

 
 
船舶汚染規制の国際法

船舶汚染規制の国際法

船舶による環境汚染規制の基本原則と発展

著者:富岡 仁
 
生物多様性とCSR─企業・市民・政府の協働を考える

生物多様性とCSR─企業・市民・政府の協働を考える

環境を世界の視野から守るために

 
 
淡水生物の保全生態学

淡水生物の保全生態学

淡水域の生きものの保全と復元

著者:森 誠一 編著
 
 

このページのトップへ