【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 河井弥八日記 戦後篇1 [昭和二十年~昭和二十二年]

河井弥八日記 戦後篇1 [昭和二十年~昭和二十二年]

河井弥八日記 戦後篇1 [昭和二十年~昭和二十二年]

信頼の編集陣が集った、日記原本からの翻刻版。読みやすい校閲と解説。

著者 尚友倶楽部
中園 裕
内藤 一成 編・解説
村井 良太
奈良岡 聰智 編・解説
小宮 京
ジャンル 政治・経済  > 政治学
法律  > 憲法
出版年月日 2015/12/25
ISBN 9784797260779
判型・ページ数 A5変・600ページ
定価 本体8,400円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『河井弥八日記 戦後篇1[昭和二十年~昭和二十二年]』

(第1巻:全5巻)

<編集>尚友倶楽部/中園裕・内藤一成・村井良太・奈良岡聰智・小宮京


【目次】

刊行にあたって…波多野敬雄(一般社団法人 尚友倶楽部 理事長)

(凡例)

昭和二十年
昭和二十一年
昭和二十二年

〈総説〉河井弥八の生涯と日記の来歴 …… 内藤一成
〈解説〉河井弥八と戦後日本の出発 …… 奈良岡聰智

このページのトップへ

内容説明

第一線の研究陣による、待望の日記原本の翻刻。各巻それぞれに〈解説〉を付し、読みやすく活字化、その現代的意義を提示。[全5巻:年1回刊行]】




貴族院から参議院への動き、皇室への献身、新憲法の制定、砂防運動、報徳運動など、終戦前後の貴重な日記の原本を翻刻。政治学、歴史学、憲法学など幅広く現代的意義を持ち、各巻、現在第一線で活躍する研究者の〈解説〉も付した充実の書。

第1巻には、内藤一成研究官による、本日記全体の〈総説〉、また、奈良岡聰智教授による、本第1巻への〈解説〉を付して、現代につならる、その普遍的な歴史的意義がよみがえる!!

====================

河井弥八

河井弥八(明治10年~昭和35年・静岡県掛川出身)は、貴族院書記官長、内大臣秘書官長、侍従次長、皇后宮大夫、貴族院議員、参議院議員、参議院議長のほか、大日本報徳社社長、全国治水砂防協会顧問等を歴任した政治家である。彼は生涯にわたり、膨大な日記を残した。今回刊行するのは、昭和20~35年の15年余りの期間である。

第1巻は終戦前後を収録した。河井は新憲法制定時には舞台裏で尽力するなど、貴族院議員として活躍した。貴族院が廃止され参議院が発足すると議員に当選し、緑風会の創設に深く関わった。また、戦中戦後にかけて食糧増産運動等の先頭に立ち、全国を駆け巡った。日記からは、戦争による国土の荒廃や混乱、さらに戦後日本の再生が浮かび上がる。

====================

 

~~~~~【編者紹介】~~~~~

〈編者〉


一般社団法人尚友倶楽部(しょうゆうくらぶ)
1928年(昭和3年)設立の公益事業団体。
旧貴族院の会派「研究会」所属議員により、相互の親睦、公益への奉仕のため
設立。戦後、純然たる公益法人として再出発し、学術研究助成、日本近代史関
係資料の調査・研究・公刊、国際公益事業、社会福祉事業の支援などに取り組
んでいる。

 

〈編著者〉

中園裕(なかぞの ひろし)
1965年生まれ。青森県環境生活部県民生活文化課県史編さんグループ主幹,
博士(文学)
編著書:『新聞検閲制度運用論』(清文堂,2006年),『戦時新聞検閲資料』
(共編,現代史料出版,1997年),『内務省新聞記事差止資料集成』(共編,日
本図書センター,1996年),『青森・東津軽の昭和』(いき出版、2015年)

内藤一成(ないとう かずなり)
1967年生まれ。宮内庁書陵部主任研究官,博士(歴史学)
編著書:『貴族院と立憲政治』(思文閣出版,2005年),『貴族院』(同成社,
2008年),『田健治郎日記』第三巻(共編,芙蓉書房出版,2012年)

村井良太(むらい りょうた)
1972年生まれ。駒澤大学法学部教授,博士(政治学)
編著書:『政党内閣制の展開と崩壊 一九二七~三六年』(有斐閣,2014年),
『政党内閣制の成立 一九一八~二七年』(有斐閣,2005年)

奈良岡聰智(ならおか そうち)
1975年生まれ。京都大学大学院法学研究科教授,博士(法学)
編著書:『加藤高明と政党政治 二大政党制への道』(山川出版社,2006年),
『対華二十一ヵ条要求とは何だったのか 第一次世界大戦と日中対立の原点』
(名古屋大学出版会,2015年)

小宮京(こみや ひとし)
1976年生まれ。青山学院大学文学部准教授,博士(法学)
編著書:『自由民主党の誕生  総裁公選と組織政党論』(木鐸社,2010年),
『現代日本の政治家像』全巻(共編,木鐸社,2000年),『山川健次郎日記』
(共編,芙蓉書房出版,2014年)

〈尚友俱楽部〉

史料調査室
上田和子(うえだ よりこ)/藤澤恵美子(ふじさわ えみこ)/松浦 眞(まつら まこと)
嘱託
松平晴子(まつだいら はるこ)/渡辺順子(わたなべ よりこ)/安藤陽子(あんどう ようこ)/櫻井佳乃(さくらい よしの)/白木一好(しらき かずよし)/得能壽美(とくのう としみ)/飯川幸子(いいかわ さちこ)




このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ