【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
 
ホーム > バビロニア語文法─バベルの塔を見上げて人々は何を語ったか

バビロニア語文法─バベルの塔を見上げて人々は何を語ったか

バビロニア語文法─バベルの塔を見上げて人々は何を語ったか

バビロニア王朝を伝える言語を紐解く

著者 飯島 紀
ジャンル 言語・語学  > 語学
出版年月日 2012/07/31
ISBN 9784797288131
判型・ページ数 A5変・368ページ
定価 本体4,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はしがき

◇Ⅰ バビロニアの歴史
 1 シュメール
    オリエント(中近東)の先史時代
    シュメールの都市国家
    セム語の分類
    シュメール文字
    シュメールの遺産
 2 シリアのセム族
    セム族の台頭
    セム帝国アッカドの興隆
    イシン・ラルサ王朝
    バビロンの世界統一
    ハピルの移動
    バビロニア王国
 3 アッシリア王国
    アッシリア語の発見
    アッシリア王国の独立
    経済交流と軍事体制
    アッシリアの信仰
    神聖売春と幼児犠牲
    アッシリアの恐怖政治
    セミラミス女王
    アッシリアの属州制度
    第一次バビロン捕囚
    アッシリア大帝国
    アッシリアの滅亡とカルデア王国
    第二次バビロン捕囚
 4 新バビロニア王国
    カルデア王国の台頭
    ネブカドネザール王のシリア攻略
    新バビロニア王国の栄華
    バビロンの日常生活
    バビロンの神々
    新バビロニア王国の衰亡
    ペルシア王の出現
    新バビロニア王国の滅亡

◇Ⅱ バビロニア語文法
 1 音  韻
 2 最古の辞典
 3 名  詞
 4 代 名 詞
 5 数  詞
 6 暦(月名)
 7 度 量 衡
 8 形 容 詞
 9 副  詞
 10 否定詞・肯定詞
 11 小  詞
 12 接 続 詞
 13 前 置 詞
 14 動  詞
 15 時代変化

◇Ⅲ バビロニア文例
 1 古バビロニアの古文書
 2 新バビロニアの古文書

◇Ⅳ 常用楔字
 1 常用楔字(アッシリア文字による目次)
 2 楔形文字一覧

◇Ⅴ グローサリー

あとがき

このページのトップへ

内容説明

1200年間続いた古都バビロンを中心に、古バビロニア王朝の文化・伝統は、ハンムラビ王以降連綿と新バビロニア王国にまで続いた。H.F.LUTZ博士の集めたカリフォルニア大学にある資料から、新古バビロニア国での古文書を紹介する形で、バビロニア語文法を解説。利便性を考慮した巻末の「グローサリー(用語集)」が学習をわかりやすくサポート。オリエント世界の叡智の扉を開く、オリエンス語シリーズ第3弾。

このページのトップへ