【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > ドイツ研究 50号

ドイツ研究 50号

ドイツ研究 50号

第50号: メインテーマ 「戦後70年、いま何を語るか」

著者 日本ドイツ学会編集委員会
ジャンル 法律  > 憲法
政治・経済
人文・社会
人文・社会  > 哲学/思想
シリーズ 学会誌
出版年月日 2016/05/27
ISBN 9784797287097
判型・ページ数 A5変・184ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『ドイツ研究 第50号』

  日本ドイツ学会編集委員会 編

【目  次】

◆シンポジウム◆「戦後70年,いま何を語るか」

 戦後70年,いま何を語るか─シンポジウムの問題提起〔相澤啓一〕
 日独における「特別の道」(Sonderweg)からの離陸─1994年7月と2014年7月〔水島朝穂〕
 ふたつの「たたかう民主制」〔石川健治〕
 アファーマティブ・アクションの政治─ユダヤ人に対する入国管理を中心に〔武井彩佳〕
 ドイツ現代史再考─「煙独」の風潮に抗して〔石田勇治〕
 コメント:戦後70年と擬制の「戦後レジーム」について〔福家崇洋〕
 コメント:歴史家が語るべき言葉〔小野寺拓也〕

◇論  文◇

 ドイツの州における行政改革と市民参加─ラインラント・プファルツ州における「実験」をめぐって〔山口和人〕
 多角的核戦力(MLF)に関する西ドイツ外交〔津崎直人〕

◇トピックス◇

 ドイツ城郭研究の過去と現在〔梅村尚幸〕
 メルケル政権下でのドイツ福祉国家の変容〔近藤正基〕
 Imaging Catastrophe─「フクシマ」を捉えた写真の可視性,不可視性〔結城 円〕
 ドイツにおけるエネルギー転換の新段階─再生可能エネルギー法2014年改正の背景と評価〔山下英俊〕

◇リポート◇

「ドイツのための選択肢」の分裂とその背景〔佐藤公紀〕

◇書  評◇

 『〈音楽の国ドイツ〉の系譜学』(全3巻)[吉田寛著]〔玉川裕子〕
 『政治がつむぎだす日常─東ドイツの余暇と「ふつうの人びと」』[河合信晴著]〔伊豆田俊輔〕
 『環境政策史論』[喜多川進著]〔森田直子〕

◇特別寄稿◇

 『ドイツ研究』編集に携わって〔髙木浩子〕

●執筆者紹介
学会通信
■2014年度ドイツ学会奨励賞(第10回)
■受賞のあいさつ〈北村 厚〉
■日本ドイツ学会案内

◇編集後記


-------------------------------------------------------------------


Symposium: 70 Jahre Kriegsende ― Neue Herausforderungen im japanisch-deutschen Vergleich

 Keiichi Aizawa, Einfuhrung zum Symposium
 Asaho Mizushima, Take-off vom “Sonderweg” in Deutschland und Japan ― Juli 1994 und 2014
 Kenji Ishikawa, Uber die zwei Arten der ?streitbaren “Demokratie”
 Ayaka Takei, Positive Diskriminierung als Wiedergutmachung?
        ― Politik uber die judische Einwanderung in Deutschland
 Yuji Ishida, Neubetrachtung der deutschen Zeitgeschichte
 Takahiro Fuke, Kommentar: 70 Jahre nach dem Kriegsende und das fiktionale ?Nachkriegsregime“
 Takuya Onodera, Kommentar: Wie sollen Historiker Geschichte erzahlen?

Abhandlungen
 Kazuto Yamaguchi, Verwaltungsreform und Burgerbeteiligung auf Landesebene
           ― Ein “Experiment” in Rheinland-Pfalz
 Naoto Tsuzaki, Die Bundesrepublik Deutschland und die Multilateral Force

Aktuelle Themen
 Naoyuki Umemura, Vergangenheit und Gegenwart der Burgenforschung in Deutschland
 Masaki Kondo, Der Wohlfahrtsstaat im Wandel ― Deutschland unter der Regierung Merkel
 Madoka Yuki, Imaging Catastrophe ― Sichtbarkeit und Unsichtbarkeit in den Fotografien aus Fukushima
 Hidetoshi Yamashita, Neue Stufe der Energiewende in Deutschland
            ― Hintergrunde und Bewertungen zur EEG-Reform 2014
Bericht
 Kiminori Sato, Die Spaltung der “Alternative fur Deutschland”und deren Hintergrund

Essay
 Hiroko Takagi, Die Redaktionsarbeit der Deutschstudien

このページのトップへ

内容説明

日本ドイツ学会学会誌第50号。ドイツ語圏を対象にして、人文科学の各専門分野から学際的議論を展開する「人文社会学的な総合学としての地域研究」誌。第50号では、メインテーマを「戦後70年、いま何を語るか」としたシンポジウムからの論稿(相澤啓一、水島朝穂、石川健治、武井彩佳、石田勇治ほか)などを掲載。ドイツを<よりよく知る>ための知的窓口として必読の学会誌。

このページのトップへ