【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 刑法総論 下

刑法総論 下

復刻叢書法律学編 41

刑法総論 下

刑法学の展開を考察する上で貴重な文献

著者 大場 茂馬
ジャンル 法律  > 刑事法
シリーズ 法律・政治  > 信山社復刻叢書法律学篇
出版年月日 1994/11/20
ISBN 9784882614913
判型・ページ数 A5変・1084ページ
定価 本体43,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

わが国の刑法学の展開を考察する上で貴重な文献の復刻(全4巻)。著者の犯罪論における特徴は①行為能力と責任能力が明確に区別されていない。②客観主義的刑法論を徹底、③刑法各論の体系に関して、国家法益に対する罪を基礎に置くのが一般的であったが、個人法益中心に構築。

このページのトップへ