【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 社会保障法研究 第5号

社会保障法研究 第5号

社会保障法研究 第5号

社会保障法学と、日本社会の未来を拓く学術雑誌

著者 岩村 正彦 責任編集
菊池 馨実 責任編集
李 興在
全 光錫
片桐 由喜 著・監訳
崔 碩桓
中益 陽子
羽野 嘉朗
黒田 有志弥
林 健太郎
西村 健一郎
水島 郁子
高畠 淳子
稲森 公嘉
ジャンル 法律 > 労働法/社会保障法
シリーズ 法律・政治 > 研究雑誌
出版年月日 2015/12/15
ISBN 9784797265156
判型・ページ数 菊判変・256ページ
定価 本体4,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

『社会保障法研究 第5号』

〔岩村正彦(東京大学大学院法学研究科教授)・菊池馨実(早稲田大学法学学術院教授) 責任編集〕

〈目  次〉

◆特集1◆韓国社会保障法の形成と展開

〈特集の趣旨〉

◇ 社会保障法の形成における風土的特徴
  ―献身的専門家集団の主導、国民の抵抗、そして政権支配の政治的産物―

   李 興在(片桐由喜監訳・崔碩桓訳)   3

Ⅰ はじめに(4)
Ⅱ テーマの意味と議論の意義―「風土と形成」(5)
Ⅲ 法形成の政権的特徴―政治変動に照応した特殊性(7)
Ⅳ 法形成の実質的特徴―形成構造の風土的特殊性(21)
Ⅴ 総括:献身的専門家集団の主導、国民の抵抗、そして政権支配の政治的産物―「国民利益均霑」思想復活の受難と結実(32)

◇ 韓国の老人長期療養関連法制度
  ―その現況と課題―  

  全 光錫(片桐由喜監訳・崔碩桓訳)   37

Ⅰ 現実的状況と規範的対応(38)
Ⅱ 高齢者のための社会保障制度(43)
Ⅲ 老人長期療養保険法の導入―争点および制度化(45)
Ⅳ 老人長期療養保険法の概容(48)
Ⅴ 老人長期療養保険法の課題(59)

◇ 福祉国家への途
  ―韓国社会保障法学の胎動と意義―  

  片桐由喜   73

Ⅰ はじめに(74)
Ⅱ 日本における韓国社会保障研究(74)
Ⅲ 韓国社会保障法体系の概観(87)
Ⅳ 後発福祉国家からの克服―民主化との伴走(90)
Ⅴ おわりに(100)

◆特集2◆社会保障と家族(その1)

〈特集の趣旨〉

◇ 医療保険における個人と世帯・家族
  ―個人単位化の課題―

   中益陽子   103

Ⅰ はじめに(104)
Ⅱ 医療保険における単位(105)
Ⅲ 個人単位化の課題(112)
Ⅳ おわりに(120)

◆立法過程研究◆

◇ 生活保護制度改革の立法過程  

  羽野嘉朗   121

Ⅰ 本稿の目的(122)
Ⅱ 生活保護制度の抜本的改革に向けた議論(124)
Ⅲ 立 法 過 程(131)
Ⅳ 国 会 審 議(140)
Ⅴ 若干の考察(141)
Ⅵ 結びに代えて(142)

◆判例研究◆

◇ 生活保護の面談・相談における保護実施機関の義務  

  黒田有志弥   143

Ⅰ 事実の概要(144)
Ⅱ 判 旨(148)
Ⅲ 評 釈(152)

◇ 障害基礎年金支分権の消滅時効の起算点が“裁定が通知
された時点”とされた例 

   林 健太郎   159

Ⅰ 事実の概要(160)
Ⅱ 判 旨(161)
Ⅲ 検 討(164)

◆研究座談会◆

◇ 労働法・社会保障法研究の軌跡―西村健一郎先生を囲んで―  175

西村健一郎
岩村正彦・菊池馨実・水島郁子・高畠淳子・稲森公嘉

Ⅰ はじめに―本座談会の趣旨(177)
Ⅱ 研究者の途へ(177)
Ⅲ 京都大学教養部、総合人間学部時代(1973年7月~2001年3月)(185)
Ⅳ 京都大学大学院法学研究科時代(2001年4月~2008年3月)・同志社大学大学院司法研究科時代(2008年4月~)(199)
Ⅴ 『労働法(第3版)』((故)安枝英訷教授との共著(有斐閣、1992年))(209)
Ⅵ 『労災補償と損害賠償』(一粒社、1988年)(219)
Ⅶ 『社会保障法』(有斐閣、2003年)(226)
Ⅷ 今後の研究計画(234)
Ⅸ 社会保障法学・労働法学のこれからに期待すること(234)
Ⅹ 終わりに(235)

--------------------------------------------------------------------------------

Shakaihoshoho-kenkyu

[Review of social security law -Revue de droit de la sécurité sociale -Zeitschrift für Sozialrecht]

  Edited by Masahiko IWAMURA, Yoshimi KIKUCHI
 
- - -

◆Formation and Development of Korean Social Security Law The Cultural and Historical Characteristics of Social Security Law Formation in South Korea - A Political Result of the Struggles Between People’s Resistance and Governmental Response, led by Devoted Expert Group〔HeungJae LEE〕

 The Long-term Care Insurance Act of Korea and its Some Issues 〔Kwang Seok CHEON〕

 A Study on Korean Welfare State in Japan and Korea 〔Yuki KATAGIRI〕


◆Social Security and Family (1)
 
 Individuals and Households in Public Health Insurance:a Study of Individual-based Models〔Yoko NAKAMASU〕

◆A Study on Law Making Process of Social Security Law

 Law Making Process of Public Assistance Reform〔Yoshiro HANO〕

◆Case Note

 Obligation of the Public Assistance Administrator in the Consultation from the Applicants or Needy Persons〔Ashiya KURODA〕

 The Case about the Starting Date of Extinctive Prescription for Sub-divided Rights of the Basic Disability Pension in the National Pension Act〔Kentaro HAYASHI〕

◆Interview and Discussion
 
 Retrospection of Labor Law and Social Security Law Study Interview and Discussion with Professor Kenichiro NISHIMURA
〔Kenichiro NISHIMURA, Masahiko IWAMURA, Yoshimi KIKUCHI, Ikuko MIZUSHIMA, Junko TAKAHATA, Kimiyoshi INAMORI〕

このページのトップへ

内容説明

社会保障法の一層の発展を目指す研究雑誌。本号は、2つの特集を掲載し、「韓国社会保障法の形成と展開」に関する3本と、「社会保障と家族」に関する1本の論稿を掲載。また、実際に立法に携わった者による貴重な論稿である〔立法過程研究〕の第3弾と、西村健一郎京都大学名誉教授を囲んだ〔研究座談会〕も掲載、さらに新機軸として〔判例研究〕2本も加えて、益々充実。新たな時代に応答するべく創刊された好評の研究雑誌、待望の第5号。

このページのトップへ

関連書籍

社会保障・福祉六法

社会保障・福祉六法

充実の編集陣が必要な法令・条文を厳選

著者:岩村 正彦 編集代表
菊池 馨実 編集代表
嵩 さやか 編集委員
中野 妙子 編集委員
笠木 映里 編集委員
水島 郁子 編集委員
 
社会保障法研究 第6号

社会保障法研究 第6号

社会保障法学の一層の発展を目指す学術雑誌

 
 
保育判例ハンドブック

保育判例ハンドブック

★保育と法の関係★判例から考える保育

 
国際人権法 【第2版】─国際基準のダイナミズムと国内法との協調

国際人権法 【第2版】─国際基準のダイナミズムと国内法との協調

【待望の改訂!】具現化する国際人権法の姿

著者:申 惠丰
 
 
福祉サービス契約の法的研究

福祉サービス契約の法的研究

契約による福祉サービスの法理論

著者:岩村 正彦
 
 
社会保障法研究 第4号

社会保障法研究 第4号

社会保障法学の一層の発展を目指す学術雑誌

 
社会保障法研究 第3号

社会保障法研究 第3号

社会保障法学の一層の発展を目指す学術雑誌

 
 
社会保障法研究 第2号

社会保障法研究 第2号

社会保障法学の一層の発展を目指す学術雑誌

 
 

このページのトップへ