【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 行政法研究 第19号

行政法研究 第19号

行政法研究 第19号

行政法理論の基層を探求する研究雑誌。行政法学の未来を拓く最新論文4点を掲載。

著者 宇賀 克也 責任編集
福井 秀夫
野呂 充
北村 和生
米田 雅宏
ジャンル 法律  > 行政法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2017/07/31
ISBN 9784797265491
判型・ページ数 菊判変・176ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 『行政法研究 第19号』

  宇賀克也(東京大学大学院法学政治学研究科教授) 責任編集

【目  次】

はしがき(宇賀克也)

◆1◆ 憲法29条3項に基づく「正当な補償」の概念
    ―損失補償と損害賠償における「対価補償」・「通常生じる損失に係る補償」の異同〔福井秀夫〕
 Ⅰ 損失補償と損害賠償の異同
 Ⅱ 物の価値の全損とその補償・鑑定評価
 Ⅲ 損失補償と損害賠償における対価補償・通常生じる損失に係る補償・生活権補償
 Ⅳ おわりに

◆2◆ 行政処分の違法性の承継に関する一考察〔野呂 充〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 学説の検討
 Ⅲ 建築安全条例事件最判を踏まえた違法性の承継の判断基準
 Ⅳ 個別的検討

◆3◆ 行政の情報提供義務と国家賠償責任〔北村和生〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 接触型類型における情報提供義務と国家賠償訴訟
 Ⅲ 危険管理型類型の情報提供義務と国家賠償訴訟
 Ⅳ おわりに


◆4◆ 抽象的危険と危険防御命令―危険防御を目的とした行政立法の実体的統制―〔米田雅宏〕
 Ⅰ はじめに―問題の所在
 Ⅱ 抽象的危険と危険防御命令―分析視角としてのドイツ法
 Ⅲ 分析視角に基づく我が国の裁判例の検証
 Ⅳ おわりに―残された課題

---------------------------------------------------------------

Gyoseiho-kenkyu
[Review of administrative law - Revue de droit administratif - Zeitschrift für Verwaltungsrecht]

Edited by Katsuya Uga

No.19
July 2017

1 Just Compensation on the Third Clause of the Article 29 of the Constitution: Distinction between the Reimbursement of
 the Lost Objects and the compensation for the ordinarily-incurred loss in indemnity and loss compensation
Hideo Fukui

2 Study on Transfer of Defect from a Previous Administrative Act to a Following Administrative Act
Mitsuru Noro

3 L'obligation d'information et la responsabilité administrative au Japon
Kazuo Kitamura

4 Abstrakte Gefahr und Gefahrenabwehrverordnung
Masahiro Yoneda

このページのトップへ

内容説明

◇行政法学の未来を拓く研究雑誌、2017年7月刊行の19号!◇

本号では論文4篇を掲載。福井論文は、原子力事故の損害賠償における「正当な補償」を損失補償と損害賠償の異同から考察する。野呂論文「行政処分の違法性の承継に関する一考察」は学説と個別的検討を広く分析する。北村論文「行政の情報提供義務と国家賠償責任」は、その類型的分析を試みる。米田論文「抽象的危険と危険防御命令」は適切な法的規制の在り方を解明・考究。




このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ