【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 環境法研究 第2号

環境法研究 第2号

環境法研究 第2号

中国の環境問題を検証し対策を考える

著者 大塚 直 責任編集
片岡 直樹
染野 憲治
金 振
北川 秀樹
奥田 進一
櫻井 次郎
桑原 勇進
ジャンル 法律  > 環境法
自然科学・環境  > 環境
シリーズ 法律・政治  > 研究雑誌
出版年月日 2014/11/25
ISBN 9784797266627
判型・ページ数 菊判・224ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

 大塚 直(早稲田大学法学部教授)責任編集

◇特集:中国環境法

◆1◆ 中国環境法の現状と課題 ――改正「環境保護法」が示すもの
     〔片岡 直樹(東京経済大学現代法学部教授)〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 改正環境保護法のコントロール領域とコントロール力
 Ⅲ 環境問題解決の手法と制度実験
 Ⅳ 環境問題の被害救済
 Ⅴ おわりに

◆2◆ 中国のPM2.5問題と大気汚染対策
     〔染野憲治(東京財団研究員)〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 大気汚染問題と対策の歴史
 Ⅲ 大気汚染防治法の主要規定及び法に基づく対策
 Ⅳ PM2.5問題とその対策
 Ⅴ おわりに

◆3◆ 中国気候変動政策の評価のありかたについて
     〔金 振((独行)科学技術振興機構中国総合研究交流センターフェロー)〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 中国気候変動政策に対する海外の評価
 Ⅲ 中国の気候変動対策の枠組み,実施体制
 Ⅳ まとめと今後の課題

◆4◆ 中国の静脈産業と循環経済政策〔染野憲治〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 中国の静脈産業
 Ⅲ 循環経済を支える法制度
 Ⅳ おわりに

◆5◆ 中国環境影響評価制度の進展と課題〔北川秀樹(龍谷大学政策学部教授)〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 建設プロジェクトに対する環境影響評価
 Ⅲ 戦略的環境影響評価(SEA)
 Ⅳ 現行制度の問題点
 Ⅴ むすびにかえて

◆6◆ 自然資源保護法政策と権利流動化〔奥田進一(拓殖大学政経学部教授)〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 自然資源保護法の基本原則
 Ⅲ 自然資源流動化~農地を事例として
 Ⅳ 自然資源流動化の阻害要因
 Ⅴ おわりに

◆7◆ 中国の公害環境訴訟〔櫻井次郎(神戸市外国語大学外国語学部准教授)〕
 Ⅰ はじめに
 Ⅱ 公害環境訴訟に関わる新たな法的措置
 Ⅲ 公害被害者の司法救済を阻害する要因
 Ⅳ おわりに

◆8◆ 環境法の行政的執行〔桑原勇進(上智大学法学部教授)〕
 Ⅰ 本稿の目的
 Ⅱ 行政処罰
 Ⅲ 行政強制
 Ⅳ 最終的な履行確保
 Ⅴ 若干の例 ――結びに代えて

このページのトップへ

内容説明

いま中国の環境問題を検証し理論的考察に基づいた学問的な視点からの対策を考える。理論・実践面から環境法学を再構築する、本誌の最前線特集「中国環境法」。中国改正環境保護法を中心に環境問題の現状に迫る8編の論稿を収録。最新の信頼できる研究情報を提供する。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ