【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 法と社会研究 第3号

法と社会研究 第3号

法と社会研究 第3号

法と社会に関する優れた研究成果を掲載することを通じ、学問研究の更なる発展に寄与すべく刊行された研究誌、待望の第3号。

著者 太田 勝造 責任編集・著
佐藤 岩夫 責任編集
河合 幹雄
石田 京子
前田 智彦
吉田 如子
山口 絢
ジャンル 法律 > 法社会学
シリーズ 法律・政治 > 研究雑誌
出版年月日 2018/03/05
ISBN 9784797237535
判型・ページ数 菊判変・144ページ
定価 本体3,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

法と社会研究 第3号

〈目  次〉


◆巻頭論文◆

◆調査研究対象との接近と適切な距離―最良の方法とは最高の結果が得られる方法―  河合幹雄

Ⅰ はじめに(4)
Ⅱ 意識調査と統計を用いた研究(5)
Ⅲ 研究対象との距離感(12)
Ⅳ おわりに(21)

◆社会科学方法論としてのベイズ推定―帰無仮説反証から研究仮説検証へ―  太田勝造

Ⅰ はじめに(26)
Ⅱ 反証可能性理論と帰無仮説有意性検定(29)
Ⅲ ベイズ理論(35)
Ⅳ MCMC法(39)
Ⅴ 終わりに(43)


◆特別論文◆

◆若手弁護士は弁護士の質を下げているのか?―弁護士懲戒統計データからの検討―  石田京子

Ⅰ 本稿の目的(50)
Ⅱ 弁護士懲戒制度の現在の状況(52)
Ⅲ 「若手弁護士が弁護士の質を下げている」という言説に
ついての懲戒処分データからの検討(57)
Ⅳ まとめにかえて(68)

◆金融ADRにおける紛争処理状況の統計的分析―FINMACのあっせん事例にみる和解成立要因と草創期からの変化― 前田智彦

I はじめに―本稿の背景と問題設定(72)
Ⅱ 分析対象と分析の手法(76)
Ⅲ 当事者のデモグラフィー(81)
Ⅳ 重回帰分析による知見(84)
Ⅴ 考 察(90)
Ⅵ おわりに―今後の課題(94)


◆レヴュー論文◆

◆Crime Survey for England and Walesにおける警察の正統性調査 吉田如子

Ⅰ Crime Survey for England and Wales(CSEW)が開始された時代背景(102)
Ⅱ CSEW調査の前提となる警察の正統性に関する議論(103)
Ⅲ CSEWによる警察の正統性調査(106)
Ⅳ 結びに代えて(115)

◆アメリカにおける高齢者法の動向  山口 絢

Ⅰ はじめに(120)
Ⅱ アメリカにおける高齢化の状況と制度の展開(120)
Ⅲ 高齢者法の定義と沿革(122)
Ⅳ 主要分野の研究動向(125)
Ⅴ 高齢者法教育(128)
Ⅵ おわりに(130)


 編集後記/飯田 高

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Ho to Shakai Kenkyu
[Japanese Law & Society Review / Revue Japonaise Droit et Societe /Japanische Zeitschrift fur Recht und Gesellschaft]

Edited by Shozo OTA & Iwao SATO


No.3 December 2017


 ~~~ Contents ~~~


◇Theory & Methodology  


Adequate Positioning in Participatory Observation between Police and Social Movement Groups: The Method by Which We Can Get the Best Results Is the Best

Mikio KAWAI


Bayesian Approach for Social Science: From NHST to MCMC

Shozo OTA


◇Special Articles


Do the Young Lawyers Degrade the Quality of Legal Services? : An Analysis from the Statistical Data of Lawyer Discipline

Kyoko ISHIDA


Statistical Analysis of Cases Mediated Through Financial ADR Program of FINMAC: What Makes Differences Between Cases and Through Five Years of Its Operation?

Tomohiko MAEDA


◇Review Article


Research on Police Legitimacy in Crime Survey for England and Wales

Naoko YOSHIDA


Current Situation of Elder Law in the United States

Aya YAMAGUCHI

このページのトップへ

内容説明

法と社会に関する優れた研究成果を掲載することを通じ、学問研究の更なる発展に寄与すべく創刊された「法社会学」研究誌、待望の第3号。個別のテーマや課題に関する優れた研究とともに、それらの研究の基礎にある理論や方法を自制的に対象化し、絶えず変容し拡大する様々な理論や方法を考察する。本号は、熟考の〔巻頭論文〕、先端の〔特別論文〕、精選の〔レヴュー論文〕をそれぞれ2本ずつ掲載し、議論の蓄積と活性化を促す。

このページのトップへ

関連書籍

ブリッジブック刑法の考え方(第3版)

ブリッジブック刑法の考え方(第3版)

刑法学習の基礎体力づくりのために

著者:高橋 則夫
 
 
プラクティス民法 債権総論(第5版)

プラクティス民法 債権総論(第5版)

2017年の民法(債権法)改正対応版。

著者:潮見 佳男
 
法文化論序説(下)

法文化論序説(下)

融通無礙な憲法条文解釈の由来を探る

著者:池田 政章
 
 
現代法哲学講義〔第2版〕

現代法哲学講義〔第2版〕

実践的な法哲学テキスト、待望の改訂!

著者:井上 達夫 編著
 
21世紀民事法学の挑戦 ― 加藤雅信先生古稀記念 (下巻)

21世紀民事法学の挑戦 ― 加藤雅信先生古稀記念 (下巻)

第一線の執筆陣による民事法学の総合的考察

 
 
21世紀民事法学の挑戦 ― 加藤雅信先生古稀記念 (上巻)

21世紀民事法学の挑戦 ― 加藤雅信先生古稀記念 (上巻)

第一線の執筆陣による民事法学の総合的考察

 
法文化論序説(上)

法文化論序説(上)

法文化の多角的・総合的考察

著者:池田 政章
 
 
和解は未来を創る

和解は未来を創る

和解・交渉・ADRに興味をもつ方々に

 
 
法と社会研究 創刊第1号

法と社会研究 創刊第1号

法と社会の構造変容を捉える法社会学の挑戦

 
法と社会研究 第2号

法と社会研究 第2号

法社会学の未来を拓く研究雑誌、第2号

 
 
民事紛争解決手続論

民事紛争解決手続論

民事紛争解決理論研究の先駆的基本文献

著者:太田 勝造
 
環境保護と法

環境保護と法

環境保護先進国ドイツの経験が役立つ

 
 
体制改革としての司法改革

体制改革としての司法改革

意思決定をキーワードとする司法改革論

 
民事紛争交渉過程論

民事紛争交渉過程論

当事者の主体的認知・行動に焦点を鋭く分析

著者:和田 仁孝
 
 
民事紛争処理論

民事紛争処理論

民事紛争の分析視角をトータルに提示

著者:和田 仁孝
 
科学の不定性と社会 ― 現代の科学リテラシー

科学の不定性と社会 ― 現代の科学リテラシー

信頼の執筆陣による、科学リテラシー入門

 
 

このページのトップへ