【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 幻影の嘉例吉(かりゆし)

幻影の嘉例吉(かりゆし)

牧志朝忠とチル

幻影の嘉例吉(かりゆし)

沖縄を舞台にした、歴史ノベル

著者 黒内 彪吾 著 (ペンネーム)
村瀬 信也 (本名)
ジャンル 人文・社会  > 小説/エッセイ/詩
人文・社会  > 歴史
出版年月日 2016/07/30
ISBN 9784882610038
判型・ページ数 4-6変320ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

【見出し】
島 影/異 国/強 風/試 練/通 事/身 辺/染 屋/舞 姫/赤 糸/自 由/飛 翔/地 頭/密 使/暗 転/獄 舎/風 待/終 章

・参考文献
・あとがき

このページのトップへ

内容説明

◆沖縄の歴史を知るためにも必読の、精密かつ流麗に描かれる、琉球の英雄・牧志朝忠と舞姫チルの物語◆

第一線で活躍してきた法学者による、貴重な時代小説が、遂に刊行!

琉球の英雄・牧志朝忠は、型破りな外交官としてペリー艦隊と果敢に交渉、琉球の自立のために奮闘した実在の人物。舞姫チルは、渾身の愛を込めて朝忠を支え続 けた翔いた女性。不可解な朝忠の死にも迫る歴史ミステリー。本作品のキーワードは「自立」。琉球の自立は、そこに生きる人々の自立なしには、ありえない。 気鋭の国際法学者による、現代に繋がり、視野を広げる「時代小説」が登場! !

牧志朝忠(まきし ちょうちゅう:1818生-1862没)
琉球王国末期の官僚。板良敷朝忠とも呼ばれる。中国語、英語にすぐれ、ペリー来琉時の通事もつとめ、薩摩の島津斉彬にみとめられ、日帳主取にすすむ。斉彬の死後、牧志・恩河事件で免 職,10年の流刑となる。朝忠の語学力を必要とした鹿児島藩の要請で釈放されたが、鹿児島にむかう途中で自害し、波乱の人生を終える。

 

【あらすじ】

 琉球はむかし中国の史書で「流求」と呼ばれていた。流れ求めるこの王国は、大海原で漂流するサバニ(小舟)のように、歴史の潮流に翻弄されながらも、絶妙なバランスの中で、生き続ける途を求め、力の限りを尽くしてきた。この物語の主人公、牧志朝忠と琉舞の舞姫・チルが生きた19世紀中頃もそのような時代であった。
 牧志朝忠は北京・国子監での3 年間(1838-41)にわたる留学中、清国が、阿片戦争で英国にまさかの敗戦を喫したことに深い衝撃を受けた。清国はもはや頼りにならない。琉球が自立して歩むためには、何よりもまず、琉球の人々が個人として自立しなければならないと考えるに至る。帰国後、朝忠は琉球王府の異国通事として活躍し、次々に来訪する異国船の対応に当った。彼はその高い識見により、仏国や米国の艦隊の人々にも深い感銘を与えたという。当時、琉球は、清朝と薩摩藩に両属しつつも、国際法上は独立国として、米仏蘭の各国と条約を結んだ。そうした中で朝忠は、中級武家の出身ながら、後に王府閣僚にまで出世する。
 チルは海を隔てた久米島から琉球本島に流れてきた薄幸の少女。貧困にあえぐ家族を救うため、チルは辻村の遊郭「染屋」で遊女(ジュリ)となることを自らの意思で決める。しかし天性の舞姫として、チルは舞踊の世界で大きく羽ばたき、自立した琉球の女としての道を進む。朝忠との運命的な出会いを通して、チルもまた琉球の歴史の中でその役割を果たすことになる。
 琉球の王宮内では、摩文仁親方の率いる親清国の守旧派が主導権を握っていたが、宗主国島津藩主・島津斉彬は、家臣・市来正衛門を派遣して琉球王府の改革を断行させた。この改革は、一旦は成功したかに見えたが、斉彬の急死によって挫折。ここに、親薩摩・改革派(白党)と親清国・守旧派(黒党)との間の熾烈な抗争が展開される。白党・黒党の対立は、やがて朝忠を巻き込んで一大粛清事件に発展(「牧志・恩河事件」)。同志の恩河親方は凄惨な拷問の末に獄死、朝忠も終身禁固刑を受けて獄舎に繋がれる。
 3 年後(1862年)、朝忠は薩摩藩に救出された。チルとも3 年ぶりに再会。しかし彼は、御用船で鹿児島に向かう途中、伊平屋渡(いひゃど)と呼ばれる琉球本島最北端の海峡で「自ら急流に身を投じて」死んだとされるのである。だが、彼には自ら死を選ぶ理由など全くなかった。では、誰が牧志を殺したか。朝忠の若いころからの親友・津波古政正とその弟子・喜舎場朝賢がその謎に迫り、ついに真相が明らかとなる。
 これは、琉球の海に、ジュゴンの群れが多く回遊していた頃の物語でもある。

 

★著者について

黒内彪吾(くろうち ひょうご):村瀬信也(国際法学者)のペンネームである。黒内彪吾という 名前は、オランダの著名な国際法学者である、フーゴ・グロチウスにちなんだもの。フーゴ・グロチウスは、自然法に基づいた理論で、「国際法の父」と称され る。哲学者、劇作家、詩人で、『自由海論』、『戦争と平和の法』などの著作がある。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ