【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 性暴力被害の実態と刑事裁判

性暴力被害の実態と刑事裁判

性暴力被害の実態と刑事裁判

性犯罪を直視し被害者の人権を守る

著者 日本弁護士連合会両性の平等に関する委員会
角田 由紀子 編集代表
ジャンル 法律  > 刑事法
法律  > ジェンダー法
出版年月日 2015/10/09
ISBN 9784797286922
判型・ページ数 A5変212ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

  『性暴力被害の実態と刑事裁判』

  日本弁護士連合会 両性の平等に関する委員会 編
  編集代表 角田由紀子

【目  次】

はじめに〔角田由紀子〕

◇第1編 性暴力被害の実態◇

□ 第1章  データからみる性暴力被害の実態―判決で描かれる性暴力被害と実態との乖離 〔吉田容子〕
1 データからみる性暴力被害の実態
  1  性暴力被害は暗数が多い
  (1) 強姦・強制わいせつの認知・検挙状況/(2)  相当に高い暗数の存在
  2  被害者からみた性暴力被害の実態
  (1) 内閣府男女共同参画局「男女間における暴力に関する調査」/
  (2)  内閣府男女共同参画局「パープルダイヤル~性暴力・DV電話相談~集計結果」
  3  性犯罪の被害者の被害実態と加害者の社会的背景
  (1) 内山の調査研究/(2) 被害者204名の被害状況/(3) 被疑者553名の状況
  4  精神医学からみる被害の実情
  5  強姦神話の蔓延
  (1) 法律家の自覚の必要性と経験則/(2) 強姦神話/(3) 「思い込み」が判決の基礎に
2 判決で描かれる性暴力被害と実態との乖離
  1  小田急事件―最高裁第3小法廷判決H21.4.14
  (1) 公訴事実の要旨/(2) 争いのない事実/(3) 争点/(4) 原審等の判断/(5) 最高裁の判断/(6) 検討
  2  千葉事件―最高裁第2小法廷判決平成23.7.25
  (1) 公訴事実の要旨/(2) 争いのない事実/(3) 争点/(4) 原審等の判断/(5) 最高裁の判断/(6) 検討
  3  おわりに

□ 第2章 精神科医から見た性暴力被害の実態 〔宮地尚子〕
  1  はじめに
  (1) 性暴力対策の遅れ/(2) 性暴力被害者にとっての司法と回復/(3) 本稿の目的
  2  性暴力被害の実態と影響
  (1) 事件の最中と直後の反応/(2) トラウマ後の反応/(3) 反応の性差
  3  トラウマの重傷化と沈黙の悪循環
  (1) 性暴力とPTSD の発症率/(2) 被害者はなぜ話そうとしないのか―沈黙のうちにトラウマが重傷化していく理由/
  (3) わたしたちはなぜ被害者を黙らせてしまうのか―性暴力被害への偏見と誤解
  4  今後の課題

◇第2編 性暴力被害と刑事裁判◇

□ 第3章 性犯罪捜査の問題点―検察官の経験から 〔田中嘉寿子〕
  1  はじめに
  2  事例1 成人女性が自宅で被害に遭った場合
  (1) 事件概要/(2) 被害申告経緯/(3) 警察における捜査経緯/(4) 検察官による捜査/(5) 示談交渉/
  (6) 公判前整理手続/(7) 証人尋問/(8) 被害者参加
  3  事例1から浮かぶ捜査の問題点
  (1) 捜査初期段階からの被害者支援の必要性/(2) 被害者に配慮した物的設備の改善/
  (3) 被害者の取調べに関するマニュアル・研修の必要性/(4) 被害者供述の信用性の判断基準
  4  事例2
  5  事例2から浮かぶ捜査上の問題点
  (1) 児童相談所における性的虐待の調査と警察による捜査の違い/(2) 性的虐待事案における多機関連携の必要性/
  (3) 司法面接法の応用とその問題点/(4) 性的虐待事件の捜査における多機関連携の有用性

□ 第4章 事実認定における経験則とジェンダー・バイアス― 2つの最高裁判決の事例を中心に 〔神山千之〕
  1  司法における経験則とジェンダー・バイアス
  (1) はじめに/(2) 各判決の事案の概要等/(3) 小田急事件最判,千葉事件最判における破棄判断の形式/
  (4) 経験則についての千葉事件最判の考え方/(5) 経験則についての小田急事件最判の考え方
  2  事例の具体的検討
  (1) 小田急事件最判/(2) 千葉事件最判
  3  ジェンダー・バイアスを克服するための手だて
  (1) 一般的知識の習得(研修等)/(2) 具体的事件における手だて
  4 まとめ―2つの最高裁判決の積極的意義
  【参考文献】

□ 第5章 アメリカにおける性刑法の改革 〔斉藤豊治〕
  1  コモンローの強姦罪とその批判
  (1) コモンローの強姦罪/(2) 模範刑法典における微温的な改革/(3) 1970年代以降の改革
  2  ミシガン州の性刑法改革次
  (1) ミシガン州の旧法/(2) ミシガン州の改正の骨子/(3) ミシガン州の性刑法の犯罪類型
  3  アメリカにおける性刑法の改革
  (1) 性犯罪の定義の改正/(2) 暴力犯罪としての位置づけ/(3) 不同意性交の処罰/(4) 性中立化/
  (5) コモンローにおける証拠法則/(6) レイプ・シールド法/(7) 同意年齢をめぐる改革/(8) 法定刑の改革
  4  アメリカの性刑法改革の課題:不同意性交の犯罪化を中心に
  (1) 論文の概要/(2) 不同意性交の犯罪化の必要/(3) 欺罔による同意性交の犯罪化/(4) 強姦神話と欺罔
  5  改革の効果に関する評価研究
  (1) 改革の評価研究/(2) 事件処理が変わっていないとするもの/(3) 事件処理が変わったとするもの/
  (4) 人々の意識の変化/(5) 顔見知りの間でのレイプ
  6  日本法への示唆
  (1) 日本における最近の法改正/(2) 日本法への示唆

◇第3編 まとめ◇

□ 第6章 日本の法曹に対するジェンダーに関する継続教育の必要性 〔南野佳代〕
  1  はじめに―ジェンダーに関しても公平な司法を求めて
  2  法曹に対するジェンダー研修の必要性と意義
  (1) 法曹に対する継続教育の位置づけ/(2) 法曹に対するジェンダー研修の位置づけ
  3  各国法制度におけるジェンダーに関する法曹継続教育の位置づけ
  (1) 大陸法国/ (2) 英米法国/ (3) 法継受国
  4  ジェンダー研修の内容と方法
  (1) 司法におけるジェンダーバイアス/(2) 社会的文脈研修の一部としてのジェンダー研修
  5  おわりに

□ 第7章 性犯罪事件の刑事弁護活動 〔宮村啓太〕
  1  弁護人の責務と性犯罪事件の特殊性
  2  裁判員裁判事件における弁護人の主張の評価例
  (1) 福岡地裁平成23年5月13日判決/(2) 大阪地裁平成22年3月17日判決/(3) 千葉地裁平成22年4月23日判決
  3  被害者とされる証人の供述経過を検討する際の留意点
  4  結  び


・あとがき〔角田由紀子〕

・資料【性犯罪被害に関する事例一覧】

このページのトップへ

内容説明

司法はいかにして性犯罪被害者の人権を守れるのか。性暴力の実態と捜査・対策の問題点や性犯罪判例について、法学研究者や検察官、精神科医などの立場から検討。性犯罪が適切な重さをもって扱われないわが国の現実を見つめ、国際的にも著しく低い日本女性の地位向上を目指す。真実の重みを直視し、性刑法の改革・改正への道を拓くべく、司法関係者に問いかける一冊。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ