【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 法文化論序説(上)

法文化論序説(上)  新刊

法文化論序説(上)

著者の法文化論研究の体系に従って主要な研究文献を整理・分析して「日本法文化論」の具体像を提示。

著者 池田 政章
ジャンル 法律
法律 > 外国法/比較法
法律 > 憲法
出版年月日 2018/04/07
ISBN 9784797227673
判型・ページ数 A5変・644ページ
定価 本体18,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

  『法文化論序説(上)』

  池田政章(立教大学名誉教授) 著

【目  次】

まえがき

【上巻】
第一章 法文化論への途
 一 本稿の意図
 二 G・イエリネックと憲法問題研究会
 三 憲法意識から法文化へ
 四 憲法と文化
第二章 改めて、法文化論とは
 一 “法的文化”という言葉
 二 法という文化
 三 法に関する文化
第三章 法文化の生理と病理
 一 法意識の病理分析
 二 法文化論の試み
 三 法意識の実証的研究
 四 実定法学がみた法文化
 五 比較法学による生理的考察
第四章 法文化の普遍性と個性
 一 法文化にみる普遍性
 二 法文化の実相
 三 法哲学の法文化論
 四 多元的法文化論
第五章 “法と文化”の自画像
 一 “生ける法”の表情
 二 「世間」と社会
 三 世間の「道理」
 四 「法」観念の分裂
 五 現代法にみる「道理」
第六章 自画像の形相
 序  説
 一 自然と風土
 二 文字と言葉
 三 心理と論理(一)
 四 心理と論理(二)
 五 感性と美意識(一)
 六 感性と美意識(二)
 まとめ―法文化の基層

このページのトップへ

内容説明

法文化を論ずるにあたって「比較法学は『法に焦点を合わせた比較文化論』でなければならない」という野田良之の提言に従って、筆者流の法文化論に資するため、日本文化総体とその一部である「法という文化」との関連を調べようと、参考文献を探して右往左往したのである(本書より)。著者の法文化論研究の体系に従って主要な研究文献を整理・分析して「日本法文化論」の具体像を提示。

このページのトップへ

関連書籍

憲法社会体系 1

憲法社会体系 1

人間学としての憲法学を目指している

著者:池田 政章
 
憲法社会体系 2

憲法社会体系 2

憲法の根本理念を論じている

著者:池田 政章
 
 
憲法社会体系 3

憲法社会体系 3

「文化の中の法」研究を志した著者の到達点

著者:池田 政章
 
古寺遍歴─法文化の深層を尋ねて

古寺遍歴─法文化の深層を尋ねて

日本の法思想の基底にある仏教文化を訪ねる

著者:池田 政章
 
 
日本国憲法制定資料全集(16) 貴族院議事録(1)

日本国憲法制定資料全集(16) 貴族院議事録(1)

貴族院の憲法制定審議経過を考証解説

著者:芦部 信喜 編著
高橋 和之 編著
高見 勝利 編著
日比野 勤 編著
 
日本国憲法制定資料全集(19) 貴族院議事録(4)

日本国憲法制定資料全集(19) 貴族院議事録(4)

貴族院の憲法制定審議録を使いやすく編集

著者:芦部 信喜 編著
高橋 和之 編著
高見 勝利 編著
日比野 勤 編著
 
 
日本国憲法制定資料全集(18) 貴族院議事録(3)

日本国憲法制定資料全集(18) 貴族院議事録(3)

貴族院の憲法制定審議録を使いやすく編集

著者:芦部 信喜 編著
高橋 和之 編著
高見 勝利 編著
日比野 勤 編著
 
日本国憲法制定資料全集(17) 貴族院議事録(2)

日本国憲法制定資料全集(17) 貴族院議事録(2)

貴族院の憲法改正案討議の経過を整理

著者:芦部 信喜 編著
高橋 和之 編著
高見 勝利 編著
日比野 勤 編著
 
 
日本国憲法制定資料全集(13) 衆議院議事録(1)

日本国憲法制定資料全集(13) 衆議院議事録(1)

衆議院の改正案討議を有機的に編集

著者:芦部 信喜 編著
高橋 和之 編著
高見 勝利 編著
日比野 勤 編著
 
日本国憲法制定資料全集(15) 衆議院議事録(3)

日本国憲法制定資料全集(15) 衆議院議事録(3)

衆議院の改正案討議を機能的に編集

著者:芦部 信喜 編著
高橋 和之 編著
高見 勝利 編著
日比野 勤 編著
 
 
日本国憲法制定資料全集(14) 衆議院議事録(2)

日本国憲法制定資料全集(14) 衆議院議事録(2)

衆議院の憲法改正案討議の経過を整理

著者:芦部 信喜 編著
高橋 和之 編著
高見 勝利 編著
日比野 勤 編著
 
日本国憲法制定資料全集(5)

日本国憲法制定資料全集(5)

口語体化と枢密院審査・GHQとの交渉資料

著者:芦部 信喜 編著
高橋 和之 編著
高見 勝利 編著
日比野 勤 編著
 
 
日本国憲法制定資料全集(4-2)

日本国憲法制定資料全集(4-2)

憲法改正草案・要綱の世論調査資料

著者:芦部 信喜 編著
高橋 和之 編著
高見 勝利 編著
日比野 勤 編著
 
日本国憲法制定資料全集(4-1)

日本国憲法制定資料全集(4-1)

憲法改正草案・要綱の世論調査資料

著者:芦部 信喜 編著
高橋 和之 編著
高見 勝利 編著
日比野 勤 編著
 
 
来栖三郎著作集 2 契約法

来栖三郎著作集 2 契約法

契約法に連なる重要論文を収載

著者:来栖 三郎
 
 
来栖三郎著作集 3 家族法

来栖三郎著作集 3 家族法

個人主義家族法思想の分析と原点

著者:来栖 三郎
 
法と社会研究 第3号

法と社会研究 第3号

法社会学の未来を拓く研究雑誌、第3号

 
 
法と社会研究 第2号

法と社会研究 第2号

法社会学の未来を拓く研究雑誌、第2号

 
法と社会研究 創刊第1号

法と社会研究 創刊第1号

法と社会の構造変容を捉える法社会学の挑戦

 
 
法と哲学 第2号

法と哲学 第2号

法と哲学のシナジーによる〈面白き学知〉

 
 
法と哲学 創刊第1号
 
憲法訴訟論(第2版)

憲法訴訟論(第2版)

憲法訴訟論を段階的に詳述

著者:新 正幸
 
 
フランス民法

フランス民法

日本民法学とフランス民法研究の相対的検討

著者:大村 敦志
 
 

このページのトップへ