【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 民法研究【第2集】 第2号 〔東アジア編2〕

民法研究【第2集】 第2号 〔東アジア編2〕

民法研究【第2集】 第2号 〔東アジア編2〕

広中俊雄創刊『民法研究』を継承し、新たな構想の下スタートする第2集。第一線の民法学者による報告論文とその中国語、韓国語訳。

著者 大村 敦志 責任編集
河上 正二
中田 邦博
野澤 正充
道垣内 弘人
松岡 久和
丸山 絵美子
ジャンル 法律  > 民法
法律  > 民法  > 消費者法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2017/03/30
ISBN 9784797218121
判型・ページ数 菊判変・212ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 『民法研究 第2集第2号〔東アジア編2〕』

  大村敦志(東京大学大学院法学政治学研究科教授)責任編集

【目  次】

◆第2回東アジア学術大会(中国延辺)国際シンポジウムについて〔河上正二〕

 Ⅰ シンポジウムの概要
 Ⅱ 余  滴

◆消費者法の視点からみた日本の売買法と民法改正〔中田邦博〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 日本における民法・売買法と消費者法―問題の所在
 Ⅲ 債務不履行責任の基本構造をめぐる発想の違い
 Ⅳ 消費者売買における契約不適合と民法改正
 Ⅴ むすび

◆高齢化社会と消費者の保護〔野澤正充〕

 Ⅰ 問題の所在
 Ⅱ 高齢者のみを対象とする悪質な取引―契約締結過程の適正化
 Ⅲ 高齢者のみを顧客とする取引―契約内容の適正化
 Ⅳ まとめ

◆約款法と消費者法〔河上正二〕

 Ⅰ 立法の動向
 Ⅱ 民法と消費者契約法の関係について
 Ⅲ 「約款」概念の導入について
 Ⅳ 背景となる思想・介入根拠について
 Ⅴ 対価的不均衡への介入
 Ⅵ 広告の世界
 Ⅶ 「透明性の要求」
 Ⅷ 債務内容確定に関するルール
 Ⅸ 不当条項規制

◆消費者契約法10条による無効判断の方法〔道垣内弘人〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 「信義則の具体化」と「任意法規の指導形象機能ないし半強行法規化」
 Ⅲ 「民法第1条第2項に規定する基本原則に反して消費者の利益を一方的に害するもの」であるか否かの判断方法
 Ⅳ まとめ

◆消費者撤回権と民法〔松岡久和〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 消費者撤回権の民法との関係
 Ⅲ 撤回権の法的構成
 Ⅳ 若干の各論的考察―通信販売における撤回権
 Ⅴ おわりに

◆損害賠償額の予定・違約金条項規制の展開〔丸山絵美子〕

 Ⅰ 問題の所在
 Ⅱ 民法と損害賠償額の予定
 Ⅲ 消費者法領域における展開
 Ⅳ 消費者契約法9条1号に関する判決例の展開
 Ⅴ 検討―学説の評価や改正提案を踏まえて

 - - -

【中国語訳】
从消费者法的角度审视日本的买卖法与民法修正 中田邦博 (姜雪蓮・渠 遥 译)
高龄化社会与消费者保护 野泽正充 (姜雪蓮・渠 遥 译)
格式条款法与消费者法 河上正二 (沈思明・王冷然 译)
依据消费者契约法第10条作无效判断的方法 道垣内弘人 (沈思明・渠 遥 译)
消费者撤回权与民法 松冈久和 (沈思明・渠 遥 译)
损害赔偿金的预设、违约金条款规制之展开 丸山绘美子 (姜雪蓮・渠 遥 译)

【韓国語訳】
소비자법의 관점에서 본 일본의 매매법과 민법개정 中田邦博 (박상오・고철웅 번역)
고령화 사회와 소비자 보호 野澤正充 (김혜민・고철웅 번역)
약관법과 소비자법 河上正二 (김혜민・고철웅 번역)
소비자계약법 제10조에 의한 무효판단의 방법 道垣内弘人 (배경윤・고철웅 번역)
소비자철회권과 민법 松岡久和 (현동엽・고철웅 번역)
손해배상액의 예정·위약금조항 규제의 전개 丸山絵美子 (정찬옥・고철웅 번역)

 - - -

〈資料〉 第2回東アジア民事法学国際シンポジウム・プログラム


編集後記(大村敦志)

--------------------------------

◆ Review of Civil Law / Revue de droit civil / Zeitschrift für bürgerliches Recht

     Edited by Atsushi Omura
   
     Vol. 2 March 2017


― Contents ―

The Impressions of Symposium at Yanbian

Shoji Kawakami


Das japanische Kaufrecht und die Reform des Zivilrechts aus verbraucherrechtlicher Perspektive

Kunihiro Nakata


Protection of Consumers in Super Aging Society
               
Masamichi Nozawa   
 

The Application of Art.10 of Consumer Contract Law

Hiroto Dogauchi


The Standard form Contracts and Consumer Law

Shoji Kawakami

 
Consumer's Right of Revocation and Civil Law in General 

Hisakazu Matsuoka 


Regulations of Liquidated Damages and Penalty Clauses

Emiko Maruyama


このページのトップへ

内容説明

◇伝統の『民法研究』が、大村敦志教授の責任編集で再始動した第2集の第2号。さらなる発展を目指す研究雑誌◇

広中俊雄創刊『民法研究』を継承し、新たな構想の下スタートした第2集〔東アジア編〕の第2号。東アジア民事法学国際シンポジウムをベースとして、「日本民法を東アジアに発信する新たな試み」。第一線の民法学者による報告論文と、かつ、その中国語・韓国語訳を付して、国際的に貴重な示唆を与える。〈本号執筆者〉河上正二・中田邦博・野澤正充・道垣内弘人・松岡久和・丸山絵美子

このページのトップへ

関連書籍

民法研究 第2号
 
 

このページのトップへ