【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 行政法研究 第13号

行政法研究 第13号

行政法研究 第13号

宇賀克也責任編集による行政法専門研究誌第13号。鼎談「個人情報保護法改正の意義と課題」、研究論文2本を収載。

著者 宇賀 克也
藤原 靜雄
山本 和徳
西津 政信
渡井理佳子
ジャンル 法律  > 行政法
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2016/04/20
ISBN 9784797265439
判型・ページ数 菊判・150ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 『行政法研究第13号』

  宇賀克也(東京大学大学院法学政治学研究科教授) 責任編集

【目  次】

〈鼎 談〉宇賀克也 藤原静雄 山本和徳

 ≪個人情報保護法改正の意義と課題≫

 1◆改正の背景
 2◆個人情報の定義の明確化
 3◆要配慮個人情報
 4◆匿名加工情報
 5◆取り扱う個人データの数が少ない事業者への対応
 6◆委託・共同利用
 7◆開示請求権等の明確化
 8◆利用目的の変更
 9◆名簿屋対策
 10◆個人データの消去
 11◆個人情報保護委員会
 12◆グローバル化への対応
 13◆今後の課題

―――― * ――――

◆1◆ ドイツの建築規制における封印措置等の法制度及び実務運用〔西津政信〕

 Ⅰ 本稿の考察対象及びねらい
 Ⅱ 主題制度の根拠規範状況とその法的性格ほか
 Ⅲ 主題制度に関する運用実態及び重要な法的論点
 Ⅳ 日本法への示唆ほか
 【関連参照条文仮訳】
 【参考資料】1~7

◆2◆ 経済的規制と規制行政の手法〔渡井理佳子〕

 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 日本における経済規制の本質とその手法
 Ⅲ 経済的規制と規制影響分析
 Ⅳ アメリカにおける国家安全保障に基づく規制と規則制定手続
 Ⅴ アメリカにおける国家安全保障に基づく規制とその適用
 Ⅵ おわりに


    - - -

Gyoseiho-kenkyu [Review of administrative law -Revue de droit administratif -Zeitschrift fuNr Verwaltungsrecht]

 Edited by Katsuya UGA

 No.13 April 2016
 

 ◆ Tripartite Talk;Significance and Tasks of the Revision of the Personal Information Protection Law

Katsuya UGA, Shizuo FUJIWARA, Kazunori YAMAMOTO
  
    = = =
  
1 Legal Provisions and Enforcement of Administrative Sealing and Sequestration concerning Building Control in Germany
   
Masanobu NISHIZU  
  
2 Economic Regulation and Regulatory Process
   
Rikako WATAI

このページのトップへ

内容説明

宇賀克也責任編集による行政法専門研究誌の第13号。宇賀克也、藤原静雄、山本和徳による鼎談では「個人情報保護法改正の意義と課題」と題し、個人情報データやマイナンバー導入への要配慮等、踏み込んだ議論がなされている。研究論文では、西津政信「ドイツの建築規制における封印措置等の法制度及び実務運用」、渡井理佳子「経済的規制と規制行政の手法」の2本を収載。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ