【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 戦前香川の農業と漁業 並製

戦前香川の農業と漁業 並製

戦前香川の農業と漁業 並製

変わりゆく讃岐の農村と瀬戸の海

著者 辻 唯之
ジャンル 自然科学・環境  > 農業
出版年月日 1996/07/20
ISBN 9784882616528
判型・ページ数 A5変・312ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

明治維新から太平洋戦争前までのおよそ80年間の香川における農業と漁業の変遷に関する概説書。明治維新から富国強兵と殖産興業のもとに近代化を始めた日本は、明治20年代から30年代に産業資本を確立し、日露戦争から第一次大戦を経て重工業も発展したが、昭和はじめの大恐慌、大戦へと突入していった。このような戦前の近代日本の大きなうねりのなかで、香川の農業と漁業がどう変わっていったかを検証。姉妹書に戦後香川の農業と漁業がある。

このページのトップへ