【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 環境刑法の総合的研究

環境刑法の総合的研究

環境刑法の総合的研究

最先端の環境刑法の多角的研究書

著者 町野 朔
ジャンル 自然科学・環境  > 環境
法律  > 環境法
出版年月日 2003/09/22
ISBN 9784797290967
判型・ページ数 A5変・596ページ
定価 本体5,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

序 説 概観-日本の環境刑法
第1章 環境法と環境刑法
第2章 環境刑法の展開
第3章 刑法理論と環境刑法
第4章 環境犯罪-環境刑法各論

    - - -

日本の環境刑法/町野朔
環境倫理,環境法,環境刑法/町野朔
保護法益としての「環境」/伊東研祐
環境刑法における国と地方公共団体/北村喜宣
公害刑法と環境刑法/斎野彦弥
行政と環境刑法/大越義久
環境刑法の執行/安村勉
国内刑法の適用/辰井聡子
環境の国際的保護の動向/伊東研祐
国際環境刑法/田中利幸
日本の公害刑法から環境刑法への展開/長井圓
アメリカ合衆国の環境刑法/佐伯仁志
イギリスの環境刑法/柑本美和
ドイツ連邦共和国/伊東研祐
フランスの環境刑法/林美月子
EU・EC/川出敏裕
韓国/趙晟容
中国/西村秀二
環境犯罪の構成要件/京藤哲久
侵害犯と危険犯/斎野彦弥
公務員・公的機関の刑事責任/伊東研祐
組織体の刑事責任/今井猛嘉
環境保護法制における刑事制裁の今後のあり方について/近藤和哉
原子力および放射性物質/丸山雅夫
水・大気/丸山雅夫
土壌/篠塚一彦
廃棄物とリサイクル/篠塚一彦
文化財/西村秀二
自然環境の保護/西村秀二
種の保護/山本輝之

このページのトップへ

内容説明

環境を保護するために、それを侵害・危殆化する行為を処罰する法律を環境刑法という。環境というとらえ所のない概念を刑法上の保護法益とし、個別の環境財についての議論・検討から、刑罰法規を含む法システムを構築する。「公害や環境汚染・環境犯罪から地球を守る」21世紀最大のテーマに取り組む、環境刑法最先端を行く第一線の刑法学者21名による多角的な総合的研究。

このページのトップへ