【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > ドイツ連邦共和国基本法 ― 全訳と第62回改正までの全経過

ドイツ連邦共和国基本法 ― 全訳と第62回改正までの全経過  新刊

ドイツ連邦共和国基本法 ― 全訳と第62回改正までの全経過

第62回改正を盛り込んだ現行全条文の邦訳に加え、現行条文に至る経過を条文毎に訳出。巻末に改正経過一覧表と事項索引を収録。

著者 初宿 正典
ジャンル 法律 > 外国法/比較法
法律 > 憲法
出版年月日 2018/03/30
ISBN 9784797223590
判型・ページ数 4-6変・232ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はしがき

ドイツ連邦共和国基本法
 布告文
 前 文
第I章 基本権(第1 条~第 19条)
第II章 連邦及びラント(第 20条~第 37 条)
第Ⅲ章 連邦議会(第 38 条~第 49条)
第Ⅳ章 連邦参議会(第 50 条~第 53 条)
第Ⅳa章 合同委員会(第 53a 条)
第Ⅴ章 連邦大統領(第 54 条~第 61 条)
第Ⅵ章 連邦政府(第 62 条~第 69 条)
第Ⅶ章 連邦の立法(第 70 条~第 82 条)
第Ⅷ章 連邦法律の執行及び連邦行政(第 83 条~第 91 条)
第Ⅷa章 共同任務,行政協力(第 91a 条~第 91e 条)
第Ⅸ章 裁判(第 92 条~第 104 条)
第Ⅹ章 財政制度(第 104a 条~第 115 条)
第Ⅹa章 防衛緊急事態(第 115a 条~第 115l 条)
第Ⅺ章 経過規定及び終末規定(第 116 条~第 146 条)

 基本法改正経過一覧表

事項索引

このページのトップへ

内容説明

2017年7月の第62回改正を盛り込んだ現行全条文の邦訳に加え、第1回改正から現行条文に至る経過を条文毎に訳出した。巻末には、第62回までの改正経過一覧表と事項索引を収録。事項索引は、基本法の主たる事項につき日独の専門用語の原文と訳語の異同に配慮つつ詳細かつ網羅的に抽出。比較憲法研究に必携の書。

  ― - -

(「はしがき」より)本書は,ドイツの現行憲法典である「ドイツ連邦共和国基本法」(Grundgesetz für die Bundesrepublik Deutschland vom 23. Mai 1949)の現行規定の全条文と,現時点(通算62回)までのすべての改正による変更を脚注で訳出して一書にまとめたものである。訳文には,基本的には,既刊の拙訳を用いたが,この度,本書を編むにあたって詳細な「事項索引」をつけることとし,その作業の過程で,全体の訳語の見直しと統一をはかった。

このページのトップへ

関連書籍

〈講演録〉医事法学へのまなざし ― 生命倫理とのコラボレーション

〈講演録〉医事法学へのまなざし ― 生命倫理とのコラボレーション

一般の方々や医療系・福祉系の方にもお薦め

著者:甲斐 克則
 
ドイツ憲法集(第7版)

ドイツ憲法集(第7版)

約6年ぶりの改訂版!

著者:高田 敏 編訳
初宿 正典 編訳
 
 
ドイツの憲法判例 Ⅲ

ドイツの憲法判例 Ⅲ

1996~2005年の主要86判例を掲載

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
嶋崎 健太郎 編集代表
 
ドイツの憲法判例 Ⅱ(第2版)

ドイツの憲法判例 Ⅱ(第2版)

1985-1995年の重要判例の解説

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
石村 修 編集代表
 
 
ドイツの憲法判例(第2版)

ドイツの憲法判例(第2版)

ドイツの主要憲法判例94件の解説

著者:ドイツ憲法判例研究会
栗城 壽夫 編集代表
戸波 江二 編集代表
根森 健 編集代表
 
シュテルン ドイツ憲法Ⅰ 総論・統治編

シュテルン ドイツ憲法Ⅰ 総論・統治編

ドイツ国法学の理論的到達点を示す

 
 
シュテルン ドイツ憲法Ⅱ 基本権編

シュテルン ドイツ憲法Ⅱ 基本権編

ドイツ国法学の理論的到達点を示す

 
グローバル化と法

グローバル化と法

新しい国際的法秩序への貴重な示唆

 
 
ドイツ近現代法学への歩み

ドイツ近現代法学への歩み

基礎法学の重要性・必要性を喚起

 
トーピク・類推・衡平─法解釈方法論史の基本概念

トーピク・類推・衡平─法解釈方法論史の基本概念

近世・近代ヨーロッパの法解釈法論の変遷史

 
 
エンゲルマン・民事訴訟法概史

エンゲルマン・民事訴訟法概史

民事訴訟の歴史を説いて現在に生きる名著

 
民事訴訟・執行法の世界

民事訴訟・執行法の世界

研究・実務に役立つ基本論文を多数収録!

著者:中野 貞一郎
 
 
近代民事訴訟法史・ドイツ

近代民事訴訟法史・ドイツ

日本民訴法の母法・ドイツ民訴法研究

著者:鈴木 正裕
 
法の実現と手続

法の実現と手続

シンポジウムの記録に加筆して充実

 
 
法の国際化への道

法の国際化への道

シンポジウムの記録に加筆して充実

 
グローバル化と社会国家原則─日独シンポジウム

グローバル化と社会国家原則─日独シンポジウム

グローバルな競争と国家・個人の役割

 
 
十九世紀ドイツ憲法理論の研究

十九世紀ドイツ憲法理論の研究

ドイツ憲法学の生成から憲法を考究する

著者:栗城 壽夫
 
日独憲法学の創造力 上─栗城壽夫先生古稀記念

日独憲法学の創造力 上─栗城壽夫先生古稀記念

核心に迫る論題から最新の問題まで

著者:樋口 陽一 編集代表
上村 貞美 編集代表
戸波 江二 編集代表
 
 
日独憲法学の創造力 下─栗城壽夫先生古稀記念

日独憲法学の創造力 下─栗城壽夫先生古稀記念

核心に迫る論題から最新の問題まで

著者:樋口 陽一 編集代表
上村 貞美 編集代表
戸波 江二 編集代表
 
 
規範力の観念と条件

規範力の観念と条件

憲法の持つ現実的意義とは何か

著者:ドイツ憲法判例研究会
古野 豊秋 編集代表
三宅 雄彦 編集代表
 
 
憲法の規範力と憲法裁判 

憲法の規範力と憲法裁判 

憲法裁判の果たす役割とは何か

著者:ドイツ憲法判例研究会
戸波 江二 編集代表
畑尻 剛 編集代表
 
憲法の規範力とメディア法

憲法の規範力とメディア法

憲法とメディアについての最新理論

 
 
憲法の規範力と行政

憲法の規範力と行政

〈憲法の規範力〉と様々な行政作用

 
 
ドイツ強制執行法と基本権

ドイツ強制執行法と基本権

強制執行における人権保護の法理

著者:石川 明
 
ドイツ既判力理論

ドイツ既判力理論

既判力研究の必読論文を翻訳する労作

 
 
ドイツ株式法

ドイツ株式法

ドイツ株式法の最先端と日本への示唆

 
ドイツ借家法概説

ドイツ借家法概説

借地借家法の研究・実務に必読

著者:藤井 俊二
 
 
ドイツ研究 51号

ドイツ研究 51号

日本ドイツ学会学会誌第51号。

 
 
ドイツ研究 50号

ドイツ研究 50号

日本ドイツ学会学会誌、記念すべき第50号

 
「侵害原理」と法益論における被害者の役割

「侵害原理」と法益論における被害者の役割

ドイツ刑法と英米刑法の比較分析

 
 
ドイツ環境行政法と欧州(新装第2刷)

ドイツ環境行政法と欧州(新装第2刷)

国境を越えた環境行政法の枠組みとは

著者:山田 洋
 
ドイツ社会保障論 1 医療保険

ドイツ社会保障論 1 医療保険

ドイツ医療保険制度の考え方を探る

著者:松本 勝明
 
 
ドイツ社会保障論 2 年金保険

ドイツ社会保障論 2 年金保険

1992年の年金改革以降の動向

著者:松本 勝明
 
ドイツ社会保障論 3 介護保険

ドイツ社会保障論 3 介護保険

ドイツの介護保険改革の方向性を解説

著者:松本 勝明
 
 
概観ドイツ連邦憲法裁判所

概観ドイツ連邦憲法裁判所

諸制度の概説及び代表判例

 
ドイツ手形法理論史 下

ドイツ手形法理論史 下

手形法理研究者必読の画期的文献

著者:庄子 良男 訳著
 
 
ドイツ手形法理論史 上

ドイツ手形法理論史 上

手形法研究者必読の画期的基本文献

著者:庄子 良男 訳著
 
 
フーゴ・ジンツハイマーとドイツ労働法
 
メディクス・ドイツ民法 上

メディクス・ドイツ民法 上

ドイツ民法最高傑作の邦訳

著者:河内 宏
河野 俊行
 
 
ドイツ金融法辞典

ドイツ金融法辞典

語源も解説、ドイツ金融法辞典

著者:後藤 紀一
Vort, M.
 
現代ドイツ公法学人名辞典

現代ドイツ公法学人名辞典

ドイツ語圏の公法学者の人名辞典

著者:日笠 完治
 
 
フランス・ドイツ刑事法史

フランス・ドイツ刑事法史

10世紀末~18世紀末の刑事法

著者:塙 浩
 
 

このページのトップへ