【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 時効理論展開の軌跡─民法学における伝統と変革

時効理論展開の軌跡─民法学における伝統と変革

時効理論展開の軌跡─民法学における伝統と変革

古典的な先学に謙虚に学ぶ時効論

著者 金山 直樹
ジャンル 法律  > 民法
出版年月日 1994/03/01
ISBN 9784882616290
判型・ページ数 A5変・480ページ
定価 本体18,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

フランスにおける時効理論の展開を考究。時効制度は,ローマ法以来の伝統と普遍性を誇る制度で,これまで多くの研究がされている。それにもかかわらずこのテーマを扱ったのは,近代ヨーロッパ私法の起点にあるフランス法の学説史研究が見受けられないからである。この空白を埋めてその展開の軌跡を明らかにする。

このページのトップへ