【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 皇室経済法

皇室経済法

日本立法資料全集 7

皇室経済法

現行皇室法成立過程の定本資料と考証

著者 芦部 信喜 編著
高見 勝利 編著
ジャンル 法律  > 憲法
シリーズ 法律・政治  > 日本立法資料全集【本巻】
出版年月日 1992/06/20
ISBN 9784882612100
判型・ページ数 菊判変728ページ
定価 本体48,544円+税
在庫 在庫あり
 

目次

◆ 第1部 皇室経済法立法の経緯および資料解題(立法過程資料の解題・解説) など

◆ 第2部 皇室経済法立法資料(連合国総司令部による皇室財産の解体過程 
  
  帝国議会における新憲法草案84条の修正問題をめぐる総司令部と日本政府
 「皇室経済法」の制定過程
 「皇室経済法施行法」および「皇室経済法の施行に関する法律」の制定過程 など

◆第3部 関連資料

このページのトップへ

内容説明

敗戦後のGHQと日本政府の最大の争点は、天皇制のあり方をめぐるものであった。姉妹編「皇室典範」にも示されているように、GHQの対応は極めて厳しいものであり、この為双方の交渉は難渉をきわめた。本書では、戦後の皇室とくに皇室財産制度と皇室財政の方向を定めた交渉経緯を未見の一次資料で跡づける。わが国天皇制研究の定本資料の詳細な考証を付す。

このページのトップへ

関連書籍

このページのトップへ