【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 家族のための総合政策 Ⅳ ― 家族内の虐待・暴力と貧困

家族のための総合政策 Ⅳ ― 家族内の虐待・暴力と貧困  新刊

総合叢書 21

家族のための総合政策 Ⅳ ― 家族内の虐待・暴力と貧困

女性と子どもの問題を中心に家族内の虐待・暴力と貧困問題を取り扱う。大人中心の子育て支援に偏りすぎる傾向に警鐘を鳴らす。

著者 本澤 巳代子
ジャンル 法律 > 労働法/社会保障法
シリーズ 法律・政治 > 総合叢書
出版年月日 2017/10/30
ISBN 9784797254716
判型・ページ数 A5変・300ページ
定価 本体7,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『家族のための総合政策Ⅳ』

  本澤巳代子(筑波大学名誉教授) 編


【目  次】

はしがき

◇第1部 各国の家族内虐待暴力と貧困◇

第1章 日本の家族政策における虐待暴力と貧困〔本澤巳代子〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 明治民法の家制度と現行民法の家族
 Ⅲ 社会保障法の歴史的展開
 Ⅳ 少子化対策としての家族政策
 Ⅴ 困難な状態にある女性・子どもと家族政策
 Ⅵ おわりに

第2章 韓国における家族間暴力防止法制〔片桐由貴〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 韓国における暴力・虐待防止法制の特徴
 Ⅲ 配偶者間暴力に関する法制
 Ⅳ 児童虐待の防止と保護のための法制
 Ⅴ 韓国法からの示唆

第3章 中国における児童虐待・配偶者間暴力と反家庭内暴力法〔呉 紅敏〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 児童虐待の現状とこれまでの法制度
 Ⅲ 女性に対する家庭内暴力の現状とこれまでの法制度 
 Ⅳ 中華人民共和国反家庭内暴力法の概要
 Ⅴ 反家庭内暴力法の意義と課題
 Ⅵ 結びにかえて

第4章 イギリスにおける虐待・暴力に対する法制度〔橋爪幸代〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 児童虐待
 Ⅲ 成人虐待
 Ⅳ おわりに

第5章 親権停止終了の際における公的機関介入の可能性について ―ドイツ法を参考として―〔髙橋大輔〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 親権停止制度とその問題 
 Ⅲ ドイツ法における「親の配慮」の制限と検査義務
 Ⅳ おわりに

第6章 家族内における性的虐待・性暴力と刑事手続法における被害者の保護・援助―ドイツの制度とその周辺―〔岩下雅充〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ ドイツの刑事手続法による被害者の保護
 Ⅲ ドイツの刑事手続における被害者の「発見」
 Ⅳ ドイツの刑事手続における被害者の保護とEU法その他の要請
 Ⅴ おわりに

◇第2部 近親者による虐待・暴力と子どもの貧困―多面的視点から―◇

第7章 ドメスティックバイオレンス被害が母子に与える影響とその援助―臨床の実際と制度上の課題について―〔森田展彰〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ DVが家族に与える影響
 Ⅲ 介入と援助
 Ⅳ まとめ

第8章 子どもの成長リスクの予防と家族支援―子どもの貧困と子ども虐待―〔和田一郎〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 子どもの貧困について
 Ⅲ 子ども虐待について
 Ⅳ 虐待のコストを算出する必要性
 Ⅴ 研究方法
 Ⅵ 研究結果と考察

第9章 なぜ被虐待児の「参加する権利」は法から排除されるのか〔根岸 弓〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 立法府等の審議で「被虐待児の参加権」はどのように扱われたか
 Ⅲ 被虐待児は参加することをどのように感じているか
 Ⅳ おわりに―児童虐待対応法制度における参加権の意味

第10章 就学義務制度の虐待防止機能―日独比較の視点から―〔荒川麻里〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 日本の就学義務制度
 Ⅲ ドイツの就学義務制度
 Ⅳ ハンブルクの就学義務制度と「強制就学」
 Ⅴ おわりに

第11章 子どもの健全育成に対するリスク要因としての失業と家族の貧困…………〔ウタ・マイヤー=グレーヴェ(本澤巳代子訳)〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ モデルプロジェクトの費用範囲と費用構造―ニュルンベルクという調査地点データの評価 
 Ⅲ モデルプロジェクトの費用対効果関係
 Ⅳ 縦断面から見たモデルケース
 Ⅴ 議論と展望

第12章 国家の任務としての欧州における子どもの権利保障と支援〔エーファ・マリア・ホーネルライン(本澤巳代子訳)〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 国家の家族政策の標準的な基準および権限としての子の福祉
 Ⅲ 社会政策・家族政策の子どもに関係付けられた目標設定
 Ⅳ 結 語

執筆者紹介

このページのトップへ

内容説明

困難な状態にある女性と子どもの問題を中心に、家族内の虐待・暴力と貧困問題を取り扱う。第1部では東アジア諸国と欧州の虐待・暴力に関する法制度を概観。第2部では精神医学をはじめとする様々な観点から虐待・暴力の予防、被害者救済、加害者矯正などに関する議論を紹介。子どもの権利保障のための国家の責務責務と支援策について、異なる特徴の欧州4カ国を比較。日本における家族関係の諸政策が、大人中心の子育て支援に偏りすぎる傾向に警鐘を鳴らす。

このページのトップへ

関連書籍

家族のための総合政策

家族のための総合政策

21世紀の家族を支える日独の総合政策

 
家族のための総合政策 Ⅱ

家族のための総合政策 Ⅱ

家族に優しい社会の実現のために

 
 
トピック社会保障法(2017第11版)

トピック社会保障法(2017第11版)

基礎知識を最新情報で実践的に学ぶテキスト

著者:本澤 巳代子 編著
新田 秀樹 編著
 
 
社会保障・福祉六法

社会保障・福祉六法

充実の編集陣が必要な法令・条文を厳選

著者:岩村 正彦 編集代表
菊池 馨実 編集代表
嵩 さやか 編集委員
中野 妙子 編集委員
笠木 映里 編集委員
水島 郁子 編集委員
 
社会保障法研究 第6号

社会保障法研究 第6号

社会保障法学の一層の発展を目指す学術雑誌

 
 
社会保障法研究 第5号
 
 

このページのトップへ