【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 環境法研究 第7号

環境法研究 第7号  新刊

環境法研究 第7号

【特集】「順応型リスク制御の新展開」/現代的課題である環境へのリスクを多角的視点から考究する。

著者 大塚 直 責任編集・著
下山 憲治
横内 恵
川合 敏樹
山本 紗知
横田 明美
奥主 喜美
ジャンル 法律 > 環境法
シリーズ 法律・政治 > 研究雑誌
出版年月日 2017/12/05
ISBN 9784797266672
判型・ページ数 菊判変・112ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

【特集:順応型リスク制御の新展開】

◆ 1 リスク言説と順応型の環境法・政策/下山憲治

Ⅰ はじめに― リスク言説の幻想と現実
Ⅱ リスクとは何か
Ⅲ 組織・手続的リスク論と実体的リスク論
Ⅳ 科学的不定性と事前警戒・予防アプローチ
Ⅴ 順応型リスク制御について
Ⅵ  リスクへの対応と順応型制御 ― 第一種の過誤と第二種の過誤
Ⅶ おわりに― リスクと責任

◆ 2 順応型リスク制御と比例性 ― ドイツ遺伝子技術法の閉鎖系規律手続を題材として/横内 恵

Ⅰ はじめに
Ⅱ リスクの法的制御の手続化
Ⅲ ドイツ遺伝子技術法の概要
Ⅳ 閉鎖系に対する規律の手続的構造
Ⅴ 順応型リスク制御の意義
Ⅵ おわりに

◆ 3 変更許可制度による環境・健康リスクへの対処をめぐる問題について/川合敏樹

Ⅰ はじめに
Ⅱ 原子炉の設置/変更許可手続とその問題点
Ⅲ 原子炉変更許可と命令(バックフィット命令)との関係
Ⅳ おわりに

◆ 4 順応型リスク制御と計画手法 ― 航空機騒音リスクへの対処を素材として/山本紗知

Ⅰ はじめに
Ⅱ ドイツ空港計画と航空機騒音リスク
Ⅲ ベルリン・ブランデンブルク国際空港とその飛行経路
Ⅳ 飛行経路とは
Ⅴ 2012年判決の趣旨
Ⅵ 2012年判決に対する若干の考察
Ⅶ むすびにかえて

◆ 5 AI・ロボット社会の進展に伴うリスクに対する環境法政策の応用可能性/横田明美

Ⅰ 科学技術と不確実性,社会における反応
Ⅱ IoT,AI,ロボットの進展による社会の変化
Ⅲ 参照可能性の例として:食品包装材料の化学物質規制改革論

《特別寄稿》
◆ 6 放射性物質に関する環境基準の課題/奥主喜美

Ⅰ  東日本大震災後の環境法における放射性物質適用除外規定の動向
Ⅱ 放射線防護基準の考え方
Ⅲ 環境基準の考え方
Ⅳ 我が国の放射線防護の法体系
Ⅴ 平成26年中央環境審議会総会での報告
Ⅵ 結 語

このページのトップへ

内容説明

 ★特集★ 順応型リスク制御の新展開

第7号<特集:順応型リスク制御の新展開>では、現代的課題である環境へのリスクを多角的視点から考究する、下山、横内、川合、山本、横田の5論文を収録。さらに前環境省総合環境政策局長(奥主)による<特別寄稿>「放射性物質に関する環境基準の課題」も注目すべき貴重な論文である。

このページのトップへ

関連書籍

環境法研究 創刊第1号

環境法研究 創刊第1号

環境法学の構築と理論の実践

 
環境法研究 第2号

環境法研究 第2号

中国の環境問題を検証し対策を考える

 
 
環境法研究 第3号

環境法研究 第3号

リスク論の見地から原発問題を考察する

 
環境法研究 第4号

環境法研究 第4号

特集「アスベスト」 ― 法政策と訴訟

 
 
環境法研究 第5号

環境法研究 第5号

原発規制と原発訴訟の法理論

 
環境法研究 第6号

環境法研究 第6号

法政策と訴訟の両分野から追求する

 
 
環境リスクと予防原則   Ⅰ  リスク評価

環境リスクと予防原則 Ⅰ リスク評価

入門から発展まで-アメリカ環境法入門

著者:畠山 武道
 
環境法総論と自然・海浜環境

環境法総論と自然・海浜環境

環境法学は環境を守れるのか

著者:阿部 泰隆
 
 
廃棄物法制の研究

廃棄物法制の研究

廃棄物処理業者、行政・裁判実務、研究まで

著者:阿部 泰隆
 
環境外交─気候変動交渉とグローバル・ガバナンス

環境外交─気候変動交渉とグローバル・ガバナンス

気候変動交渉からみる国際交渉の力学

著者:加納 雄大
 
 
生存の条件

生存の条件

地球環境問題を私たちが考えるために

著者:旭硝子財団 編著
 
 
原子力外交

原子力外交

原子力外交の現場からの発信

著者:加納 雄大
 
原子力損害賠償法

原子力損害賠償法

理論と実践の架橋を図る体系書

著者:豊永 晋輔
 
 
中国環境法概説 Ⅰ  総論

中国環境法概説 Ⅰ 総論

動きの激しい中国環境法の教科書

著者:桑原 勇進
 
環境条例の制度と運用

環境条例の制度と運用

★開発と環境-規制条例を知る[2色刷]

 
 
環境刑法の総合的研究

環境刑法の総合的研究

最先端の環境刑法の多角的研究書

著者:町野 朔
 
都市空間のガバナンスと法

都市空間のガバナンスと法

拡大型都市法から持続型都市法へ

 
 
環境法講義(第2版)

環境法講義(第2版)

★人気書が待望の改訂!新たな章も追加★

著者:高橋 信隆 編著
岩崎 恭彦
 
国際環境法

国際環境法

持続可能な地球社会の国際法

著者:磯崎 博司
 
 
京都議定書の国際制度

京都議定書の国際制度

京都議定書の的確な理解のための書

 
国際環境事件案内

国際環境事件案内

具体的事件を通して国際環境問題を考える

著者:石野 耕也 他編
岩間 誠 他編
磯崎 博司 他編
 
 
EU環境法と企業責任

EU環境法と企業責任

最新のEU環境法の紹介と企業責任

 
生物多様性とCSR─企業・市民・政府の協働を考える

生物多様性とCSR─企業・市民・政府の協働を考える

環境を世界の視野から守るために

 
 
淡水生物の保全生態学

淡水生物の保全生態学

淡水域の生きものの保全と復元

著者:森 誠一 編著
 
 

このページのトップへ