【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 終末期の保健福祉

終末期の保健福祉

終末期の保健福祉

生と死をめぐる保健と福祉を考える

著者 佐藤 進
桑原 洋子
ジャンル 法律  > 労働法/社会保障法
出版年月日 2008/09/26
ISBN 9784797291735
判型・ページ数 4-6・208ページ
定価 本体1,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はしがき
1 多様化する個人生活と福祉――行財政の現状と展望――
はじめに―人間の生死をめぐる生活問題の多発をめぐって―…………2
(1)問題の多様化による個人と地域――行財政の対応――………2
(2)農村地域,農村労働力の変化と地域生活の変貌…………2
(3)国際的な経済グローバリゼーションショックとその
崩壊……………………………………………………………………3
(4)社会福祉関連諸事実の多発と政策対応の弱さ……………4
(5)人間社会の生活問題と個人,親族地域の対応……………6
(6)憲法25条1・2項の生存権保障の意味とその内実化と
は………………………………………………………………………7
(7)安楽死を生み出す社会的背景から,その超克の世界
に向かって…………………………………………………………9

2 人間の生死と〈安楽死〉―安楽死概念とその内実化―
Ⅰ 長寿化社会における「安楽死」希求と安楽死問題…………12
Ⅱ 安楽死の希求からその克服をめぐって………………………14

3 人間の再生医療―臓器移植法の制定とその動向―
はじめに…………………………………………………………………18
Ⅰ 再生医学とiPS細胞の樹立………………………………………20
Ⅱ 人の出生をめぐる諸問題…………………………………………22
(1)胎児条項とその周辺…………………………………………22
(2)重症新生児の医療………………………………………………23
Ⅲ 脳死および臓器移植をめぐって…………………………………25
(1)脳死は人の死か…………………………………………………25
(2)臓器提供先の特定の認否……………………………………28
Ⅳ 終末期医療における自己決定権…………………………………30
(1)インフォームド・コンセントの原則………………………30
(2)終末期医療のガイドライン…………………………………33
おわりに…………………………………………………………………39

4 終末期の医療と安楽死―オランダをモデルとして―
はじめに…………………………………………………………………42
Ⅰ 安楽死とは…………………………………………………………43
(1)安楽死の定義と分類…………………………………………43
(2)安楽死と尊厳死の違い………………………………………44
(3)安楽死の可罰性と判例の立場………………………………45
Ⅱ 安楽死制度導入の軌跡……………………………………………47
(1)オランダ刑法および死体処理法における安楽死の位
置づけ…………………………………………………………………47
(2)安楽死に関する判例法の展開………………………………48
a ポストマ医師安楽死事件(1971年)………………………49
b スホーンハイム医師安楽死事件(1982年)………………49
c アドミラール医師安楽死事件(1985年)…………………51
d シャボット医師安楽死事件(1991年)……………………52
e シャット医師安楽死事件(1996年)………………………53
f フィリップ・ストリウス医師安楽死事件(1998年)……54
(3)安楽死のガイドライン策定と国会における立法的解
決………………………………………………………………………55
a ガイドライン策定…………………………………………55
b 立法に至る過程……………………………………………56
Ⅲ 安楽死制度の体系…………………………………………………57
(1)オランダにおける安楽死の位置づけ………………………57
(2)オランダ安楽死法の概要……………………………………58
a 注意深さの要件………………………………………………58
b 刑法の改正……………………………………………………59
c 遺体処理法の改正……………………………………………60
(3)地方審査委員会〈Openbare Terechtstellings Dienst〉
 (public prosecution service)………………………………………60
Ⅳ 安楽死等の現状……………………………………………………62
(1)安楽死の実施件数……………………………………………62
(2)患者の明白な要求のない生命終結行為……………………63
Ⅴ 安楽死における専門職の関与……………………………………64
(1)ホームドクターの関与………………………………………65
a 専門医とホームドクター……………………………………65
b 医師の安楽死への関与………………………………………66
c 安楽死とホームドクター……………………………………66
(2)ソーシャルワーカーの関与…………………………………69
Ⅵ 安楽死に関わる援助の視点………………………………………70
(1)専門職の関与の必要性………………………………………70
(2)アサーションな援助…………………………………………71
(3)社会福祉におけるアサーティブを活用した専門職の
関与…………………………………………………………………73
Ⅶ 安楽死モデルの限界と日本の今後の課題……………………74
おわりに…………………………………………………………………75

5 がん疾患と安楽死―医学的対応から包括的システムへ―
Ⅰ がん疾患をめぐる安楽死
 ―医学的対応から包括的システムへ―………………………80
Ⅱ 安楽死を依頼されるとき
(1)身体的苦痛と実存的苦痛……………………………………82
(2)がんと苦痛(臨床の現場から)………………………………82
a 身体的苦痛から安楽死を願う………………………………82
b 実存的苦痛……………………………………………………84
(3)苦しみを和らげる………………………………………………87
a 痛みの治療……………………………………………………87
b 鎮  静………………………………………………………88
Ⅲ 包括的な緩和ケア体制に向けて…………………………………89
(1)病気ではなく人を見る………………………………………90
(2)新しいニーズに応える,システム論的思考………………92
(3)システム論的保健政策 Population Health………………97
a システムの考え方をベースにするPopulation Health……97
b 包括的システムにおける相互作用の組織的意味…………97
(4)成果を出す………………………………………………………98
a わが国における連携について………………………………98
b おわりに…………………………………………………102
6 がんをめぐる看護学
Ⅰ 現状と到達点………………………………………………………106
(1)終末期にある患者の看護を方向づける看護の考え方…106
(2)終末期にある患者の家族への看護…………………………109
(3)看護師の役割と医療チームにおける連携………………113
Ⅱ がん患者の生と死を支える看護………………………………117
(1)がん患者を取り巻く医療・療養環境……………………117
(2)がん患者の生き方の支援……………………………………123
a 患者のナラティブから……………………………………125
b 生き方の自己決定プロセス………………………………128
c 自己決定を支える語り合える関係………………………130
(3)安楽死をめぐる諸問題―看護の視点から―…………131
Ⅲ 日本人の死生観からの介護,終末期ケアをめぐって……135
(1)日本人の死生観………………………………………………136
(2)がん終末期における家族ケア………………………………143
(3)終末期看護をめぐって………………………………………145

7 生体臓器移植―徳州会病院事件をめぐって―
はじめに……………………………………………………………150
Ⅰ 徳州会病院腎臓売買事件……………………………………151
Ⅱ 臓器移植法運用指針(ガイドライン)の改正……………152
Ⅲ 親族からの生体臓器の提供…………………………………154
Ⅳ 病気腎の移植について………………………………………155
Ⅴ 病気腎移植と医療過誤………………………………………158
おわりに……………………………………………………………160
8 安楽死と関係刑事事件
はじめに………………………………………………………………162
Ⅰ 安楽死の概念………………………………………………………162
Ⅱ 積極的安楽死………………………………………………………164
Ⅲ 消極的安楽死………………………………………………………167
(1)合法化の根拠…………………………………………………168
(2)死の不可避性…………………………………………………168
(3)患者の意思……………………………………………………169
(4)中止の対象となる医療措置…………………………………170
Ⅳ 間接的安楽死………………………………………………………171
おわりに……………………………………………………………172

9 人間存在の今日的課題―保健医療保障と福祉―
はじめに………………………………………………………………176
Ⅰ 人間の生命と保健医療保障を含む快適生活環境の権利実
現に向けて……………………………………………………………176
(1)長寿化時代の新しい保健とその対応……………………176
(2)新しい終末ケアとその具体化は……………………………178
Ⅱ 生命の真の問題と広角視点について…………………………179

10  司法福祉と人間の生死
はじめに………………………………………………………………182
Ⅰ 司法福祉の概念と対象……………………………………………184
Ⅱ 人間の死亡の時期…………………………………………………187
Ⅲ 死による人間の客体化……………………………………………190
Ⅳ 安楽死に関する民法上の問題点………………………………191
おわりに………………………………………………………………193

このページのトップへ

内容説明

人間がどうしても回避しえない「死」という問題にたいし、社会保障学・医学・看護学など様々な視座から広域的・包括的にアプローチする。現在の少子高齢社会の中で病む人々の保健・福祉・医療を「安楽死」「再生医療」「がん」「生体臓器移植」とて採り上げて研究・分析し、人間が如何に生きるかについて問題を提起する。

このページのトップへ