【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 法政策学の試み (法政策研究第17集)

法政策学の試み (法政策研究第17集)

特集ブランド

法政策学の試み (法政策研究第17集)

神戸大学法政策研究会によるシリーズ第17集

著者 泉水 文雄
角松 生史
法政策研究会
ジャンル 法律  > 行政法
法律  > 司法/裁判制度/弁護士論
法律  > 医事法
法律  > 経済法/独占禁止法
法律  > 知的財産法/特許法/著作権法
出版年月日 2016/02/15
ISBN 9784797228175
判型・ページ数 A5変・176ページ
定価 本体4,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

  『法政策学の試み(法政策研究第17集 特集・ブランド)』

  泉水文雄・角松生史 監修
  法政策研究会 編

まえがき (泉水文雄)

<執筆者一覧>

第Ⅰ部

1 ブランド内競争とブランド間競争
  ―公取委「流通・取引慣行ガイドライン」の垂直的制限行為に係る最新改正をめぐって― 〔根岸 哲〕
 1.はじめに
 2.私的独占の禁止・不当な取引制限の禁止・企業結合の制限
 3.不公正な取引方法の禁止
 4.公取委「流通・取引慣行ガイドライン」の垂直的制限行為に係る最新改正とブランド内競争・ブランド間競争
 5.垂直的制限行為に係るあるべき公正競争阻害性の解釈
    ―ブランド間競争が展開される範囲の市場における価格の回避効果又は競争者の排除効果―
 6.おわりに

2 近代法の翻訳者たち―制度取調局御用掛の研究― 〔小野博司〕
 1.はしがき
 2.英 法 派
 3.仏 法 派
 4.むすびにかえて

第Ⅱ部(会員論文)

3 新たな段階を迎える市町村行政組織
  ―熊本県内における平成の大合併の軌跡と市町村行政組織の変容― 〔明石照久〕
 1.はじめに
 2.熊本県における市町村合併の現況
 3.地方分権と自治体現場の変容
 4.市町村行政組織の変容と人的資源管理
 5.おわりに

4 遺伝子組換微生物食品に対する行政法上の対応
  ―アメリカ合衆国における食品原料である遺伝子組換微生物に対する規制― 〔米谷恭子〕
 はじめに
 第1章 遺伝子組換微生物食品及び食品の原料である遺伝子組換微生物と関係連邦諸法及び関係行政機関の現状
 第2章 遺伝子組換微生物食品(微生物)に関わる深刻な被害発生と関係連邦法令及び関係行政機関機能の不備
 第3章 食品の原料である遺伝子組換微生物に対応するEPAと関係諸法令(TSCA,FIFRA 等)の相互機能の欠点と対策
 む す び

5 産学連携における非係争条項による発明促進の試み〔青柳忠穂〕
 1.はじめに
 2.産学官プロジェクトにおける共同研究契約の知財条項の課題
 3.FRAND(Fair, Reasonable And Non-Discriminatory)の考え方と合理的ロイヤルティ
 4.非係争義務の定義と問題の所在
 5.非係争義務に類似した特許ライセンス契約の類型
 6.非係争義務の課された契約
 7.欧米ガイドラインとの関係
 8.非係争義務の検討
 9.ま と め

あとがき

このページのトップへ

内容説明

本書は伝統的な法解釈学を超えた、実務的発想や比較法も含めた多用な視点からの法政策学研究を試みる。特集「ブランド」ではブランド間の価格競争による公平性阻害を論じ(根岸哲)、その他「近代法の翻訳者たち」の続稿(小野博司)及び会員による市町村行政や遺伝子組換微生物食品の規制、産学連携による発明などの3編を掲載する。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ