【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 性暴力被害者の法的支援 ― 性的自己決定権・性的人格権の確立に向けて【性暴力被害者の総合的・包括的支援 シリーズ1】

性暴力被害者の法的支援 ― 性的自己決定権・性的人格権の確立に向けて【性暴力被害者の総合的・包括的支援 シリーズ1】  新刊

性暴力被害者の法的支援 ― 性的自己決定権・性的人格権の確立に向けて【性暴力被害者の総合的・包括的支援 シリーズ1】

支援員の常駐と産婦人科救急医療態勢、被害者の心とからだの治療と、その後の回復に向けた、継続的なケアとサポートを提起する。

著者 特定非営利活動法人 性暴力救援センター・大阪SACHIKO
ジャンル 法律 > 刑事法
出版年月日 2017/12/30
ISBN 9784797286946
判型・ページ数 A5変・180ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 『性暴力被害者の法的支援―性的自己決定権・性的人格権の確立に向けて』(性暴力被害者の総合的・包括的支援シリーズ1)

特定非営利活動法人
性暴力救援センター・大阪SACHICO 編


【目  次】

巻頭言〔加藤 治子〕

◆第1章 法的支援のケースワーク

1 はじめに―性暴力被害への法的支援に求められる基本的な理解と姿勢〔雪田 樹理〕

 1 性暴力とは何かを理解する
  (1) 性暴力とは何か
  (2) すべての性暴力被害者への支援
  (3) リプロダクティブ・ヘルス/ライツ
  (4) 同意とはなにか
 2 被害者の自己決定を尊重する◆司法手続きは被害回復の道になりえる
 3 被害者への配慮ある対応
 4 本書で使用する用語について

2 顔見知りによるレイプ〔藤井 恭子〕

 1  ケース(事例)
 2  論  点
 3  解  説
  1 強制性交等罪の成立要件
  2 不法行為の成立要件と,被害者側の過失(落ち度)の評価
 コラム 強かん神話〔原田 薫〕
 コラム (臨床)法医学者が法曹関係者・支援員と共有したい大切なこと〔髙瀬 泉〕   

3 勤務先の上司からの被害 〔太平 信恵〕

 1  ケース(事例)
 2  論  点
 3  解  説
  1 セクシュアルハラスメントの定義
  2 事業主の義務
  3 加害者及び勤務先の不法行為
  4 損害賠償の内容・範囲
  5 刑事責任
  6 労働災害

4 大学でのセクハラ被害〔本田 千尋〕

 1  ケース(事例)
 2  論  点
 3  解  説
  1 絶対的な上下関係がある場合の被害
  2 法的責任の追及
  3 大学が設置している相談窓口やハラスメント防止委員会等の利用

5 幼少期の被害〔金 星姫〕

 1  ケース(事例)
 2  論  点
 3  解  説
  1 消滅時効の起算点
  2 除斥期間の起算点
  3 加害行為と複雑性PTSD発症との因果関係
  4 損害額の算定
 コラム 性暴力による心的外傷を理解する―トラウマ関連障害について
 コラㇺ〔久保田康愛〕

6 少年による加害事件〔角崎 恭子〕

 1  ケース(事例)
 2  論  点
 3  解  説
  1 加害児の年齢による手続の違い
  2 被害内容の立証上の問題点(被害児と相談者の意向の違い)
  3 学校・教育委員会の役割
  4 修復的司法
  5 加害児の両親の責任の法律構成

7 保護者(実父・養父・継父など)による性虐待事件〔森本志磨子〕

 1  ケース(事例)
 2  論  点
 3  解  説
  1 Bの法的責任
  2 被害事実(日時,場所,行為態様等)の特定
  3 Aさんの再被害を防ぐために,どうすればよいか
  4 個別事情に応じた対応

8 ポルノ出演強要事件 〔雪田 樹理〕

 1  ケース(事例)
 2  論  点
 3  解  説
  1 プロダクションとの契約の法的性質は業務委託契約か雇用契約か
  2 契約の解除
  3 インターネット上の画像の削除および動画の配信や販売の停止
  4 債務不履行に基づく慰謝料請求
  5 刑事責任
 コラム 支援者の二次受傷とその予防 〔岡林絵里子〕

◆第2章 司法手続の説明

1 刑事事件手続 〔和田谷幸子〕

 1 はじめに
 2 刑事手続の流れ

2 少年事件手続―加害者が少年(20歳未満)の場合〔和田谷幸子〕

 1 手続の概要
 2 少年審判への参加(関与)方法
 コラム 被害者にとっての刑事手続と民事手続〔和田谷幸子〕
 コラム 「協同面接」と性暴力救援センター 〔雪田 樹理〕
 コラム 加害者に対する教育プログラム 〔岡林絵里子〕

3 民事事件手続〔夛田 有里〕

 1  民事手続の流れ
 2  交  渉
  (1) 交渉とは
  (2) 交渉の流れ
  (3) 示談書等の作成
  (4) 書面を公正証書にする
  (5) 交渉がまとまらなかったら
 3  調  停
  (1) 調停とは
  (2) 調停申立ての手続
  (3) 調停の流れ
 4  訴  訟
  (1) 訴訟とは
  (2) 訴訟の提起
  (3) 訴状送達
  (4) 第1回口頭弁論期日
  (5) 第1回口頭弁論期日以降の期日
  (6) 民事訴訟における被害者保護のための手続
  (7) 判  決
  (8) 裁判上の和解
  (9) 上  訴

4 法的手続きの経済的支援〔角崎 恭子〕

 1  司法支援センター(法テラス)の民事法律扶助
 2  日弁連の犯罪被害者法律援助
 3  国選被害者参加弁護士制度

5 法的支援における支援員の役割〔高見 陽子〕

 1  病院拠点型のワンストップセンターへの相談・来所
 2  診  察
 3  男性被害者について
 4  刑事手続きの支援
 5  警察への同行支援
 6  検察への同行支援
 7  二次被害
 8  裁判での支援
 9  弁護士との打ち合わせ
 10  大切な振り返りの時間
 11  支援員の役割

◆第3章 関連法律の紹介と解説

1 刑法の性犯罪規定〔藤井 恭子〕

 1  強制わいせつ罪
 2  強制性交等罪
 3  準強制わいせつ及び準強制性交等
 4  集団強姦等(改正により削除)
 5  監護者わいせつ及び監護者性交等(改正により新設)
 6  未 遂 罪
 7  強制わいせつ等致死傷罪
 8  親 告 罪(改正により削除)
 9  平成29年刑法改正の解説
  (1) 犯罪が成立する行為を拡大
  (2) 法定刑の引き上げ
  (3) 監護者わいせつ及び監護者性交等罪の新設
  (4) 非親告罪に改正
  (5) 残されている問題点

2 ストーカー規制法〔藤井 恭子〕

 1  規制対象となる行為の定義
  (1) つきまとい等
  (2) ストーカー行為
  (3) 条  文
 2  法的手続
  (1) 警  告
  (2) 禁止命令
  (3) 条  文
 3  プライバシー情報の秘匿
 4  ストーカー規制法違反による検挙数等統計

3 リベンジポルノ被害防止法〔藤井 恭子〕

 1  「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」の概要
  (1) 定  義
  (2) 罰  則
 2  統  計

4 児童ポルノ禁止法等〔角崎 恭子〕

 1  児童ポルノ禁止法
  (1) 「児童買春」の定義等
  (2) 「児童ポルノ製造等」の定義等
  (3) 注 意 点
 2  青少年健全育成条例等
 3  迷惑防止条例違反
 4  JKビジネス禁止条例

5 児童虐待防止法・児童福祉法〔岡崎 倫子〕

 1  児童虐待防止法
  (1) 被害事実が児童虐待に該当する場合
  (2) 児童虐待に該当する場合に子どもを守るためにとりうる対応
 2  児童福祉法
  (1) 被害事実が児童虐待に該当する場合:当事者の要件
  (2) 児童虐待等の場合の措置
  (3) 被害事実につき児童福祉法違反として訴追される場合

あとがき〔雪田 樹理〕  

このページのトップへ

内容説明

支援員の常駐と産婦人科救急医療態勢、被害者の心とからだの治療と、その後の回復に向けた、継続的なケアとサポートを提起する。急増する被害者を支援するために緊急企画された性暴力被害者の総合的・包括的支援(全3巻)シリーズ第1巻。SACHICO(性暴力救援センター・大阪SACHICO)からの被害者支援の手引き。

このページのトップへ

関連書籍

性暴力被害の実態と刑事裁判

性暴力被害の実態と刑事裁判

性犯罪を直視し被害者の人権を守る

 
森美術館問題と性暴力表現

森美術館問題と性暴力表現

芸術の名における性暴力は許されるか

 
 
女性差別撤廃条約と私たち

女性差別撤廃条約と私たち

国際社会の法的センシビリティー

著者:林 陽子 編著
 
 
女性と憲法の構造

女性と憲法の構造

現代の女性の人権保障へ向けて

著者:大西 祥世
 
 
女性のための離婚ホットラインQ&A

女性のための離婚ホットラインQ&A

離婚に踏み切れない女性のために

 
女性と福祉

女性と福祉

福祉制度を通じて女性解放を追及

著者:桑原 洋子
 
 
教育女性学入門

教育女性学入門

女子教育の理論と実践

著者:村田 鈴子
 
 
ジェンダー法研究 創刊第1号

ジェンダー法研究 創刊第1号

実務と研究を架橋し、新たな共生社会を拓く

 
比較判例ジェンダー法

比較判例ジェンダー法

ジェンダー視点から国内外判例を学ぶ

 
 
導入対話によるジェンダー法学(第2版)

導入対話によるジェンダー法学(第2版)

ジェンダーの視点から最新法学を学ぶ

著者:浅倉 むつ子
 
ジェンダー六法(第2版)

ジェンダー六法(第2版)

学習・実務に必携のジェンダー法令集第2版

 
 

このページのトップへ