【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > ブリッジブック法システム入門 (第4版)― 法社会学的アプローチ

ブリッジブック法システム入門 (第4版)― 法社会学的アプローチ

ブリッジブック法システム入門 (第4版)― 法社会学的アプローチ

法社会学の視点から、法の現実の有様を捉える好評テキスト最新版。法解釈論等と異なる新しい視座から法の見方を提示する。

著者 宮澤 節生
武蔵 勝宏
上石 圭一
菅野 昌史
大塚 浩
平山 真理
ジャンル 法律  > 司法/裁判制度/弁護士論
法律  > 法社会学
政治・経済  > 政治学
シリーズ 法律・政治  > ブリッジブックシリーズ
出版年月日 2018/06/25
ISBN 9784797227352
判型・ページ数 4-6変・392ページ
定価 本体2,700円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『ブリッジブック法システム(第4版)』

宮澤節生・武蔵勝宏・上石圭一・菅野昌史・大塚 浩・平山真理 著

〈著者紹介〉

宮澤節生(みやざわ・せつお)/神戸大学名誉教授、カリフォルニア大学ヘイスティングス・ロースクール客員教授

武蔵勝宏(むさし・かつひろ)/同志社大学政策学部教授

上石圭一(あげいし・けいいち)/追手門学院大学社会学部教授

菅野昌史(かんの・まさし)/いわき明星大学教養学部教授

大塚 浩(おおつか・ひろし)/奈良女子大学生活環境学部准教授

平山真理(ひらやま・まり)/白鷗大学法学部教授


【目 次】

プロローグ 本書を十分に活用し、楽しむために

◆PARTⅠ 立法過程と行政過程

UNIT1 法律はどのようにつくられるのか
UNIT2 法律は行政によってどのように運用されるのか
UNIT3 市民は地方自治にどのように関われるのか

◆PARTⅡ 法律のプロフェッショナル

UNIT4 法曹とはどういう職業なのか
UNIT5 弁護士はどういう活動をしているのか
UNIT6 弁護士以外で法務サービスを提供しているのは誰か
UNIT7 検察官はどのように職務を行っているのか
UNIT8 裁判官はどのようにその職権を行っているか
UNIT9 裁判所は違憲審査権をどのように行使しているか

◆PARTⅢ 民事紛争過程

UNIT10 紛争はどのように解決されるのだろうか
UNIT11 民事訴訟にはどのような種類があって、どのように行われるのか
UNIT12 国や自治体を訴えることはできるのか

◆PARTⅣ 犯罪・非行の処理過程

UNIT13 犯罪・非行はどのように処理されるか
UNIT14 刑事手続はどのように変わりつつあるか

◆PARTⅤ 法の変動と社会の変動

UNIT15 法の使用が社会を変えるのか
UNIT16 震災に法システムは応答できているのか
UNIT17 法はジェンダー問題にどのように出会うか

  - - -

事項索引

このページのトップへ

内容説明

法社会学の視点から、法の現実の有様を捉える好評テキストが、第4版では、新たに2名の執筆者を加えてさらにパワーアップ

行政における立法過程等の現実、日本の法曹システムの現実、民事・刑事手続システムの現実、そして法が社会へ与える現実的影響等、法の「実体」から日本の法システムの全貌を学べる。初学者から法曹まで、法解釈論等と異なる新しい視座から法の見方を提示。法律学、社会学、政治学など幅広い興味に応える。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ