【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 〈概説〉倒産法

〈概説〉倒産法  新刊

〈概説〉倒産法

入門から発展へと導く、法学部生向けの倒産法スタンダード・テキスト。

著者 三上 威彦
ジャンル 法律 > 民事訴訟法/民事執行法/民事保全法/倒産法
シリーズ 法律・政治 > 法律学講座
出版年月日 2018/04/25
ISBN 9784797270105
判型・ページ数 A5変・344ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 『〈概説〉倒産法』

  三上威彦(慶應義塾大学法務研究科教授〔2018.3時点〕) 著

【目  次】

◆第1編 倒産法への招待

 1 倒産とは何か/2 倒産処理制度の必要性/3 倒産処理制度の指導理念/4 わが国の倒産法制度

◆第2編 破産手続

◇第1章 破産手続の機関と利害関係人
 1 総 説/2 破産裁判所/3 破産管財人/4 保全管理人/5 債権者集会/6 債権者委員会/7 代理委員/8 破産債権者/9 破 産 者
◇第2章 破産手続の性質と手続の進行
 1 破産手続の性質/2 わが国の破産手続の流れ
◇第3章 破産手続開始申立てから破産手続開始決定まで
 1 申立権者/2 申立ての手続/3 破産手続開始の要件/4 破産障害/5 破産手続開始決定前の保全処分/
 6 破産手続開始決定手続/7 破産手続開始の効果
◇第4章 破産債権確定手続
 1 破産債権の意義・要件/2 破産債権の額――等質化/3 破産債権の順位/4 多数債務者関係と破産債権/ 5 破産債権の届出・調査・確定
◇第5章 破産財団の意義――管理の対象
 1 破産財団とは/2 法定財団の範囲/3 自由財産
◇第6章 破産財団の管理
 1 破産財団の管理とは/2 破産者をめぐる実体法関係の整理/3 破産者をめぐる手続法関係の整理/
 4 否 認 権/5 法人の役員の責任追及等/6 取 戻 権/7 別 除 権/8 相 殺 権/9 財団債権
◇第7章 破産財団の換価
 1 換価に関する制限/2 換価の方法,別除権の目的物の換価
◇第8章 破産手続の終了――配当・破産廃止
 1 配当による終了/2 破産終結以外の事由による破産手続の終了
◇第9章 消費者破産と免責
 1 消費者破産手続とその特徴/2 免責制度/3 復 権
◇第10章 破産犯罪
 1 破産犯罪規定の必要性/2 破産犯罪の種類

◆第3編 民事再生手続

◇第1章 民事再生手続の意義,再生手続の利害関係人・機関
 1 民事再生手続の意義/2 再生手続の利害関係人・機関
◇第2章 民事再生手続の流れ
◇第3章 民事再生手続の開始
 1 民事再生能力/2 再生手続開始の要件/3 再生手続開始申立権者/4 申立ての手続/5 再生手続開始前の保全処分/6 再生手続開始決定と不服申立て/7 再生手続開始の効果
◇第4章 再生債権確定手続
 1 再生債権の意義/2 再生債権の手続上の取扱い/3 再生債権の届出・調査・確定
◇第5章 一般優先債権・共益債権・開始後債権
 1 一般優先債権/2 共益債権/3 開始後債権
◇第6章 再生債務者財産の調査・確保手続
 1 再生債務者財産の意義と範囲/2 財産評定と調査報告/3 再生債権者への情報開示/4 営業(事業)等の譲渡/5 再生債務者をめぐる法律関係の処理/6 契約関係の処理/7 手続関係の処理/8 取戻権・別除権・相殺権・否認権等
◇第7章 再生計画案の作成から再生計画の成立まで
 1 再生計画の意義および内容/2 再生計画の条項/3 清算価値保障(維持)原則/4 再生計画案の作成・提出/5 再生計画の成立と発効/6 再生計画の効力
◇第8章 再生計画の遂行および再生手続の終了
 1 再生計画の遂行/2 再生計画の変更/3 再生手続の終結/4 再生計画の取消し/5 再生手続の廃止
◇第9章 個人を対象とした再生手続
 1 制度創設の沿革/2 個人を対象とした再生手続の概要/3 住宅資金貸付債権に関する特則/4 小規模個人再生手続/5 給与所得者等再生手続
◇第10章 民事再生手続と他の法的倒産処理手続との関係
 1 倒産処理手続相互間の優先劣後関係/2 民事再生手続・会社更生手続から破産手続へ/
 3 破産手続・会社更生手続から民事再生手続へ/4 民事再生手続・破産手続から会社更生手続へ
◇第11章 再生犯罪

◆第4編 国際倒産手続

 1 国際倒産手続の概念/2 新しいわが国の国際倒産法制の概要


参考文献

事項索引
判例索引
条文索引

このページのトップへ

内容説明

入門から発展へと導く、法学部生向けのスタンダード・テキスト。【本書の特徴】①最高裁に加え、重要な下級審判決も多数掲載/②破産法・民事再生法の類似制度を分かりやすく説明/③再生計画や各種倒産処理手続間の移行に際して生じる問題も丁寧に説明/④消費者倒産手続も詳しく説明/⑤〈事項索引〉〈判例索引〉に加え、〈条文索引〉を掲載。必要な箇所に素早くアクセス。

このページのトップへ

関連書籍

倒産法

倒産法

★信頼の情報量と使える実践性

著者:三上 威彦
 
法学六法   '18

法学六法 '18

★薄型・軽量で使いやすいエントリー六法★

著者:池田 真朗 編集代表
宮島 司 編集代表
安冨 潔 編集代表
三上 威彦 編集代表
三木 浩一 編集代表
小山 剛 編集代表
北澤 安紀 編集代表
 
 
民事手続法の現代的機能

民事手続法の現代的機能

現代に生起する多様な問題への多角的考察

著者:石川 明
三木 浩一
 
 
訴訟上の和解

訴訟上の和解

和解の根本を求めて民訴の基礎理論に迫る

著者:石川 明
 
ドイツ強制執行法と基本権

ドイツ強制執行法と基本権

強制執行における人権保護の法理

著者:石川 明
 
 
ドイツ強制執行法の改正

ドイツ強制執行法の改正

改正グル-プ第1・2次報告書を中心に研究

著者:石川 明
 
EU法の現状と発展─ゲオルク・レス教授65歳記念論文集

EU法の現状と発展─ゲオルク・レス教授65歳記念論文集

教授の日本の知人・指導を受けた者が論文を

著者:石川 明 編集代表
 
 
EU国際民事訴訟法判例 II

EU国際民事訴訟法判例 II

EUの国際民事紛争に関する判例解説

 
民事手続法評論集

民事手続法評論集

手続法の視点から一石を投ずる小論集

著者:石川 明
 
 
ブリッジブック民事訴訟法入門

ブリッジブック民事訴訟法入門

本格的・主体的な学習の手掛かりに最適の書

著者:山本 和彦
 
民事訴訟審理構造論

民事訴訟審理構造論

民事訴訟を公共サ-ビスの1つと位置づけ

著者:山本 和彦
 
 

このページのトップへ