【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 訴訟における時代思潮/民事訴訟におけるローマ的要素とゲルマン的要素

訴訟における時代思潮/民事訴訟におけるローマ的要素とゲルマン的要素

訴訟における時代思潮/民事訴訟におけるローマ的要素とゲルマン的要素

近代民事訴訟法に関する講義録

著者 クライン,F.(フランツ) 他著
中野 貞一郎
ジャンル 法律  > 民事訴訟法/民事執行法/民事保全法/倒産法
出版年月日 1989/01/10
ISBN 9784882610557
判型・ページ数 4-6・172ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

「訴訟における時代思潮」は、近代民事訴訟法典のなかで最も多くの影響を与えたといわれるオーストリア民事訴訟法(1985年)を作り上げたフランツ・クラインがその施行から3年後の1901年11月9日に、ドレスデンのGeho財団に招かれて行った講演の記録。「民事訴訟法におけるローマ的要素とゲルマン的要素」は、イタリアにおける近代訴訟法学の父と仰がれるジウゼッペ・キヨヴェンダが、1901年12月5日にイタリアのパルマ大学で行った教授就任公開講義の記録。

このページのトップへ