【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > 森美術館問題と性暴力表現

森美術館問題と性暴力表現

森美術館問題と性暴力表現

芸術の名における性暴力は許されるか

著者 ポルノ被害と性暴力を考える会
ジャンル 法律  > 刑事法
法律  > ジェンダー法
出版年月日 2013/08/30
ISBN 9784797290752
判型・ページ数 A5・175ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 

目次

  ポルノ被害と性暴力を考える会 編

はじめに―問題の発端と経過〔ポルノ被害と性暴力を考える会〕

第1部 森美術館問題,私はこう考える
 「性暴力被害者の声に耳を傾けず主流秩序にいなおる森美術館」
  〔イダヒロユキ(立命館大学大学院先端総合学術研究課非常勤講師)〕
 「男性雑誌と性表現」〔梅山美智子(フリーライター)〕
 「何に,私は危害を感じているのか?―森美術館問題とヘイトスピーチ」
  〔岡野八代(同志社大学グローバル・スタディーズ研究科・教員)〕
 「『芸術』の驕りと女たちの沈黙」〔西山千恵子(青山学院大学・慶應義塾大学非常勤講師)〕
 「ジェンダー・ヘイトスピーチを考える」〔前田 朗(東京造形大学教授)〕
 「森美術館・会田誠展への港区での請願経過」
  〔宮口髙枝(ヒューマン・サービスセンター理事/劣化ウラン廃絶港ネットワーク代表)〕
 「在特会デモと会田誠展とのあいだ」〔森田成也(駒澤大学・國學院大学非常勤講師)〕
 「婦人保護施設の現場から訴えたいこと」
  〔横田千代子(社会福祉法人ベテスダ奉仕女母の家/婦人保健施設「いずみ寮」施設長)〕 

第2部 森美術館問題をめぐる討論集会
 Ⅰ,第1回討論集会(2013年2月5日)
 「芸術表現と人間の尊厳」〔宮本節子(フリー・ソーシャルワーカー)〕
 「ポルノ表現と性暴力」〔森田成也〕
 「表現の自由と責任―博物館法における社会的責任」〔前田 朗〕
 Ⅱ,第2回討論集会(2013年3月23日)
 「ポルノ被害をどう考えるか」〔角田由紀子(弁護士)〕
 「〈博物館事件〉小史」〔前田 朗〕
 「森美術館との話し合いの顚末」〔宮本節子〕

第3部 資料編
 No. 1 森美術館への抗議文(ポルノ被害と性暴力を考える会)
 No. 2 「会田誠展 天才でごめんなさい」への抗議と「犬」シリーズ展示撤去の要望(宮本節子)
 No. 3 森美術館への抗議文(金尻カズナ)
 No. 4 森美術館の回答
 No. 5 森美術館の回答について(ポルノ被害と性暴力を考える会)
 No. 6 「会田誠展 天才でごめんなさい」への抗議と展示中止の申し入れ
    (石原都知事の女性差別発言を許さず,公人による性差別をなくす会)
 No. 7 港区議会への請願書(宮口髙枝,他)

執筆者紹介

このページのトップへ

内容説明

「ポルノに被害者はない」として、表現の自由により保護されているポルノ表現。しかし、実際にはポルノ被害は生じている。美術館における性暴力表現に焦点を当て、女性や子どもの人権の立場から「芸術」を検証し、ポルノにより生じる被害を分析する。各紙で取り上げられた市民団体による異議申立てが待望の書籍に!

このページのトップへ