【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 国際私法の深化と発展

国際私法の深化と発展

学術選書 124

国際私法の深化と発展

新たな時代の要請に応えるべく、<深化と発展>の契機を提供する待望の書!

著者 山内 惟介
ジャンル 法律  > 国際法/国際関係/国際私法
シリーズ 法律・政治  > 学術選書
出版年月日 2016/03/02
ISBN 9784797260946
判型・ページ数 A5変・368ページ
定価 本体7,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『国際私法の深化と発展』

 山内惟介(中央大学法学部教授)著


 【目  次】

はしがき

◆第一章◆ 気候変動の顧慮――地球社会の法律学

  一 はじめに
  二 国際私法の現状と課題
  三 要約と展望

◆第二章◆ 子奪取事件法務官意見書――インガ・リナウ事件

  一 はじめに
  二 事案の概要
  三 提示された論点
  四 法務官意見書
  五 結びに代えて

◆第三章◆ ドイツ立法過程の一局面――法人属人法

  一 はじめに
  二 ヴェッツラー提案
  三 結びに代えて

◆第四章◆ 国内裁判例に対する評価――法人属人法と法人格否認

  一 はじめに
  二 裁判例の動向とその評価
  三 ま と め

◆第五章◆ 憲法との対話――外国法の位置付け

  一 問題の所在
  二 外国法の適用根拠およびその解釈
  三 準拠外国実質法上の価値評価と法廷地法上のそれとの調整
  四 裁判例および学説
  五 若干の検討
  六 結びに代えて

◆第六章◆ 外国公序条項の適用――準拠法決定過程の間隙

  一 はじめに
  二 ドイツ法における論議
  三 ローレンツ教授の主張
  四 ローレンツ教授の主張に対する評価
  五 結びに代えて

◆第七章◆ 刑法との対話――適用法規性の有無

  一 はじめに
  二 刑法第一編第一章の諸規定――牴触法上の一方主義
  三 実質規定と牴触規定
  四 結びに代えて


事項・人名索引(巻末)

このページのトップへ

内容説明

諸国家間にまたがる私法的問題の数々に対し、いかなる解決の道筋が有り得るか、広く、新しい視座から考察。原論的な検討をする第1章から、精緻に各論を検討する第2~4章、総論的な第5~7章の構成として、読みやすく構成。ドイツ法や他の法分野との比較など、国際私法学において伝統的研究領域からの<深化と発展>の契機を提供する待望の書。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ