【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 民事訴訟審理構造論

民事訴訟審理構造論

民事訴訟審理構造論

民事訴訟を公共サ-ビスの1つと位置づけ

著者 山本 和彦
ジャンル 法律  > 民事訴訟法/民事執行法/民事保全法/倒産法
出版年月日 1995/03/20
ISBN 9784882616306
判型・ページ数 A5変・424ページ
定価 本体12,621円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

現在、民事訴訟法が70年ぶりの改正作業が進行中である。しかし学説は、このような実務の総合化のなかで十分に説明し、また批判し、さらに指導しうべき統一的な方向性を立てる状況に至っていない。本書は、従来の民事訴訟目的論を整理しながら、新たな視点として、公的サービスの1つとしての位置づけを試みている。

このページのトップへ