【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
ホーム > 死ひとつ

死ひとつ

死ひとつ

母の死を通して家族・医療を問う

著者 唄 孝一
ジャンル 法律 > 医事法
医学・心理学
出版年月日 1987/03/18
ISBN 9784882610427
判型・ページ数 4-6・296ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 

目次

【目 次】

第1編 母亡ぶ(発病から死亡までの3日間の記録;診断及び看護における問題点をふりかえる;主治医との話しあいを求めて;解剖結果を求めて)

第2編 自我と母と家と世間(「孝行息子」の親不孝;三つの映画—扶養問題を解決するのは法ではない)

第3編 医療の前後(医療における法と倫理;医療をいかに裁くか—法律の立場と医療の進歩)

このページのトップへ

内容説明

母の死を通して家族・医療を問う

このページのトップへ

関連書籍

〈講演録〉医事法学へのまなざし ― 生命倫理とのコラボレーション

〈講演録〉医事法学へのまなざし ― 生命倫理とのコラボレーション

一般の方々や医療系・福祉系の方にもお薦め

著者:甲斐 克則
 
科学の不定性と社会 ― 現代の科学リテラシー

科学の不定性と社会 ― 現代の科学リテラシー

信頼の執筆陣による、科学リテラシー入門

 
 
我妻栄先生の人と足跡 ─ 年齢別業績経歴一覧表
 
 

このページのトップへ