【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > サイバー攻撃の国際法 ― タリン・マニュアル2.0の解説

サイバー攻撃の国際法 ― タリン・マニュアル2.0の解説  新刊

サイバー攻撃の国際法 ― タリン・マニュアル2.0の解説

全154の「規則」とコメントからなる、サイバー・セキュリティーに関わる方々に幅広く有用の書

著者 中谷 和弘
河野 桂子
黒﨑 将広
ジャンル 法律 > 国際法/国際関係/国際私法
出版年月日 2018/04/10
ISBN 9784797268294
判型・ページ数 A5変・172ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『サイバー攻撃の国際法 ― タリン・マニュアル2.0の解説』


<著者>
中谷和弘(なかたに・かずひろ):東京大学大学院法学政治学研究科教授
河野桂子(こうの・けいこ):防衛研究所理論研究部主任研究官
黒﨑将広(くろさき・まさひろ):防衛大学校総合安全保障研究科准教授


【目 次】

  はしがき(ⅲ)

◆第1部◆ 一般国際法とサイバー空間〔河野桂子〕…3

◇1 主 権……5
規則1 主権[一般原則](5)/規則2 対内的主権(6)/規則3 対外的主権(7)/規則4 主権の侵害(7)/規則5 主権免除及び不可侵(9)
◇2 相当の注意……10
規則6 相当の注意[一般原則](10)/規則7 相当の注意原則の遵守(11)
◇3 管轄権……12
規則8 管轄権[一般原則](12)/規則9 領域管轄権(12)/規則10 域外立法管轄権(13)/規則11 域外執行管轄権(14)/規則12 管轄権の行使からの国家の免除(15)/規則13 法執行における国際協力(16)
◇4 国家責任法……16

◆第1節 国家による国際違法行為(16)
規則14 国際違法サイバー行為(16)/規則15 国家機関によるサイバー行動の帰属(17)/規則16 他国の機関によるサイバー行動の帰属(18)/規則17 非国家主体によるサイバー行動の帰属(19)/規則18 他国によるサイバー行動に関連する責任(20)/規則19 サイバー行動の違法性を阻却する事由(21)

◆第2節 国家の対抗措置と緊急避難(22)
規則20 対抗措置[一般原則](22)/規則21 対抗措置の目的(23)/規則22 対抗措置に関する制限(24)/規則23 対抗措置の均衡性(25)/規則24 対抗措置をとる権限を有する国家(26)/規則25 対抗措置の第三者に対する影響(26)/規則26 緊急避難(27)

◆第3節 国際違法行為に対する国家の義務(28)
規則27 中止,保証及び確約(28)/規則28 回復[一般原則](29)/規則29 回復の方式(30)/規則30 国際共同体全体に対して負う義務の違反(31)

◆第4節 国際組織の責任(31)
規則31 一般原則(31)
◇5 それ自体は国際法によって規律されないサイバー行動……32
規則32 平時のサイバー諜報(32)/規則33 非国家主体(33)

◆第2部◆ 国際法の特別の体制とサイバー空間〔中谷和弘〕…35

◇6 国際人権法……37
規則34 適用可能性(37)/規則35 個人によって享受される権利(38)/規則36 国際人権を尊重し保護する義務(40)/規則37 制限(41)/規則38 逸脱(42)
◇7 外交及び領事法……43
規則39 サイバー・インフラが所在する公館の不可侵性(43)/規則40 サイバー・インフラを保護する義務(44)/規則41 電子的な公文書,書類及び通信の不可侵性(44)/規則42 自由な通信(46)/規則43 公館の使用及び職員の活動(47)/規則44 外交官及び領事官の特権及び免除(48)
◇8 海 洋 法……48
規則45 公海におけるサイバー行動(48)/規則46 臨検の権利とサイバー行動(49)/規則47 排他的経済水域におけるサイバー行動(50)/規則48 領海におけるサイバー行動(50)/規則49 武力紛争中の領海におけるサイバー行動(51)/規則50 領海における外国船舶に対する管轄権の行使(52)/規則51 接続水域におけるサイバー行動(53)/規則52 国際海峡におけるサイバー行動(53)/規則53 群島水域におけるサイバー行動(54)/規則54 海底通信ケーブル(54)
◇9 航 空 法……56
規則55 国家の空域においてサイバー行動を行う航空機の管理(56)/規則56 国際空域におけるサイバー行動(57)/規則57 国際民間航空の安全を阻害するサイバー行動(58)
◇10 宇 宙 法……59
規則58 平和的目的及び武力の行使(59)/規則59 宇宙活動に対する尊重(60)/規則60 監督及び責任(60)
◇11 国際電気通信法……62
規則61 国際電気通信施設を設置,維持及び保護する義務(62)/規則62 サイバー通信の停止(63)/規則63 有害な混信(64)/規則64 軍用無線設備の除外(65)

◆第3部◆ 国際の平和及び安全とサイバー活動〔黒﨑将広〕…67

◇12 平和的解決……69
規則65 紛争の平和的解決(69)
◇13 干渉の禁止……71
規則66 国家による干渉(71)/規則67 国連による干渉(73)
◇14 武力の行使……74

◆第1節 武力の行使の禁止(74)
規則68 武力による威嚇又は武力の行使の禁止(74)/規則69 武力の行使の定義(75)/規則70 武力による威嚇の定義(76)

◆第2節 自 衛(77)
規則71 武力攻撃に対する自衛(77)/規則72 必要性及び均衡性(79)/規則73 急迫性及び即時性(80)/規則74 集団的自衛(82)/規則75 自衛措置の報告(83)
◇15 集団的安全保障……83
規則76 国連安全保障理事会(83)/規則77 地域的組織(84)/規則78 平和活動(84)/規則79 平和活動の要員,施設,物品,組織及び車両(86)

◆第4部◆ サイバー武力紛争法 〔黒﨑将広(規則80-98)/河野桂子(規則99-154)〕…89

◇16 武力紛争法一般……91
規則80 武力紛争法の適用可能性(91)/規則81 地理的限界(92)/規則82 国際武力紛争としての性質決定(93)/規則83 非国際武力紛争としての性質決定(95)/規則84 戦争犯罪に対する個人の刑事責任(97)/規則85 指揮官及び上官の刑事責任(98)
◇17 敵対行為の遂行……99

◆第1節 武力紛争への参加(99)
規則86 参加一般(99)/規則87 軍隊の構成員(100)/規則88 群民兵(101)/規則89 間諜(102)/規則90 傭兵(103)/規則91 文民(103)

◆第2節 攻撃一般(104)
規則92 サイバー攻撃の定義(104)/規則93 区別(105)

◆第3節 人に対する攻撃(106)
規則94 文民への攻撃の禁止(106)/規則95 個人の地位に関する疑義(106)/規則96 攻撃の合法的対象としての個人(107)/規則97 敵対行為に直接参加する文民(108)/規則98 恐怖による攻撃(110)

◆第4節 物に対する攻撃(111)
規則99 民用物への攻撃の禁止(111)/規則100 民用物と軍事目標(112)/規則101 民生及び軍事の両用に使用される物(113)/規則102 物の地位に関する疑義(114)

◆第5節 戦闘の手段及び方法(116)
規則103 戦闘の手段及び方法の定義(116)/規則104 過度の傷害又は無用の苦痛(117)/規則105 無差別な手段又は方法(118)/規則106 サイバー・ブービートラップ(119)/規則107 飢餓(120)/規則108 戦時復仇(120)/規則109 第1追加議定書の下での復仇(121)/規則110 兵器の評価(122)

◆第6節 攻撃行動(123)
規則111 無差別攻撃(123)/規則112 明確に分離され区別された軍事目標(124)/規則113 均衡性(125)

◆第7節 予防措置(126)
規則114 不断の注意(126)/規則115 目標の確認(127)/規則116 手段又は方法の選択(128)/規則117 均衡性に関する予防措置(128)/規則118 目標の選択(129)/規則119 攻撃の中止又は停止(130)/規則120 警告(130)/規則121 サイバー攻撃の影響に対する予防措置(132)

◆第8節 背信行為及び不適切な使用(133)
規則122 背信行為(133)/規則123 奇計(134)/規則124 保護標識の不当な使用(135)/規則125 国連の標章の不当な使用(136)/規則126 敵の標章の不当な使用(136)/規則127 中立の標章の不当な使用(137)

◆第9節 封鎖及び規制区域(138)
規則128 封鎖の維持及び執行(138)/規則129 中立国の活動への封鎖の効果(138)/規則130 規制区域(139)
◇18 特定の人,物及び活動……140

◆第1節 医療要員及び宗教要員並びに医療組織,医療用輸送手段及び医療用物資(140)
規則131 医療要員及び宗教要員並びに医療組織及び医療用輸送手段(140)/規則132 医療用のコンピュータ,コンピュータ・ネットワーク及びデータ(141)/規則133 識別(141)/規則134 保護の喪失と警告(142)

◆第2節 抑留された個人(143)
規則135 抑留された個人の保護(143)/規則136 抑留された個人の通信(143)/規則137 軍事活動への強制参加(144)

◆第3節 児 童(144)
規則138 児童の保護(144)

◆第4節 報道関係者(145)
規則139 報道関係者の保護(145)

◆第5節 危険な力を内蔵する施設(146)
規則140 ダム,堤防及び原子力発電所への攻撃中における注意義務(146)

◆第6節 文民たる住民の生存に不可欠な物(147)
規則141 生存に不可欠な物の保護(147)

◆第7節 文 化 財(148)
規則142 文化財の尊重及び保護(148)

◆第8節 自然環境(149)
規則143 自然環境の保護(149)

◆第9節 連 座 刑(149)
規則144 連座刑(149)

◆第10節 人道支援(150)
規則145 人道支援(150)
◇19 占 領……150
規則146 占領地における被保護者の尊重(150)/規則147 占領地における公の秩序及び安全(151)/規則148 占領国の安全(152)/規則149 財産の没収及び徴発(153)
◇20 中 立……154
規則150 中立国のサイバー・インフラの保護(154)/規則151 中立国領域におけるサイバー行動(154)/規則152 中立国の義務(155)/規則153 違反に対する紛争当事者による反応(156)/規則154 中立と安全保障理事会の行動(156)

このページのトップへ

内容説明

◆サイバー攻撃に関する国際法のルール ー 学習からビジネス、サイバー研究まで、サイバー・セキュリティーに関わるすべての方々に◆

今、世界中で対応が急がれ、吃緊の課題であるサイバー攻撃に関して、法律の専門家達が集い、検討を行った“Tallinn Manual2.0”。本書は、全154の「規則」とコメントからなる、複雑な“Tallinn Manual2.0”を、日本人向けに分かりやすく、コンパクトに解説。サイバー・セキュリティーに関わる方々に幅広く有用の、信頼の研究者3名による関係者必携・必読の書。

このページのトップへ

関連書籍

国際法研究 第6号

国際法研究 第6号

基礎研究から最新情報まで研究・実務に必備

 
国際法研究 第5号

国際法研究 第5号

基礎研究から最新情報まで研究・実務に必備

 
 
国際法研究 第4号

国際法研究 第4号

国際法に関する研究・実務の総合的検討

 
国際法研究 第3号

国際法研究 第3号

国際法に関する研究・実務の総合的検討

著者:岩沢 雄司 責任編集
中谷 和弘 責任編集
易 平
福永 有夏
岡田 淳
 
 
国際法研究 第2号

国際法研究 第2号

国際法に関する研究・実務の総合的検討

 
国際法研究 創刊第1号

国際法研究 創刊第1号

国際法に関する研究・実務の総合的検討

 
 
ロースクール国際法読本

ロースクール国際法読本

グローバル法務人材のための国際法

著者:中谷 和弘
 
インターネット・情報社会と法

インターネット・情報社会と法

日独法学シンポジウムの研究成果

 
 
インターネットと法

インターネットと法

インターネットの発展に伴う法的問題

著者:酒匂 一郎
 
サイバー・ポルノの刑事規制

サイバー・ポルノの刑事規制

わが国の現状について再検討

著者:永井 善之
 
 
変転する国際社会と国際法の機能-内田久司先生追悼

変転する国際社会と国際法の機能-内田久司先生追悼

大きく変転する国際社会と国際法のあり方

著者:柳原 正治
 
国際社会の組織化と法─内田久司先生古稀記念論文集

国際社会の組織化と法─内田久司先生古稀記念論文集

伝統的国際法の変容に関する論文を収録

著者:柳原 正治
 
 
国際法の実践─小松一郎大使追悼

国際法の実践─小松一郎大使追悼

広く第一線の執筆者が集い、小松大使を偲ぶ

 
国際法実践論集

国際法実践論集

貴重な論稿の数々を1冊に集成

 
 
国際法学の諸相 ─ 到達点と展望

国際法学の諸相 ─ 到達点と展望

変動する国際社会に応答する最新理論

著者:江藤 淳一
 
 

このページのトップへ